承認欲求

承認欲求が強い人の特徴|仕事・恋愛への影響、なくすための方法

今回の記事では、承認欲求の強い人の特徴やなぜ承認欲求が強いのかということについて紹介していきます。仕事や恋愛への影響や、承認欲求が強すぎる人が、承認欲求をなくすための方法についても紹介していきます。

承認欲求が強い人の特徴。なぜ承認欲求が強いの?

自信がない

承認欲求が強い人は確固たる自信が不足している事がとても多いです。とは言っても著しく能力が低いわけではないのですが、子供の頃にあまり褒められた経験がなく、そのため自分に対して到底クリアできそうにもない高いハードルを設けているため、その結果として自信が喪失された状態に陥っている傾向があります。

 

愛情に飢えている

承認欲求が強い人は愛情に飢えている人が多いです。これも幼少期に適切な愛情を注がれなかったせいなのかもしれませんが、大人になってもそれを他人に求めてしまうため、承認欲求が強くなってしまうのでしょう。

ただ、その愛情不足を満たすことは友達や恋人であっても大変難しいため、どうしても承認欲求の強さが空回りしてしまう傾向があります。

 

目立ちたがり

自信はないけど目立ちたいというのも承認欲求の強い人の特徴でしょう。目立って賞賛を浴びて自分に欠けているものを補完したいという意識がそうさせるのかもしれませんが、時には誤った手段を講じてしまう事もあるようです。

また、目立って賞賛を浴びたいにも関わらずそれが得られない場合には、変に捻くれてしまったり、酷いときには精神的な病気を患ってしまう可能性もあります。

 

他人に厳しい

自分に高いハードルを設けてしまっている弊害か、承認欲求の強い人は他人にもとても厳しい傾向があります。

特に自分で「大したことがない」と思ってるような人が賞賛を浴びている様を目にしてしまうと平静ではいられないでしょう。あまりに強い承認欲求を持て余しているため、影で他人の悪口に精を出してしまっている事も多いのではないでしょうか。

 

人の話を聞かない

承認欲求の強い人は基本的に自分の事を知ってもらいたい、理解してもらいたいという気持ちが強いため、他人の話にはあまり関心を持ちません。

ですので、相手が話をしていてもそれを遮って自分の意見を述べたり、相手が忙しそうにしているにも関わらず、無理矢理にでも話を聞いてもらおうとする傾向があります。

[ad#a]

 

承認欲求が強すぎることでの仕事への悪影響

成功した人を素直に祝福できない

承認欲求の強い人は自分が認められたいという思いが強いため、他人の成功を素直に祝福する事ができません。

他人の成功を祝福できない人にはなかなかチャンスが回ってきづらく、余計に自己のストレスが溜まっていくでしょう。そんな状態で良い仕事をするのはなかなか難しいと言わざるを得ません。

 

他人から信用されない

承認欲求の強い人は、他人の悪口を言って相対的に自己を上位に置きたがる傾向があるため、他人からの信用を得る事が難しい傾向があります。

ビジネスには、やはり人間同士の信用や絆といった点が関わる事も少なくはないため、どうしても他人からの信用を得られない場合は進展が難しいケースがあります。

 

承認欲求が強すぎることでの恋愛への悪影響

相手の気持ちを考える事ができない

承認欲求の強い人は相手の気持ちより自分の気持ち優先なため、相手に気を遣ったり慮ったりする事が苦手な傾向があります。

そのため、他人と適切な距離を保てなかったり、他人が嫌気が差して離れていってしまう事があるため、そういう意味で彼氏彼女との間にも亀裂が入ってしまう事があるのでしょう。

 

良い別れ方ができない

承認欲求の強い人は自尊心が強いため、自分が相手にフラれる事が我慢できない傾向があります。

その鬱憤を晴らすため、別れた後に付き合っていた相手の悪口を言いふらしてしまう事があり、もしそれが相手や相手の友人の耳に入ってしまった場合は、身近な信用を失くしてしまう事に繋がり、新しい出会いを求める事が難しくなりそうです。

[ad#b]

 

承認欲求が強すぎるのを改善する、なくす方法

充実感を得る

承認欲求を減らすために大切なのは、まず自分を大切にするという事でしょう。そのために、とにかく自分が楽しいと思うような事(他人の賞賛がなくても、やっているだけで充実感を得られる事)に積極的に取り組むのが良いと思います。

そこで得られた満足感で心を満たしていく事で、少しずつ対処できるのではないでしょうか。

 

他人の情報はあまり目にしない

承認欲求が強い人は非常に嫉妬深い傾向があり、他者が賞賛を浴びているのを見ると我慢がならないようです。

ですので、いっその事他人に関わる情報を見るのはやめ、自分の心にフォーカスしてみてはいかがでしょうか。そうすれば、いずれ自分は自分、他人は他人と切り分けることができ、承認欲求を少しずつ減らす事ができるのかもしれません。

 

自分を許す

承認欲求の強い人は自分に高いハードルを設けているため、能力が高い人も多いように見えます。他人から見たら「どうしてそれだけできるのに・・・」と思われる事も少なくないようなので、もう高いハードルは捨て去ってはいかがでしょうか。

能力が高かろうが低かろうが、賞賛を浴びていようが浴びてなかろうが、自分という人間の価値を、まずは自分自身が一番認めてあげるのが大切なように思います。