お金

【年収300万】税金(所得税・住民税)、手取り、家賃、車、住宅ローン、結婚

今回の記事では、年収300万について、税金(所得税・住民税)、手取り、家賃、車の購入を考える場合、住宅ローン、結婚を考えるときの男女別の注意点など、様々な角度から記載していきたいと思います。

年収300万の税金

所得税

年収300万円の所得税は少しややこしいです。なぜなら、日本の所得税は累進課税を適用しているからです。年収300万では、195万円を超え330万円以下であれば税率は10%。330万円を超えた場合は税率が20%となります。

控除額が10%であれば97,500円、20%であれば427,500円となるので、

300万円の場合   300万×0.1-97,500 の計算となり 所得税約20万円

330万円以上の場合 330万×0.2-427500円の計算となり 所得税約24万円

となります。以上が所得税の参考額になります。

 

住民税 

住民税は、給与所得控除を計算することから始めます。年収300万は切り替わりがあるので、年収が360万を超える場合(額面で300万)の場合も記載しておきます。

まず給与所得控除を出します。これに基礎控除・健康保険・厚生年金・雇用保険・などの控除を差し引き、課税対象額を計算し、住民税を計算すると、

手取りで年収300万円の場合         住民税 およそ11.9万円

額面で年収300万円の場合(年収379万円)  住民税 およそ16.5万円

以上が住民税の参考額となります。

[ad#a]

 

年収300万の手取り

年の手取り

税金や社会保険等を支払い、手給料・手当・賞与を加えた額面での手取り額は250万円前後になります。手取りにすると少なく感じますね。

 

ボーナスなしの場合の月の手取り 

ボーナスなしの場合の月の手取り額は20.0万円になります。手取りだけ見ると少なくないのですが、ボーナスが無いと考えると辛いものがありますね。

 

ボーナスが年2回の場合の月の手取り

ボーナスが年2回(1回の支給2ヶ月分)とすると、月の手取りは15.0万円になります。ちなみに年1回、(1回の支給2か月分)とすると、月の手取りは17.1万円になります。独身であればなんとかやっていける額になっています。

 

年収300万の貯金額について

理想は年収の15%を貯金するということです。そうすれば社会人7年後には年収と同じ300万円が溜まる計算になります。

独身のビジネスパーソンであれば可能だと思いますが、現実の実態はどうなのでしょうか?月の貯金額の平均は2~3万円だそうです。ただこれは独身で堅実に計算して貯金している人の数字なので、浪費癖があったり家族がいる場合は使ってしまわないように注意しなければなりません。

 

年収300万の家賃

1人暮らしのビジネスパーソンにとって、家賃の相場は気にところです。年収300万の家賃相場は6~7万円となっています。

ただし、管理費や共営費、車を持っている場合は駐車場のことも考えなければいけませんから、家賃のみで考えると5~6万が丁度良いということになります。

 

年収300万で車の購入を考える場合

車は年収の半分と言われています。単純計算では150万円ですが、将来が不安定な昨今を考えるともう少し低めの100~120万円程度にするほうが堅実です。探せば普通車でも新車が買えますね。ローンで買う場合は毎月の利子のことも入れて計算しましょう。

 

年収300万の住宅ローン

まず年収300万で住宅ローンが組めるかどうかですが、借入額は少なくなりますが住宅ローンを組むことは可能です。月々の支払いは、家賃の相場が6~7万円ということなので、ローンも同じくらいにするのが良いと思います。ポイントは住宅ローン控除の活用(住宅ローンは税金の控除対象になります)です。

2000万円のローンを組んだ場合、年間20万円が10年間控除になり戻って来るので、それを全て返済に充てるようにしましょう。間違っても使ってしまわないようにしてください。住宅ローン破産になってしまいます。

[ad#b]

 

年収300万の人が結婚するときの男女別注意点

男性が結婚を考えるときの注意点

年収300万円が男性の場合は、共働きをしてくれる女性を選びましょう。出来れば正社員で産休が取れる人だと良いでしょう。共働きでないと、子供を望めないからです。

もちろん自分も家事育児に参加し、奥さんの仕事を応援しましょう。間違っても自分が大黒柱だとふんぞり返っていてはいけません。

共に協力して仕事も育児もお互いに支えあい頑張れるパートナーになることが理想です。パートなどが悪いわけではありませんが、正社員の社会保障は高いものです。出来れば夫婦で利用し続けたいですよね。

 

年収300万の女性が結婚を考えるときの注意点

年収300万が女性の場合は、もちろん正社員でバリバリ働く男性を選びましょう。間違っても紐男に引っかからないようにしてください。旦那様の収入がある程度安定したものであれば、結婚後仕事を辞めるという選択肢も考えられます。

子供が早くほしいけど産休が取り辛い会社であれば、そういった選択肢も考えたいですよね。産休が取り易い職場であれば、出産後正社員に復帰し、ゆとりある暮らしを送ることも出来ますね。

でも、今は男性も年収が低い時代です。ここは男性と同じになりますが、お互いに支えあい育児も家事も協力し合えるパートナーを探すことが出来るといいですね。