【50代の転職】成功する人の特徴と失敗できないリスクとは

0 コメント
twitter
はてな
facebook

50代の転職と聞くと、うまくいかないんじゃないか、マイナスなことの方が多いんじゃないか、といったイメージが先行してしまいがちです。

ですが最近では経験やキャリアをしっかり積んだ50代というのを求める会社がどんどん増えてきているんです。

50代にもチャンスが多く広がるようになった今、何をするのが成功につながるのか、その特徴や、やはり存在している転職のリスクについても触れていきます。

50代の転職のリスク

年齢で考えればリスクが高いようにも思える50代の転職。

具体的にどのようなことを考えて転職活動をしなければならないのでしょうか。

多方面からそのリスクについてまとめていきたいと思います。

何を求めて転職するのか

まず50代で転職するにあたって何を求めるのかを考える必要があります。

その年代まで働き続けることができているのであれば、動かない方が安定する人の方が多いですし、安定とまで行かなくても職がしっかりある状態を保つ人の方が多いです。

それでも転職するなら、何かしっかりとした理由があるはずです。それは現環境への不満かもしれませんし、更なるキャリアアップかもしれません。

定年退職までの残りの期間で自分が出来る事を考え、そこに挑戦したいという気持ちがリスクを上回って初めて転職への道を歩みだすのでしょう。

ですからよほど強い意志がある場合が多いですね。

雇う側が決めるのが難しい

もしあなたが人事の人だったら、50代の人をためらいもなく雇えますか?そう聞かれた時、もちろん人次第ではあるのですが、悩んでしまう人も多いと思います。

成長も期待できる若手を沢山取った方が将来的には会社のためになることも多いですから、よほど実力を示せなければ転職を成功に導くのは難しくなるでしょう。

決して優れていないから落とされる訳ではありません。優れていたとしても若手を育てることと両てんびんにかけて、涙ながらに落とされてしまうことだって考えられるのです。

そう考えると、転職に踏み込むリスクはやはり高いと言えますね。

専門的知識が必要

50代で転職するとなると、何も持っていない状態ではやはり難しくなり、リスクは一気に高くなってしまうでしょう。

ですから転職に至る前までの状態で何かしらのスペシャリストになっていることが望ましいです。専門的知識は即戦力として採用されやすくなります。

また50代であれば転職先でもいきなり管理職などの上の立場になりやすいですから、そこでも専門的知識は必ず役に立っていきます。

指導役などにも回れますから、逆にスペシャリストになっていれば採用率はグッと上がり、リスクは抑えられるかもしれません。

失敗したときの取り返しがきかない

今までの職場を捨てて新しい環境に行く。若い間だったらそれで自分に合わない環境に行ってしまったとしても更に転職できる時間がありますから良いかもしれません。

ですが50代となると話は別です。一度失敗してしまったら次にすぐ移れるかと言ったら難しいでしょう。経歴に傷もついてしまいますから、再転職は一気に難易度が跳ね上がります。

失敗が許されない転職…ラストチャンスだと思って動かなければいけないのは精神的にもかなりリスキーなものだと感じますね。

面接や書面で分かることだけで判断せず、実際に仕事をしている現場を見せてもらえそうならしっかりと見てから決めるように動くのも大事です。

若い方が良いという時代は変わっている

さて、ここまでリスクの話をさせて頂きましたが、あまり転職で成功するビジョンが浮かばなくなってしまってはいませんか?

でも、決して転職が失敗してしまう確率が高いと言っている訳では無いんです。今の時代は若い方よりも50代のような熟練されたスキルを持った方を求める企業も増えてきています。

ではなぜそのような傾向になってきたのか。その理由についてここで触れていきたいと思いますよ。

慢性的な人材不足

今の社会では慢性的な人材不足が目立つ企業が増えてきています。若者だけでは賄えない仕事量に残業が不必要に増えてしまっている企業もあるでしょう。

そんな企業に、その仕事に精通したベテランが一人入ってきたらどうでしょう。作業効率が円滑になり、職場環境も改善されるかもしれません。

熟練されたスキルを持つ50代の人がひとり入るだけで、会社の実情が一気に変わるなんてことは決して言い過ぎではないのです。

実績と経験を併せ持つ

50代で転職をする人の多くが、これまでの人生で得た多くの実績と経験を武器にしていると思います。それは仕事に関することもそうですが、人とのコミュニケーションに対してもそうです。

多くの業種に携わってきた人なら幅広い知識を、一つの業種をずっと続けてきた人ならその知識の深さを転職先で発揮できるはずです。それは会社が育成する必要がないということですから、即戦力として多大な期待を受けるということになります。

経験値が多いと大きな失敗も少なくなるのが良い点でもありますね。若手ばかりの会社でベテランを補強要因として入れるのも、こういった知識や経験、リスクマネジメントに優れている点からでしょう。

風格や存在感

50代の人がひとり入ると、一気に上限関係がピリッとするというのは本当によくある事なんです。特に20代30代が中心となっている会社ですとなおさらですね。

例えば、会社で同じ作業をしていると気が緩んできてしまいがちですが、そこで空気を引き締めるようなリーダーがいれば最後まで集中して業務に取り組めます。

なにかあった時にもこの人を頼ればいいという頼もしいオーラが出るのも50代の特徴ですから、その風格や存在感の強さに期待して採用する企業もいるでしょう。

決して若手には作り出せないそのオーラは、転職の際も大きな武器になります。

新人や後輩の育成や指導ができる人間

ベテランがひとり所属していると、例えばその翌年に新人が入ってきたとき、2年目3年目の若手のスキルを更に向上させたいとき、その指導が出来るというのは非常に大きな利点です。

優れた知識や磨き上げられたスキルというのは一朝一夕で出来るものではありません。だからこそ、50代までしっかりと時間をかけて積み上げたものがある人が教えるのが一番良いのです。

そしてその50代のベテランに育てられた新人が、数年後に指導する側に回る…その良い循環が会社に生まれるかどうかが、会社が長生きするコツでもありますから。

育成が下手な企業に未来はありません。だからこそ50代の人の需要も上がっていくのです。

50代の転職が成功しやすい人の特徴

ここまでメリットやリスクについてまとめてきましたが、それではその中でも50代の転職をしっかりと成功させる人はどういった方なのでしょうか。

その特徴や気をつけるべき点、強みなどをまとめていきたいと思います。

役職に就いていた経験がある

50代まで会社に勤めていて平社員でした、と言う人と上の役職を与えてもらっていました、とでは両者の差は明確ですよね。

何よりも50代を欲しがるような企業は普通の社員を欲しているわけではありませんから、役職に就いていた経験があるかどうかは非常に重要視されます。

ですから少しでも良い役職に就いていたほうが、より確実に転職を成功させやすいという傾向があります。

30代40代のうちから50代になったら転職しようともし考えられるのであれば、早い段階で上の役職に就くチャンスを獲得しておきましょう。

知識や経験を裏付ける実績がある

どれだけ知識や経験があっても、それを現場でどのように使い、どのような実績をあげてきたのかをすぐに言えないようだとあまりアピールポイントになりません。

絵で例えると、とても抽象的な絵を描けて、その技法も素晴らしいのに未だ絵画展やコンテストなど、表舞台に出していないような状態。これはその知識や技術の信憑性さえ疑わしくなってしまいますよね。

ですから、実際にこういうものができます、と言えるものを用意しておけるのがベストと言えます。形あるものじゃなくても、改善できたこと、数字や売上などへの貢献度なんかでも構いません。

実績があるかどうかは50代にとってはまさに分かれ目となる部分でもありますから、覚えておいて下さいね。

役職以外でアピールできるポイントがある

上の役職に就いていたとしても、それで安心してはいけません。

それ以外に自分に何が出来るのか、何を得意としていて、どういった事を残された時間でやっていきたいのか。

アピールできるものは単に能力といったことだけじゃなく、意欲や向上心。転職先でやりたいことの具体的な計画性など、いくらでもあります。

ただ役職に就いていてその経験を活かしたいというよりも、これらアピールポイントを複数用意していた方が採用率はうんと高くなりますね。

どういう企業を選んでいくべきか

50代の転職にとって企業選びも本当に大切なものになります。上述もしましたが、よくわからないところを選んで失敗してしまうと、もう取り返しがつかないからです。

ではどういったことに気をつけて転職先の企業を選んでいけば良いのでしょうか。

いくつか大切な部分に触れつつまとめていきたいと思います。

管理者や責任ある立場に就く人を探している企業

ただ漠然と中途採用をしている企業にいくら申し込んだ所で落とされるのがオチでしょう。

狙うとしたら管理職やリーダーの立場など、経験者を優遇するような募集になります。

敷居が高いと思うかも知れませんが、50代ということを考えれば、むしろその高い敷居を目指していかなければ求めているような転職にはならないでしょう。

自分に自信を保つ意味でも、より良い環境を用意してくれる企業、立ち位置を用意してくれる企業を優先して選んでいくようにしましょうね。

出世が見込めそうな、将来性のある企業

転職先を選ぶ時、その会社の成長幅がどれくらいになりそうか、概算でも良いので少し考えるようにしてみると良いでしょう。

この会社は自分が入っても数年であまり成長し無さそう、この会社はまだまだこれから成長が見込める…少し調べればそれくらいは感覚で分かるはずです。

50代としての経験があるからこそ分かる感覚でもありますから、将来性のある企業を見出し、そこを狙えるのがベストですね。

自分が求めているものに合う企業

50代にして転職するのであれば、必ずなにか求めるものがあります。それはやりがいかも知れませんし、新しい環境かも知れません。

とにかくその求めているものを強く追い求められるかどうかが鍵を握ります。それをなあなあにしてしまっては、逆に転職しないほうがマシと言えますしね。

次はないと思ったほうが良いですから、出来るだけ妥協せず自分の求めるものを追求するように考えて下さいね。そこが最後の職場になるかもしれないんですから。

選ばずに数を打つというのもあり

ここまでかなりこだわるように書いてきましたが、求めるものが「環境の変化」という漠然としたもの、とにかく別の会社に移りたいと思っているのであれば数を打つというのもありです。

50代の転職は採用までの門は非常に狭くなっています。その少ない確率を少しでもあげるために数で勝負するというのは理にかなっていると言えるでしょう。

ただ50代となると体力的にもそこまで余裕はありませんから、自分の身体と相談してオーバーペースにならないように転職活動をするのが大事です。

50代の転職はリターンをどれだけ求めるか次第

50代の転職の難しさとメリット、ここまで読んで頂ければ少しは理解できたかと思います。

大切なのはこの代の転職が最後のチャンスになる可能性が高いということと、そこでどれだけのリターンを求められるかによって結果が大きく変わるということをどれだけ大事に考えられるかどうかです。

リスクマネジメントをしっかりとして、無理のない、意味のある転職をしましょうね。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月21日 11:30 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop