電話

美容師の平均年収は?給料は低い?【アシスタント、スタイリスト、独立】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、美容師の平均年収や給料についてご紹介します。平均年収ではアシスタントやスタイリスト、独立してオーナーになった場合それぞれについて記載していきます。

また、美容師は年収が低いと言われていますが、その理由なども紹介しています。

 

美容師の平均年収、給料

アシスタントの場合

アシスタントの仕事は主に、お客様のご案内やシャンプーや掃除、カット中のスタイリストのサポートを行ないます。

アシスタントの収入は美容師学校を卒業し、美容院に就職したばかりの20代であれば平均年収は200万円前後でしょう。給料であれば月に16万円。手取りで12万円前後となります。

ただ、アシスタントの場合はそのお店独自の給料形態であるので、この価格よりも低い場合もあります。反対に待遇だけはしっかりとしているところもありますが、この平均価格より大きく上回る美容院は少ないでしょう。

 

スタイリストの場合

お店によって名称や役職は細分化されていますが、基本的に一定期間アシスタント業務を経験すると、スタイリストになります。

スタイリストには年齢は関係なく、努力次第では20代の前半でもスタイリストとして活躍している方も多いでしょう。

スタイリストは顧客の毛髪のカットやパーマなど、美容院でのメインの仕事を行ないます。

平均年収は280~300万円前後、手取りで16~18万円前後となるでしょう。

ただし、都心の有名店などでは美容院に属していながらモデルや芸能人などのスタイリストを兼ねている場合もあり、それらのスタイリストによっては上記の金額(500万円前後)以上稼ぐスタイリストもいます。

 

独立した場合

美容師のひとつの最終目標でもあるのが独立です。

美容院に雇われている場合であると、どうしても薄給のケースや自身が求めるスタイルの相違が多く、多くの美容師は30歳以降を境に独立をしていきます。

一昔「カリスマ美容師」という言葉が流行したように、都内一等地の流行店オーナーや地方でも複数店舗を運営している経営者。また、著名なモデルや芸能人の専属スタイリスト事務所など経営している場合であれば30歳でも年収は1000万円~2000万円近く稼ぐ方もいます。

ただし、この年収1000万円以上を稼ぐケースは非常に希であり、それなりに流行っているお店で平均年収500万~700万円前後。顧客の波があるような店舗では平均年収が400万円前後のオーナーもいるでしょう。

この様に、独立しても非常に格差があるのが美容師の世界です。

[ad#a]

 

美容師の年収が他の職業よりも低い理由

賃料(テナント料)が高い

美容院は山奥でひっそりと営業するわけにはいきません。

特に顧客に来店してもらい営業する場合には、駅から近いなどアクセスが良い場所などか否かによって売り上げに天と地ほどの差が出てきます。

また、美容院のメッカでもある東京都心などでは表参道や原宿・渋谷周辺など特にテナント料が高額です。

しかも、美容の世界でもあるのでそれらの地域に出店しても、日の当たらない印象の悪いビルでは顧客の入りにも影響するため、比較的外観もオシャレな場所や、リノベーションした物件に月額100万円近くもするテナントを借りている事も珍しくありません。

その為、高額なテナント料を捻出するためには人件費の削減なども必要となり年収に影響する場合があります。

 

供給過多な世界

美容院の給料が安いというのは今に始まったことではありません。

そもそも、美容師は修業をしているアシスタント時代から独立を夢見て、いずれは多くの美容師が自分の城を築きます。

大げさにいうと美容師の数だけ、それらのルートができてしまい現在でも地方の駅では1駅で周囲に3~4箇所。都心部では目を瞑って歩いても美容院の看板に当たってしまうほど美容院で溢れています。

それだけ、美容院が溢れればもちろん顧客の争奪によって価格競争などを行なえば、結果的に収益にも影響し、美容師の年収が低くなってしまうのも原因のひとつでしょう。

近年では、歯科医院などもこれと同じ現象が起きていますが、供給過多になれば余程の業界で無い限り、自ずと収入は低くなっていきます。

[ad#b]

 

自身の服装や練習の経費が掛かる

美容師自体の年収は、サラリーマンの平均と比較をすれば確かに低いです。

しかし、美容師よりも収入の低い仕事はいくらでもあります。これには美容師自体、お金が貯まらない状況・環境になってしまうのも、生活水準低下を招く結果となっています。

これは美容の世界で働くうえで重要な経費でありますが、美容院には基本的には制服もなく顧客からのイメージも大事なので自身の服装などにもこだわるため、服飾費用も掛かります。

また、アシスタント時代でもスタイリストになっても。もちろん経営者になっても「技術」が命でもある美容師は日々の努力が大切です。

カットウィッグを購入したり、さまざまな実践訓練アイテムを自腹で購入し、自宅で練習する事もあるでしょう。

それらは、もちろん店から経費扱いになることもなく、美容師としての必要経費の出費も結果的な年収の低さに繋がるのではないでしょうか。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月18日 19:57 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop