第7章「内定を辞退するか、最後まで悩む編」

0 コメント
twitter
はてな
facebook

この記事は、前回からの記事の続きになります。前回の記事を読んでいない人は、こちらの記事から読んでみてください。

第6章「ついに内定!しかし、不完全燃焼のまま就活を終える編」

 

前回の記事で書いた通り、僕は最後の1社でようやく内定をもらうことができました。その1社とは、地元の大手電力会社でした。当時の電力会社は、まだ地域独占の企業であり、安定の象徴のような会社であり、仕事が楽で給料は良い、いわゆるまったり高給であるとも言われていました。

そのため、内定をもらったとき、地元の両親は大喜びしてくれましたし、大学の友達にもすごいと言われ、羨ましがられました。

 

 しかし、僕は、内定をもらったときの周囲の反応と、自分の正直な気持ちとのギャップに、苦しめられることになります。

 

僕自身は、勤務地が田舎になってしまうことや、興味のある業界でなかったこともあり、電力会社で働くことに全く魅力を感じていませんでした。正直なところ、内定を辞退して、就職活動をやり直したい、そのように強く思っていました。

 

しかし、両親や友人の意見もあり、結局内定を辞退せずに、電力会社に行くことにしました。

この時のことを振り返って思うのですが、当時の僕は、自分が将来どうなりたいか?ということよりも、一時のつまらない世間体のようなものを気にしすぎてしまっていたのだと思います。

 

一時的な世間体を気にすると、後から後悔する

少し余談になりますが、僕は就活中にあるベンチャー企業の経営者の方のお話を聞く機会がありました。その方は、「10年後にどうなりたいか?を常に考えて行動することが大切。」ということをおっしゃっていました。しかし、現在の評価や世間体ばかり気にしていた、当時の僕には、その言葉が全くしっくりきませんでしたし、心に響きませんでした。

 

ですが、今の僕には、その言葉の意味が本当によく分かります。

将来、自分がどういったライフスタイルを送りたいか、どういった仕事ができる人間でありたいかなど、未来のことをきちんとイメージして、企業を選ぶのが大切であり、一時のつまらない周囲からの評価で会社を選んではいけない、こういう風に現在の僕は考えています。

 

当時の僕が、最終的に電力会社への入社を決めた理由は、将来の理想的なライフスタイルをイメージできたからでもなく、またその会社で最終的にやりたい仕事があったからでもありませんでした。

ただ周囲の目線を気にしただけの臆病で愚かな選択だったのです。(ただ決して電力会社を貶している訳ではありません。電力会社は、一般的な会社と比べてかなり恵まれた環境であると思います。ただ僕の価値観や目指すべき方向性とズレがあっただけです。)

 

 

結局、このような中途半端な思考で、会社を選んでしまった僕は、入社して半年も経たないうちに、会社を辞めたくなってしまいました。

 

入社から辞めるまでの話は次回以降の記事で書いていきます。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 14:41 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop