アットタイプの評判。女性と首都圏には強いが、案件に偏りがある?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職する際に必要なことはさまざまです。学生の頃に取り組んだ就職活動とは異なるために職務経歴書や志望動機、自己PRといったさまざまな書類を準備する必要があります。

しかし、これら以上に決めなければならないことが1つあります。それはどの転職エージェントを用いて転職をするか、ということです。

転職エージェントは転職活動をする際に、現代においてはほぼ必ず用いる必要があるサービスになります。何か所の転職エージェントを利用するかは人により差がありますが、まったく利用しないということは現実的には難しくなります。

それだけ、転職エージェントには多くの人が利用して転職していったという実績があり、ノウハウや経験、知識を有しているためです。

しかし現実的に全ての転職エージェントに登録することは物理的に不可能です。そのため、自分がサービスを受けようと思う転職エージェントを選択する必要があります。この際に情報として、口コミなどをはじめとする評判があります。

ほとんどの評判はインターネット上に公開されている内容になります。そのため、その精度は半信半疑程度の内容も多いことは事実ですが、より多くの人が述べている内容であればあるほど情報の精度は高くなります。

今回は、転職エージェントのひとつであるアットタイプに焦点を当てて、よい評判と悪い評判から転職エージェントしてどのような評判が流れているエージェントなのかをまとめました。

アットタイプとは

はじめに、アットタイプとはどのような転職エージェントなのかを確認していきましょう。

アットタイプは株式会社キャリアデザインセンターという企業が運営している転職エージェントの1つになります。同社が運営している他の転職エージェントを例に挙げると、女の転職@typeなどが挙げられます。

同転職エージェントを用いて転職した人の71%が前職よりも年収アップに成功し、納豆の転職を実現したことが述べられています。

キャリアアドバイザーと呼ばれるエージェントからのサポートが充実していることや、登録する際にもそれほど煩雑な手続きを必要としないことも、また大きな特徴として述べられています。

それでは、アットタイプが転職エージェントとしてどのような評判を受けているのかを見ていきましょう。

アットタイプのよい評判とは

では、まず初めにアットタイプの転職エージェントとしてのよい評判から確認していきましょう。

株式会社キャリアデザインセンターが提供している転職エージェントのサービスであることからきているよい評判が多く述べられています。

以下のようなコメントがあります。

  • 女性向け案件が多い
  • 登録自体は緩い
  • 首都圏に特化している
  • 担当者が丁寧に対応してくれる
  • 20代から30代向けの求人が多い
  • サービス期間が無期限である
  • 現実的なキャリアプランを提案してくれる

では、各コメントについて確認していきましょう。

女性向け案件が多い

初めに紹介するコメントは、女性向け案件が多いという点です。これは、特に株式会社キャリアデザインセンターが運営しているからこそ、よく述べられているコメントでもあります。

同社はアットタイプ以外にも女の転職@typeという転職エージェントを別に設け、そこでさまざまな女性向けの求人案件を掲載しているためか、その一部がアットタイプのほうにも回ってきているようです。

女性向け案件とは、女性が勤務を続ける上で必要な要素が考慮されている求人のことを表しています。具体的には、キャリアを臨む女性と結婚後に育児をしたい女性とに方向性が大まかに分かれています。

キャリアを臨む女性の場合は、後者ほど配慮は必要ではありませんがそれでも女性の管理職などに応募して勤務する場合には、応募先の企業が女性に対して不利な扱いをしていないかどうか、という点で保証が必要になります。

日本はまだまだ男性社会です。同じ仕事をしても男性のほうが有利に評価されることが多い環境にあります。そのため、女性でも対等に接してくれるという点があるかどうかをキャリアを臨む女性は知りたがっていることが多いのです。

一方後者の結婚後に育児をしたいという女性の場合には方向性が正反対になります。彼女たちは、家庭を大切にしたいと考えていますが一方でこれまで自分が培ってきたキャリアを完全には諦めたくない、と考えている人が多数です。

そのため、勤務する条件として育児休暇制度が実質的に習得できるかどうか、また時短勤務などが可能な環境であるかどうかといった点が大きなポイントになります。

これら二つをまとめて、アットタイプの求人には総じて女性向けの案件が多くこの点が女性からの評判が高い要因となっています。

登録自体は緩い

次に紹介するコメントは、登録自他は緩いというものです。これは登録することに対するハードルが他の転職エージェントに比べて低いことを意味しています。

転職エージェントにはさまざまな種類があります。大手か中小かという分別に始まり、総合的に求人案件を備えているのか、一部の業界に特化した求人案件を備えているのかといった種類が考えられます。

一般的に登録すること自体は断られることはあまりありませんが、それでも一定の基準を設けているところがほとんどです。職歴の空白期間があまりにも長い場合などは登録自体を断られることもあります。

また一部転職エージェントに限りますが、特にハイキャリア案件を専門に扱っている転職エージェントの場合には登録のレベルが極めて高くなります。登録しようと思っても最初の段階で断られてしまうことも少なくありません。

この点で、アットタイプはコメントを述べた人の体感ではありますが登録基準が緩く誰でも登録できる環境にあるという旨のコメントが述べられています。

多くの人が利用しやすいように、あえて厳しい登録要件は求めていないことがうかがえます。

首都圏に特化している

次に紹介するコメントは、首都圏に特化しているというものです。これは、求人案件に記載されている勤務地が首都圏に特化しているということを表しています。

このコメントの内容自体は、裏を返せば地方の求人は少ないと捉えることもできるために一長一短ですが、コメントの記載者はよい方面として捉えています。

首都圏の求人案件を掲載することに特化することによって、転職エージェントとしても応募者数を稼ぐことができ、逆に応募者にとってもより有益な情報を紹介できるチャンスを確実にものにすることができるからです。

そのような意味では、アットタイプの戦略上あえて地方在住の転職希望者は切り捨てていると見ることもできるために、この点には賛否両論が存在します。

担当者が丁寧に対応してくれる

次に紹介するコメントは、担当者が丁寧に対応してくれるというものです。これは、転職エージェントに所属するエージェントによって大きく異なりますが、総じて高い評判を得ることが多い要素になります。

転職希望者が転職エージェントを使う最大の理由は転職先を見つけることです。しかし、せっかくよい求人案件を見つけたとしてもそこに採用されなければ全く意味がありません。

このため志望動機や自己PR、及び職務経歴書に対してプロの視点からのアドバイスが欲しいと考えることは極めて自然なことであるとも言えます。

アットタイプはまだそれほど知名度が高い転職エージェントではないので、応募者の絶対数は他の転職エージェントに比べれば圧倒的に少なくなっています。

しかしその分、1人当たりの応募者にエージェントが費やすことのできる時間は長いと思われます。この点が応募者からの評判を高めていると予想されます。

こうした添削サービスがどの程度充実しているかによって利用するのかしないのかを決める転職希望者は数多くいます。そのためこのような意味では、アットタイプは優れていると言えます。

ただし、転職エージェント自体と言うよりは対応が丁寧であるかどうかはエージェントの考え方や行動様式によるところが大きいために、アットタイプの全てのエージェントの対応が丁寧であるかどうかは不明です。

20代から30代向けの求人が多い

次に紹介するコメントは、20代から30代向けの求人が多いというものです。これは、どちらかと言えば若手や未経験でも応募することが可能な求人案件が多いことを意味しています。

アットタイプはIT業界や営業職、及び保険勧誘関連などの求人案件に優れていますがこのような点でも、役員や支社の社長といったハイキャリア向けの求人案件は少ないことがうかがえます。

そのため、基本的には転職が初めての経験になる20代から中堅として少しレベルアップしたいと考えている転職希望者にとって人気があるようです。

サービス期間が無期限である

次に紹介するコメントは、サービス期間が無期限であるという点です。これは、数ある転職エージェントの中でもよい評判になります。なぜなら、転職期間を長く取りたいと考えている転職希望者は多いからです。

多くの転職エージェントでは、サービスを提供する期間に制限を設けています。概ね期間は2,3ヶ月から最も長くても半年程度で収まっています。中には1年程度を設けている転職エージェントも存在しますが例外に近い扱いでもあります。

なぜならば、転職エージェント側から考えた場合やる気のない応募者は必要ないことと、次から次へと新しい応募者が舞い込んでくるために一定の制限を設けないと物理的に処理できない、という点があるためです。

そのため、転職希望者は基本的に長くても半年程度で転職活動を終わらせるために、タイトなスケジュールを組んで転職活動に取り組みます。

最も大切な部分であるどの企業に転職するのか、という部分も最長で1カ月から2カ月程度で結論を出さなければならない、という厳しい流れの中で成果を出していく必要があるのです。

のような扱いが一般的である多くの転職エージェントの中でアットタイプは異例の対応を取っています。転職期限を無期限と定めているためです。

理論上は好きなだけ企業を選び時間をかけて取り組む事ができます。実際には何年も転職活動に取り組んでいる人は多くはありませんが、時間的なプレッシャーを感じることなく転職活動に取り組めることは大きなメリットになります。

コメント内では、このようなシステム上の配慮があったからこそじっくり応募先の企業を選ぶことができ、結果としてそれが自分の転職活動の成功に繋がったという内容のコメントが述べられています。

現実的なキャリアプランを提案してくれる

次に紹介するコメントは、現実的なキャリアプランを提案してくれるというものです。これは、適切で具体的な情報が提供される点が優れているという内容のコメントから抜粋しています。

転職エージェントの中には、とにかくどこでもいいから転職をさせて手数料を稼ごうとするエージェントも一定数存在します。応募者の適性など全く考えずに手持ちの求人ですぐに採用してくれそうな企業ばかり進めます。

そうした企業は、大抵の場合はいわゆるブラック企業であることが多くおすすめできる求人案件ではないことも多いのです。

この点でアットタイプのエージェントは、現実的に実現可能で適性のあるキャリアプランを提案してくれるために、転職希望者の希望に可能な限りマッチした内容になっていることがよい評判の基になっています。

アットタイプの悪い評判とは

では次に、アットタイプの悪い評判について確認していきましょう。

多くのコメントは、特化型の中小転職エージェントであることに由来しています。そのため全般的により経験を積めば解消されるであろう内容も多くあります。

以下のようなコメントがあります。

  • 紹介される求人数が少ない
  • 案件に偏りがある
  • 専門性に欠けている
  • 地方出身の人は使えない
  • 面談中の求人紹介が無い
  • エージェントの態度が悪い

それでは、各コメントについて確認していきましょう。

紹介される求人数が少ない

最初に紹介するコメントは、紹介される求人数が少ないというものです。これは、応募者側に原因があるものも多いですが、転職エージェント自体にも原因が存在します。

まず前提として、アットタイプはITや営業職などの求人案件に特化している特化型のエージェントになります。そのため、上記の職種を希望していない人が登録し面談をしたとしても大した数の求人案件は紹介されません。

特化型の転職エージェントの特徴は、特化している部分であれば優れた結果を残すことができますがそれ以外の業界に関しては素人同然であるためです。

そして転職エージェント側にも理由があります。アットタイプは公開されている求人数は約3000件と大手に比較すればはるかに劣ります。そのため紹介することができる求人数が元来あまりない、という点もあります。

大手の転職エージェントが常に1万件以上の求人案件を保有していることを考えると、確かにそれほど多いとは言えません。中小の転職エージェントとして考えるならば多いほうにはなります。

上記のような理由で、応募者によっては紹介される求人数に満足することができないこともあるようです。

案件に偏りがある

次に紹介するコメントは、案件に偏りがあるというものです。これは紹介される求人の業界が偏り過ぎているというものになります。

コメント内ではアットタイプはIT広告や不動産、保健営業などの誰でも務まり慢性的に人が不足している業界の仕事しか紹介してくれない、という旨記載されています。

しかしこの点はアットタイプで述べれば当然のことになります。なぜなら、前述にもあるとおりアットタイプは上記の業界に特化した転職エージェントのためです。

そのため特定の業界の仕事しか紹介してくれない、という評判は的外れな内容であり利用する前に自分が転職したいと考えている業界を扱っている転職エージェントであるかどうか、という点の確認を怠ったことが容易に想像できます。

このようなことが存在するために、転職エージェントを選択する際には事前に情報を収集した上で利用先を決定することが大切になっているのです。

専門性に欠けている

次に紹介するコメントは、専門性に欠けているという点です。このコメントもまた、的外れな内容ではありますが悪い評判ではあるのでこちらで記述致します。

アットタイプは業界特化型の転職エージェントになります。主にIT業界が専門ですが、そのためにこれ以外の業界に転職をしたいと考えている人が利用しても、望んだ成果を得られる確率は低いのです。

専門外の業界に対しての相談をすれば当然素人に毛が生えた程度の回答しか引き出せない為に、応募者自身が調べなければならないという本末転倒なことになってしまいます。

ただしエージェントの中には本当に何も考えておらず、業界に対する知識を備えていない人もいるために、一概には言いきれないこともあります。

地方出身の人は使えない

次に紹介するコメントは、地方出身の人は使えないというものです。これは、求人案件の勤務地範囲が首都圏しかないことに対する不満です。

アットタイプに限らず中小企業の転職エージェントは、規模や勤務しているエージェントの人数が大手と比較して圧倒的に少ないために、日本全国の求人を扱うことは難しい傾向にあります。

多くはその企業の所在地周辺か、多くの転職希望者の応募や来社が見込まれる東京や大阪に拠点を構えてサービスを提供していることがほとんどです。

このため地方によっては求人が全くない、ということもよくあります。アットタイプだけに見られる特徴ではありませんが、応募者にとって不便な内容になっているためにこうした悪い評判が発生してしまうことには一理があります。

面談中の求人紹介が無い

次に紹介するコメントは、面談中の求人紹介が無いというものです。これは転職エージェントで行われる面談のサービスのメイン部分が欠けていることを表しています。

転職エージェントが実施するエージェントとの面談は、その転職エージェントが提供するサービスのほぼ全てであると考えても間違いはありません。その面談の中で、転職希望者にとっては応募先の企業が紹介されるためです。

ハイキャリア専門の転職エージェントの場合には、職務経歴書の指導などのサービスを簡素化しているケースはありますが、基本的に求人案件それ自体は紹介されることが多いです。

しかしアットタイプでは、応募者によっては面談中に1件も求人案件を紹介されないこともあるそうです。

ハイキャリア専門の転職エージェントの場合には、応募者にもそれ相応のスキルを備えていることを求めるために、基準に達していない場合には紹介できる求人が全くない、ということもあり得ます。

ただしそれはあくまでハイキャリア専門の転職エージェントの場合です。アットタイプは大衆向けの通常の特化型の転職エージェントであるために、紹介することができる求人が全くないことは通常考えられません。

この理由は大きく二つあります。1つは応募者のスキルや職歴があまりにも悪い場合、もう1つは転職エージェントが仕事に真面目に取り組んでいない場合です。

応募者がアットタイプを用いて仕事を探したいと登録したはいいものの、要求される最低限の水準すら満たしていない場合には紹介される求人が全くないことも考えられます。

例として、正社員の就業経験がなかったりアルバイトすらしておらず、かなりの長期間の空白期間が存在している、といった具合です。

このような場合には、いくらアットタイプで募集されている求人レベルであっても紹介をもらって受験することすら不可能な場合もあります。

2つ目は、エージェントが真面目に取り組んでおらず適当に処理した場合です。この場合も、応募者が優良であればエージェントにとっても美味しい話であるため、間接的には応募者に原因があると考えることもできます。

いずれの場合にしても、このような理由から面談中に求人が全く紹介されないこともあるようです。

エージェントの態度が悪い

次に紹介するコメントはエージェントの態度が悪いというものです。これは転職エージェントと考えるより、所属しているエージェントの中には質の低いエージェントもいると考えることが妥当です。

コメント内では、指導方法がいわゆるスパルタ式で極めて厳しい内容を平気でエージェントから言われる、或いはアドバイスの内容がいちいち上から目線で聞いていて大変不快になるという趣旨で述べられています。

エージェントによっては上記のような指導とアドバイスのスタイルを取っている人もいるために、一概に悪いと断じれるものではありませんが応募者のためを考えて述べているならば、少なくとも上から目線での内容では反感を買ってしまいます。

このような点を含めて、エージェントの対応力が問われていると考えられます。

若手や女性におすすめできるエージェントです

株式会社キャリアデザインが運営しているアットタイプについて、よい評判と悪い評判からどのような転職エージェントなのかをまとめましたが、基本的には若手か女性向けの内容で構成されていると考えられます。

同社が女の転職@typeを運営していることからもわかるとおり、女性向けの転職エージェントであることが強く示唆されています。そのため、条件に合う人だけが合理的に使いこなすことができる転職エージェントであるとも言えます。

自分の適性や希望業界にきちんとマッチした転職エージェントを用いるように心がけましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月19日 11:45 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop