20代薬剤師が転職するときに注意するべきポイント

0 コメント
twitter
はてな
facebook

薬剤師は平均転職回数の多い職業です。そのため、免許取得後、働いて間もない20代で早くも転職を考える人も少なくありません。

そこで今回は、20代で薬剤師が転職するときに注意すべきポイントについて考えてみます。

20代薬剤師が転職するときのポイント

転職するリスクを考える

 20代というのは、薬剤師としての知識を蓄えたり、業務を覚えるのに必死になる時期です。まだできることが少ないうちに本当に今の職場を離れていいのかどうか、本当にやり残したことがないのかどうか、まずは改めて考えてみましょう。

「会社に入ったらまずは3年間働け」という言葉がありますが、逆に3年以内に辞めてしまうと、次の転職の際、面接官には「この人は負荷のかかる仕事に我慢できない人なんだな」「どうせうちの会社も長く続けてはくれないだろう」というふうに映ってしまいます。

基本的には現職に不満があったり、転職先の職場にやりたいことがあるときに転職を考えると思いますが、転職を短期間で繰り返すと自分の経歴に傷が付いてしまうことは肝に銘じておきましょう。

まずは今回、本当に転職するべきか否かについて、転職アドバイザーに相談してもらってから決めると良いでしょう。

 

転職先の現場を知る 

転職先の現場の状況について、あらかじめ詳しく調べておきましょう。

例えば病院に就職した薬剤師からよく聞くのが、20代の間は病棟業務を担当できないという状況です。病院薬剤師の醍醐味である病棟業務はベテランの30〜50代の薬剤師がやり、20代のうちは調剤業務しかやらせてもらえないといったような病院も多く存在します。

自分がやりたい仕事は勤続何年目で担当させてもらえるのかなど、事前に確認しておくことが重要です。

一方で、会社として全く初期研修がなく、いきなり現場で学ばせるというような薬局も少なくありません。個人薬局に関しては、むしろこういったところが大半でしょう。

もちろん実際の現場で学んでいくことは非常に大切ですが、我流の服薬指導にならないよう、20代のうちは会社の研修を受け、服薬指導の型を身に付けられる環境で働いた方が良いと思います。個人的には、20代の間は研修体制やフォロー体制がしっかりしている大手企業で働くことをお勧めします。

[ad#a]

 

短期的目線で考えない

リスク

 20代の転職でよくやってしまいがちなのが、短期的な目線で転職先を選んでしまうことです。

わかりやすい例で言えば、入職時の年収提示額は高いが、福利厚生や昇給がなく、また医薬品の管理などもずさんな薬局に転職してしまうケースです。

今後長く勤務すると考えれば、福利厚生の手厚さや昇給率は重要になってきます。また医薬品の管理などに関して、経験が少ない薬剤師でも医療過誤を起こさないような工夫がされている企業をオススメします。

どれほど給料の良い企業で働いても、もし医療過誤を起こしてしまえば、膨大な賠償金がかかるためです。

また、薬剤師転職エージェントの求人票には基本的に勤務条件が記載されますが、担当アドバイザーにはそこからはわからないことを質問してみましょう。

例えば、会社としての将来性やキャリアパスの可能性、その会社の社長のお人柄などです。このあたりを事前に知っておくと、入社後のギャップが少ないです。

いずれにしても20代での転職では、自分が30〜40年後にどんな薬剤師でいたいかを見据え、そこから逆算して自分に最適な職場を選ぶようにしましょう。

薬剤師転職サイト・求人サイトランキングも参考にしながら、自分に合った転職エージェント、サイトを探して、まずは相談にのってもらうことをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 00:10 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop