20代の転職を成功させるポイント!多い転職理由はやっぱりアレ?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

就職活動を経験して無事に内定を確保して働いている人の中には、既に転職のことについて考え始めている人も多くいます。

転職したいと考える理由は色々ありますが、自分のキャリアアップを狙う場合からブラック企業から退職した場合まで本当に多種多様な理由があります。

ここでは、20代で転職を決意した人たちに必要な情報についてまとめました。

20代の転職者とはどのような立場なのか

初めに、20代で転職活動に取り組みたいと考える場合にはどのような立場の人たちが取り組むのかを確認していきましょう。

20代と一言で表しても、大学を卒業して数週間程度しか経過していない場合もあれば30歳を目前にして転職を考える人もいます。このような違いがあるために、一律に同じように見られるわけではありません。

一般的に、20代の転職者には大まかに分けて次の3つの立場が存在しています。

  • 既卒
  • 第二新卒
  • 通常の転職者

それでは、各項目について詳しく確認していきましょう。

既卒

20代でありうる立場として最初に紹介する立場は、既卒の場合です。これは、大学卒業までに新卒として取り組んだ就職活動がうまくいかず、内定をもらえないまま大学を卒業してしまった場合を表します。

この立場の応募者が転職活動をして、新たに内定を得ることは非常に難しくなります。なぜなら、採用担当者が持つ既卒の学生に持つイメージは「大学生活の範囲内で内定先をもらえなかったような応募者」です。

つまり、採用の対象にすらしていない場合も多くあります。日本では、一部の外資系企業などを除いて基本的に新卒時における一括採用が基本なので、これに溢れたものはそもそも対象の範囲外にしている場合が極めて多いのです。

そのため、この立場の応募者が職を得るためには、大学を卒業してまだ間もないという点がほぼ唯一のアピールポイントになるので、高いポテンシャルを有するという点を前面にアピールして内定を獲得していくことが求められます。

第二新卒

次にありうるパターンとして紹介する立場は、第二新卒の場合です。これは、新卒時にきちんと内定を得て企業に就職したものの、およそ3年以内に現職から離職して次の職業を探している応募者が該当します。

この立場の応募者には大きく分けてさらに2パターンが存在します。まず、就職して自分に合わなかった、ブラック企業だったなどの理由で数週間から数カ月程度で離職しているパターンです。

もう1つは、石の上にも3年の気持ちで続けていたがやはり続かず2年程度で辞めてしまった場合のパターンです。

どちらも比較的短期間で離職したという事実そのものは変わりありませんが、次の職業を探す時に転職では比較的求められる能力の面で大きく差がつきます。

数週間から数カ月では、最低限度の社会人としてのマナーを身につけることが限界です。しかし2年程度勤務していれば、ある程度のスキルと共にその業界に関する知識や慣習も見につけることができます。

この部分が書類選考や面接の時に大きく活用できるのです。しかし、それでも経験が少ないことには変わりないので、習得した能力や知識をアピールしつつもポテンシャルの部分で攻めていくように考えることが大切です。

通常の転職者

次にありうるパターンとして紹介する立場は、通常の転職者の場合です。つまり、20代で現職の経験が3年以上ある人が、他の企業に転職する場合です。

この場合には、異業種に転職するか同業種に転職するかで評価のされ方や取るべき方向性が大きく変わります。異業種の場合は、ほぼ0からのスタートになるのでポテンシャル面を重視した攻め方にすることが大切です。

しかし、同業種の場合には前の職場を辞めた理由と同時に、なぜ再びこの業界に入ろうと思ったかを確実に面接などで問われることになるので、注意が必要です。

通常の転職者だけに求められることではありませんが、これらはきちんと準備をして臨まないと、新卒の応募者に比べて容赦なく落とされてしまいますので極めて注意が必要です。

20代の転職活動の期間とその内容

それでは、こうした20代の応募者が転職活動に取り組む時には一般的にどのような流れで行うことになるのでしょうか。

以下は、多くの転職者が望む一般的な流れになります。

  1. 転職準備を行う
  2. 必要書類の準備
  3. 求人に応募する
  4. 筆記試験や面接試験を受験する
  5. 内定をもらい、現在在職している企業を退職する。

これらの流れをおよそ、3カ月程度から半年程度で行うことになります。離職してから取り組むのか、現職で働きながら取り組むのかには個人間で差がありますが、生活維持などの観点から現職で働きながら取り組む事が理想的です。

転職準備とは、志望動機や自己PRなどを準備して特に応募書類に記載する内容の軸を決めることを表します。概ね1週間から2週間程度を費やすことが多いです。

必要書類の準備とは、給与関係や年金などの働く上で必要な書類の準備をすることを表します。意外と準備することに時間がかかることがあるので注意が必要です。

求人に応募するとは、リクナビやマイナビなどを使って自分が興味を惹かれる企業に応募して選考のフローに乗ることを表します。この時点で、書類の提出が求められるのできちんと練りこんだ志望動機や自己PRを掲載することが大切です。

内定や採用を得ることができたら、現在の職業から退職して次の職場に行くための準備に取り組みます。飛ぶ鳥後を濁さずの精神で、きちんと義理を果たしていくことが大切です。

しかし、最も大変なことは筆記試験や面接試験を受験することです。

書類選考、面接で振るい落とされる!各種試験が大変な理由

転職活動において、最も大変な部分はこの各種採用フローを突破することです。

ほとんどの企業は、書類選考と2回の面接で成り立っていることが多いです。それでは、このそれぞれの試験のどのような部分が大変なのかを確認していきましょう。

書類選考

初めに紹介する大変な選考は、書類選考です。応募者にとっては一番最初の関門ですが、新卒の時とは違って応募してもほとんどが落とされてしまうことが少なくありません。

一般に新卒の書類審査の突破率は、約40%程度と言われます。それに対して、転職の場合はどうでしょうか。

転職の場合は、約10%から20%程と言われます。つまり厳しい場合で考えますと10社に1社程度しか通過できない、ということになります。なぜここまで顕著な差が表れているのでしょうか。

それは企業が新卒の応募者に求めていることと、転職の応募者に求めていることが根本的に違うことが背景にあります。

新卒の応募者に求めていることは基本的にポテンシャルを備えているかどうかです。企業で採用した後に、社員教育を通じて使い物にして行くパターンが主流なので、基本的には仕事に活用できるスキルは何もないことが前提になっています。

ところが転職の場合には話が違います。転職者の応募者に求めていることは、人が欠けた部門や場所の仕事をすぐにこなすことができる即戦力の部分です。つまり、初めから能力を備えていることが前提となっているのです。

そのため、書類選考の部分で企業がほしいと考えている能力を備えていない応募者はこの時点で容赦なく落とされます。だからこそ、突破する確率が新卒の時に比べて極端に低くなるのです。

個人面接

次に紹介する大変な選考は、個人面接です。書類選考を突破した応募者に対して行われるものですが、新卒の応募者が3回ほど行われることが多いことに対して、転職者は担当者の面接と役員が担当する面接の計2回で行われることが多いです。

新卒の場合と違い、面接に呼ぶ人数はそれほど多くないために集団面接や集団討論といった形で、ふるいにかける必要性がないためです。

いきなり個人面接から始まることになるので、当然ですが志望動機や自己PRといった定番の質問には、最初からかなり精度の高い回答を求められることになります。深く掘り下げた質問を何回もされることも珍しくありません。

また、職務の経歴についてと備えている能力について質問と確認をされることが多く、これが新卒の時と違い一番のネックになっているとも言えます。

どれだけやる気やポテンシャルがあっても、求めている能力を備えていなければ最終的に採用されないという点が一番厳しいのです。

そのために書類選考を通過することができたら、企業からは応募者が何らかの能力を備えている可能性があると見なされていることがわかります。ここで、企業がどのような能力を自分に求めているかを把握することが採用に繋がります。

20代に多い転職理由

それでは、こうした流れを踏まえた上で20代の応募者がなぜ転職を決意するのかをまとめました。多くの応募者は次のような理由で転職を決意するようです。

  • 仕事が面白くない
  • イメージが違う
  • 休みが取れない
  • 将来像が描けない
  • 専門的なスキルを学べない
  • 人間関係が厳しい
  • 年収が低い

それでは、各項目について詳しく確認していきましょう。

仕事が面白くない

初めに紹介する理由は、仕事が面白くないという理由です。これは、20代前半などで入社してからの経験が特に浅い時期によくある理由です。

業界や業種などによって細かい違いはありますがいわゆる「修業期間」に該当する期間があることが少なくありません。その期間は花形の仕事は担当させてもらえず、結果的に単調な仕事の連続となる場合があります。

こうした扱いがある程度の期間続くと、仕事に面白味を感じなくなってしまい転職を決意するという人が多くいるようです。

イメージが違う

次に紹介する理由は、イメージが違うという理由です。これも、比較的入社して直後に発生しやすい転職を決意させる理由の1つです。

企業にはその企業ごとのカラーがあることが普通です。インテリ系だとか体育会系だとかが、典型的な例です。会社の朝礼や研修などで、いやでもこうした背景はハッキリと現れます。

この企業ごとのカラーに自分の感覚が合わないために転職を決意することが多くあります。異常なポジティブ思考を要求する職場といったブラックな要素を含んでいる企業もあるので、一概に悪いとは言えないことが特徴です。

休みが取れない

次に紹介する理由は、休みが取れないという理由です。これは、状況によっては深刻な課題になることが多くあります。

特に問題となることが多いのは、今現在働いている企業がブラック企業である場合です。この場合、12時間の継続勤務などを要求されることや人員が少なく、シフトに穴が出た時などの穴埋めとして勤務しなければならない場合もあります。

このような理由で、休みが全く取れないことがあります。自分が入ったエリアの人員が壊滅的に少ないために、毎回どこかのシフトにヘルプとして入らなければならずに半年近い期間休みが一日もないというパターンも決して珍しくありません。

特に飲食業界にこの傾向が強く見られるようです。そのため、体を本格的に壊す前に離職して新しい職場を探そうとする傾向があるようです。

将来像が描けない 

次に紹介する理由は、自分や会社の将来像が描けないという理由です。自分自身のキャリアプランもさることながら、会社に将来性がない場合なども含まれます。

中小企業などに勤務している場合には、先の展望が見えずにこのまま現職で働き続けることに不安を抱く場合がよくあります。給料や待遇、人間関係などさまざまな面から総合的に判断した結果とはなることが多いです。

そのために、ある程度のスキルを磨いて他社でも使えるようなレベルまで成熟したと判断した時に、離職して新天地を求める傾向が見られるようです。

専門的なスキルを学べない

次に紹介する理由は、専門的なスキルを学べないという理由です。これは、毎日決まった仕事しかやる必要がない業界や業種で勤務している人に発生しやすい理由です。

何らかの形で技術が要求される職務に就いている人は、たとえ離職したとしてもその能力を活用して次の職業を探すことができます。そのために、専門的なスキルが学べないことは大きなデメリットになるのです。

そして、定型的な職務に従事している人たちもこの傾向が見られます。あくまで社内でのみ通用する方法でしか、仕事の方法を知らないのでスキルアップを図りたいと自覚した時に、こうした理由で離職していく人が見受けられます。

人間関係が厳しい

次に紹介する理由は、人間関係が厳しいという理由です。これもまた、企業のカラーによってまちまちですが、営業職や飲食業などによく見られるポイントです。

中には学校における部活動の延長線上にあるような人間関係が基準となっている企業もあります。多くの場合、これらは体育会系の集団であり上下関係が必要以上に厳しく、殺伐とした雰囲気を醸し出している場合があります。

こういった企業は、仕事以外にもプライベートにまで干渉してきたり家族をも企業の活動に巻き込んだりするパターンがあります。ブラック企業であることも多いので、こうした特徴がみられた場合には、すぐに離職する傾向があるのです。

年収が低い

次に紹介する理由は、年収が低いという理由です。20代に限らず転職する人の多くは、突き詰めていけばこの理由で転職を志す人が多いです。

企業内で勤務している時には、周りの同僚なども似たような金額をもらっていることがほとんどです。外資系や営業成績が大きく反映される営業職を除いて、企業内で大きな差があることがほとんどありません。

ですが、ひとたび同窓会などで古い友人などと話をした時に年収を比べて、低すぎると実感することはよくあります。こうした時に、年収の改善を見込んで転職を決意することが多くあります。

ただし、転職してすぐに年収が上がる場合は全ての転職者の中でおよそ1割程度であり、多くは採用直後は年収が1割から2割ほど下がってしまうことが実情です。

最終的に年収が前職と比べて上がる時期は、その企業に勤めるようになって5年ほど経過して初めて大きく差がつくことを覚えておきましょう。

20代で転職することのメリット

それでは、20代で転職に挑戦する人はどのようなメリットを持っているのかを把握していきましょう。これらのポイントを知ることによって、転職活動を有利に立ち回ることが可能になります。以下のような例があります。

  • ポテンシャル重視
  • 異業種への応募も可能
  • 年収アップも見込みやすい
  • 第二新卒向けの求人に応募できる

それでは、各項目について詳しく確認していきましょう。

ポテンシャル重視、

初めに紹介するメリットとなる点は、ポテンシャル重視になる点です。これは、特に20代前半でこのような傾向になることが多くあります。

20代前半では、企業の採用担当者からの一般的な評価は「前職に就いたが極めて短い期間で退職した人」というものです。このため、20代前半における転職活動はマイナスの評価になっているために、不利な状況から始まることになります。

しかし一方で、「短い期間であっても社会に出た経験があるために、最低限度のビジネスマナーやルールを研修で受けている」という部分もあります。

このため、企業から見るとその部分にかかるコストをカットすることができるために、比較的採用しやすい人物となります。

通常転職者に求められる大きな要素は、どのような能力を備えているかです。しかし20代前半では、企業の採用担当者も特に秀でた能力を備えていないことはわかっています。つまり、実績がなくても応募でき採用される可能性があるのです。

そのため、新卒の応募者と同じポテンシャルを重視する採用になるのです。

このため、新卒の時とほぼ同様の点を主軸として評価されることになります。転職の場合はすでに一度は就職活動を経験していることになるので、その点で見れば有利になります。

異業種への応募も可能

次に紹介するメリットとなる点は、異業種への応募も可能であるという点です。これは、事実上20代の転職者にのみ適用される特権であるとも言えます。

30代、40台代になってから転職に取り組む場合には高い専門性が求められることになります。つまり、異業種へチャレンジなどということはできないのです。

その点、20代にはそれほど高い専門的な能力や知識がないことは採用担当者もわかっています。そのために、異業種へ応募しても特に大きなハンデがないことが特徴です。

年収アップも見込みやすい

次に紹介するメリットとなる点は、年収アップも見込みやすいという点です。これは、20代の特有の事情があるために、見込みやすいとも言えます。

前述の通り、20代の転職は取り組む人の立場や希望によって大きく変わります。業種ですら同じとは限らないので、転職に成功した場合さまざまな環境が劇的に変わることが多くなります。

そのため年収も同様に上がることが見込まれるのです。

業界や業種には、それぞれごとに平均的な年収や立場に応じた年収というものがあります。このため、年収が平均的に低い業界から高い業界に移ることができれば必然的に年収は上がりやすくなります。

30代や40代の転職希望者のほうが年収が上がりにくい理由は、彼らは既にある程度高い年収をもらっており、基本的に同業種間での転職になるために大きく環境が変わることがないためです。

この点、20代の転職希望者は大きい可能性を有していることになります。その立場を活用して転職活動に取り組む事が大切です。

第二新卒向けの求人に応募できる

次に紹介するメリットとなる点は、第二新卒向けの求人に応募できるという点です。

端的に言えば、応募できる企業の数が30代40代に比べて多いということになります。

企業は、全体でみればそれほど多くはありませんが既卒や第二新卒向けの採用を独自に設けているところもあります。こうしたところは、通常20代の転職に対して理解がある場合が多いので、他の企業に比べて内定を得られる可能性が高まります。

これは極めて有利な点になるので、こうした既卒や第二新卒向けの募集をしている企業を見つけたら積極的にチャレンジしていくことが大切です。

20代で転職することのデメリット

それでは、逆に20代で転職に取り組む場合のデメリットはどのような物があるのでしょうか。細かく分ければかなりの数に上ってしまいますが、それらをまとめると一般的には次のような点になります。

  • 勤続年数が少ない
  • またすぐに離職すると思われる可能性がある

それでは、各項目について詳しく確認していきましょう。

勤続年数が少ない

初めに紹介するデメリットとなる点は、勤続年数が少ないという点です。20代で天賞活動に取り組む以上、どうしても当てはまってしまう点ではありますが転職の市場においては不利な点になることが多いです。

なぜなら、勤続年数が少ないと言うことは経験が少ないことのであり、能力もそれ相応の物しか備えていないと見なされるためです。

企業は今現在の職場で規模拡大のため人数が不足していたり、能力を持っている人が離職した際に、その穴埋めとして募集することが多いのです。つまり、入社してすぐに満足のいく仕事の結果を出してもらわないと困ってしまいます。

言い換えれば、即戦力となる人材を求めているのです。この点、経験の少ない20代の場合はその経験と能力が少ないために、即戦力とは成りえないのが実情です。

20代の場合でも、20代後半の場合には経験を買われて転職することができる場合もあります。全てで当てはまる訳ではありませんが、基本的には経験を要する仕事には応募しても採用されない確率が高いことを覚えておきましょう。

またすぐに離職すると思われる可能性がある

次に紹介するデメリットとなる点は、またすぐに離職すると思われる可能性があるという点です。20代で転職をする理由で一番大きなネックになる理由が、この理由です。

20代で転職する場合は、通常大学4年生をストレートで進級して卒業する場合には22歳になっています。今現在の年齢にもよりますが、転職する時の年齢が29歳であると仮定しても、その経験は7年です。

しかし、20代で転職を決意する場合の多くは3年前後です。このために、企業の採用担当者は、採用してもまたすぐに辞められてしまい結果的に教育するためのコストのほうが高くついてしまうのではないか、と常に考えているのです。

企業にとって1人を採用するためには、給料以外にも社会保険関係の費用や教育するための研修のコストなど、さまざまなお金が必要になります。通常これらを費やしても企業に利益が出る時期は、その人が働いて最低でも数年後になるのです。

このため、短期間で離職されてしまうとコストが割高になってしまうために、この点については応募者側もきちんとした説明をしないと落とされてしまうのです。

20代の転職を成功させるために把握すべきポイント

では、20代の応募者が転職を成功させるためにはどのような点に注意する必要があるのでしょうか。次の4点に注意して取り組む事によって、採用担当者の心を惹きつけて採用される可能性が高まります。

  • なぜ転職したいのかをはっきりさせる
  • 自己分析と志望動機を徹底的に行うこと
  • 転職エージェントを利用すること
  • 採用を得てから退職すること

それでは、各項目について詳しく確認していきましょう。

なぜ転職したいのかをはっきりさせる

初めに紹介する成功させるために必要なポイントは、なぜ転職をしたいのかをはっきりさせることです。これによって、自分の転職活動の軸が大きく変わってくるためです。

例として、年収アップを見込んで転職活動に取り組む場合と、職場の環境が不満でより働きやすい環境で働くために転職活動に取り組む場合とでは、そもそも主目的が違うことがわかります。

志望動機や自己PRを記載し面接でアピールする際にも、この点がぶれていると不自然な回答になってしまいます。当然、このような状況で転職活動に臨めば落とされる確率がかなり高いことは目に見えています。

自分の中で、なぜ働きどのような目的で転職をするのか、という点をはっきりさせて働き方の軸を確定させてから取り組む事が大切です。

自己分析と志望動機を徹底的に行うこと

次に紹介する成功させるために必要なポイントは、自己分析と志望動機を徹底的に行うことです。なぜなら、転職活動は採用の基準が新卒の時に比べて段違いに高いからです。

新卒の時には、社会に出た経験が基本的にほぼない状態で記載したり面接で主張することになります。新卒であるという前提条件自体は、応募してくる人みな同じなのでそれほど大きな差は生まれないことがほとんどです。

ところが、転職の場合にはさまざまな経験を積んだ人が応募してくることになります。年齢も立場も、職務経験もバラバラの中から自分が選ばれなければ採用されないことになります。

そのため、中途半端な自己分析や志望動機は書類選考の段階で落とされてしまうことになります。

採用担当者の立場で考えてみても、選考にそれほど時間をかけられるわけではなく募集している人数も1人や2人、といった極めて少人数であることがほとんどです。また欲しい人材が来るまで、書類選考で全員落とし続ける場合もあります。

このため、転職活動における書類選考の通過率は1割から2割程度しかありません。そのために、突破するためにはこうした内容をきちんと仕上げてから選考に臨むことが求められるのです。

転職エージェントを利用すること

次に紹介する成功させるために必要なポイントは、転職エージェントを利用することです。これは、新卒の時にはない要素なので知っているか知らないかで大きな差がつくポイントでもあります。

新卒の応募者の場合には、通常学生課や就職指導課といった大学の公的サービスの部分から就職活動に対するアドバイスを受けて、志望動機や面接などの精度を高めていきます。

転職活動に取り組む場合に、この部分を担当する機関が転職エージェントになります。

自己流で取り組む事もできますが、転職エージェントはさまざまな部分で転職をすることに特化した専門性を持っています。彼らのアドバイスは、長年の経験や多くの転職希望者から見た点を反映したアドバイスとなっています。

言い換えれば、採用担当者がどのような点を見て採用する際に考慮しているかを一番現実的に把握している人たちでもあります。

最近は、オンライン上でもスカイプやラインなどを通じてこのようなサービスを提供している企業も増えました。代表的な例を挙げますと、リクルートの転職エージェントなどです。

実際に電話などを通じて話すこともできるので、自分の志望動機や自己PRなどをはじめとする各種要素に疑問を感じたら、素直に相談して自分の価値を高めていくことが大切です。

採用を得てから退職すること

次に紹介する成功させるために必要なポイントは、採用を得てから退職することです。これは、直接選考には関係ないと思われがちですが、実は大切な要素があります。

それは、社会人としての感覚を鈍らせないためです。

退職してから転職活動に取り組む場合には、その転職活動以外には人との交流や社会との接点が無くなることが多くあります。そのため、世間に対する感覚や人との話し方を体感で忘れてしまうことがよくあるのです。

この点、現職で勤務を続けていればこれらの感覚は維持されることになります。ビジネスマンとしての最低限度の感覚を維持し、生活面での余裕を得るためにも可能な限り勤務を続けながら転職活動に取り組む事が大切です。

20代の転職はポテンシャルが勝負です

20代の応募者が転職をする際に必要な点についてまとめましたが、結局のところ求められる能力の大半は、新卒の応募者と同じポテンシャルにあるところが分かります。

30代に近い場合には能力も考慮されますが、特に前職での経験が3年未満で転職に取り組む場合には、特に大きな経験や能力を持っていることはほとんどないので、アピールのポイントがポテンシャルの部分に集約されるためです。

また、そうでない場合でも20代はまだ若さが武器となる年代でもあります。その分、経験が少なく能力も備えていない、ということになりますがこの部分を若さとポテンシャルでカバーしていく、という戦術が基本になります。

その上で、自分が転職活動の取り組む上で大切にしたいと思う要素を上げて、それらを軸に転職活動に取り組む事が求められます。

自分自身の人生がかかっている転職活動でもありますので、後悔の内容にきちんと準備した上で取り組むようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月19日 22:39 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop