【アクセンチュアインターン】選考の倍率、面接内容、服装、内容、感想、内定に有利?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、「アクセンチュア」のインターンシップについて面接含む選考について記載しています。エントリーシートの設問や各面接の雰囲気、インターンの内容について詳しく紹介していきます。是非参考にしていただければ幸いです。

アクセンチュアのインターンシップの実施時期、日程

アクセンチュアのインターンは、主に東京と大阪で開催されます。2017年においては、学生のキャリア形成支援と次世代リーダー育成を目的とした「和魂偉才塾」を実施。アクセンチュアの各ビジネス領域の動向や将来などコンサルティング・エンジニア両方の思考をプロの視点から解説する特別プログラムとなっています。      

<エンジニア育成プログラム>

ターム①:2017年11月14日~18日

ターム②:2017年12月5日~12月9日

<ビジネスコンサルタント育成プログラム>

ターム①:2017年11月16日~20日

ターム②:2017年11月30日~12月4日

ターム③:2017年12月6日~12月8日

 

アクセンチュアのインターンシップの選考の倍率

外資系コンサルティング会社の古参で大手ということで、同業他社と比べても圧倒的な知名度を誇る企業なので、インターンシップ選考もかなりの難関とされます。例年理系の学部生や大学院生などが数多く応募し、その数は1000人を超える規模となっています。

選考についてはかなりの高倍率が予想され、外資コンサルという人気業種であることも含めてインターン参加への切符を獲得するには入念な準備と対策が必要になってきますので、その点を理解しておきましょう。

[ad#a]

 

アクセンチュアのインターンシップの面接選考内容

選考フローは、①エントリーシート⇒②WEBテスト⇒③グループディスカッション⇒④面接と4段階になります。

選考ではグループディスカッションと面接が行われますが、合否に関してはグループディスカッションが重要とされます。面接は参考程度で、あまり選考に関係がないとも言われていますので、グループディスカッションの出来が選考に大きな影響を与えると考えてください。

ただし、コースによっては個人でのケースワークが実施された年もあるのでそこも踏まえて注意しましょう。

 

エントリーシート(ES)の内容と回答のポイント

アクセンチュアのインターンシップのエントリーシートは、分量としては多めでしっかりとした記述が必要となってきます。外資コンサルでは珍しい設問が多く、志望動機やキャリアプランなども聞かれますので、しっかりと練っておくことが大事です。

応募者が多く、エントリーシートの内容の完成度は非常に重要となってきますので、早めに準備しておくことが通過のカギといえるでしょう。

適性検査(WEBテストなど)

ESを通過すると、次はWEBテストが実施されます。形式は、日系企業でも多く採用されている「玉手箱」の言語と計数です。難易度はそこまで高くありませんが、コンサルということで一定以上の得点は必要になりますので、参考書などで対策を入念にしておきます。

面接について

<グループディスカッション>

学生6~7人、シニアマネジャークラスの面接官1人でのグループディスカッションが実施されます。時間としては30~40分程度で、グループディスカッションとしては人数が多めとなるので積極的に発言をして面接官に印象付けることが重要です。テーマは多種多様ですが、変わった内容はなく一般的なものです。

対策としては、グループディスカッションに慣れておくことが大事なので講座やセミナーなどで実戦経験を積むのがベターでしょう。

テーマ事例

「大手百貨店の売上向上のためにすべきこと」

「新しいスマートフォンの販売戦略」

「大型ショッピングモールに対抗する、地域の商店街の生き残り戦略」

「日本でカジノを成功させるためにやるべきこと」

「東京の通勤ラッシュの解消法について」

<面接>

グループディスカッションを通過すると面接が行われますが、選考というよりも参加者の最終確認に近い内容です。

なぜコンサルか、なぜアクセンチュアか、といった当たり前の志望動機は聞かれますので、その辺は事前にしっかりと準備してください。あくまでも最後まで気を抜かず、選考と同様にとらえて臨むようにします。

[ad#b]

 

アクセンチュアのインターンシップの参加時の服装

指定がない限りはスーツ、またはジャケット着用が無難です。過去の参加者をみるとスーツの着用がほとんどですので、社会人としてのマナーという点からもフォーマルな服装がベストです。

 

アクセンチュアのインターンシップの内容、感想

アクセンチュアのインターンは、「本物のコンサル力」を身に付けられると過去の参加者からは高い評価を得ています。内容も大変レベルが高く、充実した中身となっています。

同時に、アクセンチュアの幅広いビジネス領域をしっかりと理解でき、独特の企業文化に触れられる貴重な機会となっています。現役の社員との接点も多く設けられているので、その点も魅力といえます。

 

アクセンチュアのインターンシップは内定に有利になる?

アクセンチュアでは、インターン参加が採用選考に関与するとの発言はありません。ただし、まったく選考に影響がないかといえばそれはNOです。インターン参加も判断基準の大きな要素になることは間違いありませんので、志望する人はこのインターンをチャンスと捉えて積極的に参加することをおススメします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 14:16 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop