投稿者「転職管理者」のアーカイブ

企業へのメールガイド。最低限のマナーと好印象な例文

企業に初めてメールを送るときは、就活や転職活動の時が多いと思います。

どんな風に送ったらいいのか分からず、困ったことはありませんか?

企業にメールを送る際には注意しなければいけないことが多々あります。

企業ですから友人にメールを送るのとは違い、誤字がなく丁寧な言葉遣いで文章を打ちます。

用件や本文は簡潔に分かりやすくを心がけ、必ず宛名と挨拶、最後の署名は忘れてはいけません。

メールや電話は相手の顔が見えない分、文章で印象が決まることもあります。

今回は、企業へ送るメールで気をつけたいこととともに、例文をご紹介します。

続きを読む

雇用保険法改正の内容をわかりやすく解説。私たちへの影響は?

平成29年4月1日から段階的に雇用保険法等の一部を改正する法律が施行されました。

今回は雇用保険法の他に、徴収法、育児・介護休業法、職業安定法の一部もそれぞれ改正されています。

いろいろなことが変わってきましたし、実際は育児介護関係のところがかかわりが大きいですが、ここでは、一番転職時に関わる可能性の高い失業時に関した内容が多い雇用保険法を中心に考えます。
続きを読む

入社1年目の転職を成功させるためのポイント。みんなの転職理由は?

入社1年目は、仕事に慣れる事や、上司や先輩との人間関係など精神的にも体力的にも消耗してしまう1年となります。

皆さんもそんな経験はありませんか?

最初は研修期間や仕事を覚えるという面で、同期と同じスタートラインだったのが、下半期に差し掛かってくると実務として各々の成果が発揮されてきます。

そこで使える新人、使えない新人と分けられるのも下半期。

こういった評価や人間関係に疲れると、早くも転職を考えてしまう新入社員も最近では少なくありません。

入社1年目にして転職するってどうだろう?と思う人もいるでしょう。

しかし、現代社会では入社1年目にして転職を考えることは悪いことではないと思います。

いろんな企業がある中で、自分にあった仕事を探すのは良いことですし、合わないまま続けるよりは賢明な決断だと言えるのではないでしょうか。

入社1年目で転職を考える際には、何が不満でどういったことが自分に合わないのかしっかり分析し、次の転職先でも同じようにならないことが重要です。

今回は、入社1年目で転職を考える理由を踏まえ、転職のコツやポイント、注意するべき点についてご説明していきたいと思います。
続きを読む

特定離職理由者とは。あなたは失業保険が早く受け取れるかも

体調不良や家族の介護などで生活環境が変わるなど、様々な理由で勤務先を退職したいけれど、再就職までの生活を考えるとなかなか退職できない方も多いのではないでしょうか?

勤務先を会社都合で退職する場合には「特定受給資格者」となり、雇用保険の基本手当(失業保険)を自己都合退職より長くもらえる・待機期間がない、などはご存知の方も多いと思います。

自己都合で会社を退職した方のうちでも、正当な理由がある場合には「特定離職理由者」と認められ、会社都合退職と同様の条件で雇用保険の基本手当(失業保険)を受給することができます。

正当な理由には様々ありますので、ご自分の退職理由にあてはまらないか、一度確認してみましょう。
続きを読む

履歴書の通勤時間欄の書き方。意外と見られる通勤手段と時間

履歴書には必ず通勤時間欄があります。

この通勤時間とは、一体どこからどこまでの部分を指すのでしょうか。

通勤時間は、移動手段によって大きく変わってきます。それぞれの書き方も違うので、一度整理してみましょう。

面接官や採用担当者は、この欄が詳しく掲載されていることを判断基準にするので、場所によっては移動手段をいくつか書くことで有効活用することが出来ます。
続きを読む

悔しい仕事での理不尽。キレる人や言う事がコロコロかわる人の対処法

仕事をしていると、理不尽だなと感じる場面は少なからずあることでしょう。

ただ、その度合いというのはその人の受け取り方や、状況などによって異なってくることになります。

しかし、どうしてもその理不尽さには納得できないというようなこともまたあったりします。そういったことについてはフラストレーションばかりがたまってしまいます。

そういった場合、精神的にも参ってしまうことにもなり、いいことは何もありません。

一方で、仕事における理不尽さというものは正しい場合もあります。それは、もちろん目的があっての場合限定ですが。そういったところもここでは見ていきましょう。
続きを読む

転勤は嫌!拒否するとどうなる?伝え方一つで変わるその後の立ち位置

国内には、転勤する制度がある企業は多数あります。

その中でも転勤を拒否する人も多く、転勤を拒否する理由として最も多く挙げられるのが家庭環境を壊したくないという人です。

また、「新しい環境でやっていく自信がない」「もしかして左遷では?」とマイナスに捉える人もいます。

転勤を拒否すると、今のままの職場では居づらくなり、退職せざるを得ない状況となってきます。

会社での昇格も期待できないので、転職を考えることも視野に入れておきましょう。

今回は、転勤を拒否するとどういったことが起こるのかということや、転勤拒否の理由をうまく伝えられる方法についてご説明していきます。
続きを読む

新しい職場でなじめるか心配。不安の解消方法、初日の挨拶のポイント

就職、転職、異動、出向など、春から新しい職場でのお仕事がはじまったという人も多いかと思います。

働く環境が変われば、業務内容だけでなく人間関係やライフスタイルも大きく変わるものです。

  • 職場の雰囲気
  • 求められるレベル
  • 一からの人間関係
  • 仕事の進め方の変化

はじめてだらけの環境に緊張して、出社前日は眠れなくなってしまうなんてことも。

今回は職場にスムーズに溶け込み、活躍していくためのポイントをご紹介しますので、新しい職場に不安を感じている方はぜひ参考にしてみてください。
続きを読む

都会から地方へ転職。Iターンを選択する人が増えている理由

「自然豊かな場所でのびのび暮らしたい」「通勤ラッシュのない地方へ移住したい」など、ゆったりと時間が流れる田舎での暮らしに、誰でも一度はあこがれるものです。

近年、あわただしい都会の生活から離れ、地方に移住して仕事をはじめる人が増えています。

以前は、セカンドライフとしての地方移住というイメージが強くありましたが、若年層の間でもIターン・Uターンなど、自分のライフスタイルにあわせた就職・転職に関心が高まっているようです。

都会で大企業に就職し、一生懸命働き続けたとしても、将来の安定が必ずしも約束されているわけではありません。

自分自身の生活を充実させながら仕事ができる場所として、地方がクローズアップされることは当然かもしれませんね。

今回はIターンのメリットやデメリットについてまとめました。

都会の生活から離れたいと考えている方や、安定した環境で子育てをしたい方など、地方への転職・移住を考えているという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
続きを読む

履歴書の誤字が評価を下げる!?誤字や修正跡の印象と対処方法

履歴書を書いていて誤字・脱字をしてしまったとき、みなさんはどうしていますか?

「最初から書き直す」「修正液を使う」など、さまざまな対処法が思い浮かぶかと思います。

履歴書は志望企業とあなたをはじめてつなぐ資料となるものです。

はじめから悪い印象をもたれてしまうことがないように、正しい知識を身につけておきましょう。
続きを読む