ビズリーチの評判。ハイクラス向けなので好みがわかれる?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職活動を決める上で最も大切な要素は、どの転職エージェントをメインに据えて転職活動に取り組むかということです。

新卒の学生の時の就職活動と違い、転職活動は転職希望者それぞれがおかれている状況が全く違うために、自分で適切だと思うものを自らの意思で選択していく必要があります。

しかし、転職活動に費やせる時間は長くても半年ほど一般的には述べられており、全ての転職エージェントを実際に利用してみて判断することは、物理的に時間が足りないことは明白です。

そのため、利用する転職エージェント決めるために有用な情報として評判を利用することになります。インターネット上の情報であるため信頼度は半信半疑が原則ですが、多く述べられていることはそれだけ信頼度が高いことになります。

ここでは、株式会社ビズリーチに焦点を当て、転職エージェントとしてどのような評判が世の中に流れているのかをまとめました。

株式会社ビズリーチとは

ではまず、転職エージェントとしての株式会社ビズリーチについて確認していきましょう。

株式会社ビズリーチは、主にハイクラス向けの求人案件を専門に扱っている転職エージェントです。そのため。全体的に見て非公開求人がそれなりの数があり、年収の高い案件を数多く保持している優秀なエージェントでもあります。

転職希望者の職務経歴書を本部のヘッドハンターが参考にしながら、直接スカウトの活動を行うという面で、その他の転職エージェントとは一線を画していると言えます。

また、この手の転職エージェントとしては極めて珍しく利用者から利用料金を徴収するというスタイルを取っています。その分、情報の質や応募者のために必要な処置を講じているようです。

公開されている求人数も多く、約95000件ほどの求人案件を保持しています。この数が、大手の転職エージェントとほぼ同様の数を誇っています。

それでは、株式会社ビズリーチに関するよい評判と悪い評判の双方について確認していきましょう。

株式会社ビズリーチのよい評判とは

それでは、株式会社ビズリーチの転職エージェントとしてのよい評判とはどのようなものがあるのでしょうか。

ビズリーチは、基本的に年収およそ700万円程度以上を基本とする求人案件しかないハイキャリア専門の転職エージェントです。そのため、これを基本とするよい評判が数多く集まっています。

以下のような評判があります。

  • ヘッドハンターからの色々な情報を比較検討できる
  • 有料のため、情報の質に定評がある
  • 無料会員でも有効に使うことができる
  • ハイクラスの求人が多い
  • 今まで知らなかった仕事と出会うことができた
  • 企業の社長から直接スカウトされることもある
  • 自分の市場価値がわかる

では、各コメントについて確認していきましょう。

ヘッドハンターからの色々な情報を比較検討できる

最初に紹介するコメントは、ヘッドハンターからの色々な情報を比較検討ができるというものです。これは、転職希望者がヘッドハンターと呼ばれるエージェントからのスカウトを受けることでサービスが成立している業務形態であるためです。

通常の転職エージェントでは、転職希望者がそれぞれの転職エージェントに登録し電話で面談を行い適性を図った上でいくつか求人案件を提示し、それを転職希望者が主体的に選択をするということが基本になっています。

あくまで紹介はするものの、応募から先の過程はサポートはするものの基本的には転職希望者の能動的な取り組みにかかっているためです。あくまでお膳立てをするにすぎず、内定を獲得できるかどうかは転職希望者自身にかかっています。

この点でビズリーチは大きく違います。ヘッドハンターからのスカウトをもって採用が決まるためです。他の転職エージェントと比べて、自らの情報を登録してスカウトがかかるのを待つという、あくまで受動的なスタイルなのです。

そのためいったんビズリーチに登録すると、登録内容にもよりますが多くのヘッドハンターが自分の持っている求人案件を紹介してきます。そのため、その過程でヘッドハンターからさまざまな情報を獲得することができるのです。

どのヘッドハンターも転職希望者を新しい職場に転職させることができれば、手数料として報酬をもらうことができます。そのため、さまざまな手法を使って転職希望者を転職させようとするのです。

この辺りの点は、通常の転職エージェントと大きく異なることはありませんが、ヘッドハンターのほうがより強力に転職成功という目的に対してプッシュをかけてきます。そのため関連するさまざまな情報を過程で知ることができるのです。

転職希望者から見ればこの点が大切なポイントであり、多くのヘッドハンターから提供される情報を比較検討し自分の転職に役立てられる、という点が最大のメリットのようです。

有料のため情報の質に定評がある

次に紹介するコメントは、有料のため情報の質に定評があるという内容です。これは、賛否両論あるビズリーチの大きな特徴ですが、このコメント内ではよい側面として次のように記載されています。

通常の転職エージェントでは、利用者がお金を払うことはありません。そのかわりに、求人広告を載せている企業が広告料を払うことによって、各転職エージェントの運営が成り立っています。

しかし転職エージェントとしては、本来ならば転職希望者の立場でサイトを作成および運営しなければなりませんが、どうしても資金と求人広告を掲載してくれる企業の意向を反映させなければならないことも少なくありません。

その結果求人広告としてはよくても、転職希望者から見た場合には非常に見づらい、もしくは使いにくい転職エージェントやサイトになってしまうことが少なくありません。結果的に徐々に利用者数が減少していくことになります。

上述の点があるために、ビズリーチでは無料利用もありますが本格的なサービスは利用料を徴収して、企業側ばかりに目を向けるのではなく利用者の視点に立ったサービスを提供することができるようにしているとも述べられています。

そして情報の質に対しても、企業側の状況ばかりを反映させた情報ではなくビズリーチが独自に調査した転職希望者のための情報も反映されているので、こうした意味でも利用料を支払う価値があるとも述べられています。

無料会員でも有効に使うことができる

次に紹介するコメントは、無料会員でも有効に使うことができるということです。これは、具体的には無料会員であってもメールの確認や返信は行うことができる、という点が書かれています。

転職サイトではあまりありませんが、こうしたネット上の情報を閲覧するためにお金を要求される場合では、無料会員ではそのサービスが売りにしているサービスを利用することが出来ない場合が少なくありません。

登録はできても肝心の求人案件を読んだり確認することができなかったり、1日の閲覧可能数に制限がかけられているといった具合に、転職エージェントのサービスとしてはかなり致命的な制限をかけられている場合が少なくありません。

しかし、ビズリーチの場合にはそのような制限がないためにまずどのようなサービスを受けることができるのか、という点を体感的に学ぶために無料会員で利用することをおすすめしているようです。

そして、自分が本当に応募してきちんと挑戦してみたいと考える求人案件を発見することができたらその時に有料会員にシフトすればよいとも述べられています。

確かにある程度の期間実際に使ってみてから、使いやすいと感じれば有料会員に移行するという方法は合理的でもあり、妥当な考え方であるとも思われます。

ハイクラスの求人が多い

次に紹介するコメントは、ハイクラスの求人が多いというものです。これは、具体的には年収700万円以上程度が対象になります。

リクルートなどをはじめとする一般の大手の転職エージェントの場合は、なるべく多くの転職希望者の要望を満たすような求人情報を多く乗せています。そのため、求人情報に掲載される年収の幅には限界があります。

未経験でもOKな職務内容から、中間管理職程度までの求人案件の募集が一般的であり園以上のレベルは掲載されていないことが普通です。なぜならば、そのようなハイキャリアの求人は一部の人にしか適性がないためです。

しかしビズリーチにおいては、ハイキャリアの求人を専門に扱うというコンセプトで運営されているために、一般の転職エージェントでは扱っていないさまざまな求人情報を扱っています。

このため、既存の転職エージェントで自分が満足のいく求人案件を発見することが出来なかった場合に、ビズリーチで扱っている条件の良い求人情報が役にたったということがコメント内で述べられています。

今まで知らなかった仕事と出会うことができた

次に紹介するコメントは、今まで知らなかった仕事と出会うことができたという面があります。これは、ヘッドハンターの営業努力によるところが大きいとも思われます。

ビズリーチではヘッドハンターが積極的に転職者を転職させることを貪欲に狙っている環境であるために、多くのヘッドハンターが業界や業種に寄らないさまざまな職種を紹介してきます。

通常の転職エージェントではある程度適性を見極めた上で業界や業種、企業数を絞って紹介することに対して、ヘッドハンターの場合には特にその区分にこだわらずに紹介しているようです。

そのため、中には存在を知らなかった求人案件を紹介されることもあるので、こうした点でよい影響を受けることがあるという点でよいコメントとして掲載されているようです。

企業の社長から直接スカウトされることもある

次に紹介するコメントは、企業の社長から直接スカウトされることもあるということです。これは、ビズリーチ自体にヘッドハンターだけでなく企業の採用担当者やその上が直接関わっているためです。

通常であれば、ほぼ確実に転職エージェントに所属するエージェントを通して採用は行われます。そうでなければ、転職エージェントの存在価値がまったくなくなってしまい、エージェント自身も旨みがなくなるためです。

しかし、ビズリーチの場合は若干異なります。ヘッドハンター自身がとある企業の社長であったりするケースもあります。これが、事実上の直接採用の理由でもあります。

ビズリーチのヘッドハンターは、多種多様な経歴を持つ人々で構成されている関係上、その質はピンからキリまで極めて幅が大きいことでも知られています。

優秀なヘッドハンターとそうでないヘッドハンターの違いが極めて大きく、どのヘッドハンターからスカウトを受けるかによって情報の信頼度や、求人のレベルが異なるということもあるようです。

そのため運のよい登録者やきちんとした登録内容の人には、結果的に企業の社長から直々の採用を受けることもあり、その分極めて高い報酬条件を提示された上で勤務することもできるようになっているようです。

自分の市場価値がわかる

次に紹介するコメントは、自分の市場価値がわかるというものです。これもまた、上述にもあるヘッドハンターとの交流を通じて自分の中で感覚的に理解していく部分でもあります。

転職を何度しても、自分の市場価値をお金に換算した時に正確に理解している人はあまりいません。むしろ、自分の市場価値をどのように把握してよいかわからないという人のほうが多くいます。

とある応募者の市場価値は常に変化しています。どのような職歴を備えておりどのようなスキルを持っているかによって大きく変わりますが、それでも何年も前とスキルレベルが同じだからといって市場価値が全く同じではありません。

これらの市場価値は人と人との交流の中で決まります。そして、こうした情報に敏感な存在がビズリーチのヘッドハンターをはじめとする転職エージェントに所属しているエージェントたちです。

彼らは応募者の市場価値を正確に把握して適切な場所に仕事を紹介して、その手数料をもらう商売をしているためです。年収の○%という形での報酬が多いために、できるだけ高い年収を稼げそうな人材を常に探しているという側面もあります。

転職希望者も、ビズリーチを使用して転職活動に取り組む過程で多くのヘッドハンターと面談します。その過程で自分に対するさまざまな評価が下されます。その過程を通じて自分の市場価値を把握することが可能なのです。

1人のヘッドハンターからだけでは情報の正確度合いは不十分ですが、それが増えていくにつれて情報の精度は自然と上がっていきます。これが、結果的に自分の市場価値をより正確に把握することに繋がっていくのです。

この点がコメント記載者にとっては大変助かったとありました。それだけ、多くの人が自分の市場価値がどの程度のものかを知りたがっているということが分かります。

株式会社ビズリーチの悪い評判とは

では、次に株式会社ビズリーチの悪い評判について確認していきましょう。

多くは、ビズリーチがハイキャリア専門の求人を扱う転職エージェントであることと、他にはない有料であることが原因になっていることが多いです。

以下のようなコメントがあります。

  • 学歴だけで声をかけられる時があった
  • 有料プランに入らないと醍醐味が味わえない
  • 無料プランだと一般の転職サイトと変わらない
  • 急な転職活動には不向き
  • 情報収集はヘッドハンターに依存しがちである
  • 質の悪いスカウトもある

では各コメントについて確認していきましょう。

学歴だけで声をかけられる時があった

初めに紹介するコメントは、学歴だけで声をかけられる時があったというものです。これは、ビズリーチに登録する人は総じて優秀な人が多いためにヘッドハンターから声掛けが合っても、実際にうまくいくとは限らない例でもあります。

学歴がよいからといってどのような業界でも勤務することができ、実績を上げることができるわけではありません。人には向き不向きがあり、歩んできた経歴も全く違います。そのため、実際に転職を考える業界や業種には限りがあります。

この点を考慮しないヘッドハンターがいることが問題であると述べられています。

ヘッドハンターの中には、有名大学卒業であればとりあえず声をかけてみるというスタンスで活動している人もいます。転職希望者が実際に面談してみると、まったく興味のない業界や業種の求人案件を紹介されることがあったようです。

そのため上述のような体験を踏まえて、何人かのヘッドハンターは学歴だけを判断材料として声掛けを行っているのではないか、と述べられています。

有料プランに入らないと醍醐味が味わえない

次に紹介するコメントは、有料プランに入らないと醍醐味が味わえないというものです。これは、言い換えればフルにサービスを活用することができないということを表しているものと思われます。

ビズリーチは有料で利用することを前提とした転職エージェントです。そのため、無料利用はあくまでお試しに過ぎず、本気で求人案件をヘッドハンターから待つのであればきちんと有料登録しないと数がこない、というコメントがあります。

有料プランに入るメリットと、無料会員でサービスを受け続けるメリットとどちらがよいのかを個々人の状況に合わせて利用するべきであると考えられます。

無料プランだと一般の転職サイトと変わらない

次に紹介するコメントは、無料プランだと一般の転職サイトと変わらないというものです。これは、ビズリーチの特徴であるハイキャリアの求人の紹介を受けられないという内容を述べているものと思われます。

ビズリーチでは、自ら能動的に転職希望者が活動するのではなくヘッドハンターからの一本釣りを待つスタイルで転職活動に取り組みます。そのため、ビズリーチとしてもサービス上有料会員を優先することはある意味必然であると言えます。

そのため無料プランの場合では、ビズリーチの最大の特徴である優良なハイキャリア案件を紹介してもらいにくくなるということが述べられています。

確かにビズリーチはその1点において極めて優秀である転職エージェントになるので、この点が利用できなくなるのではあれば無料会員で利用するよりも、他の転職エージェントを用いたほうがよい結果を出せる可能性が高まります。

急な転職活動には不向き

次に紹介するコメントは、急な転職活動には不向きであるという点です。これは、ビズリーチの転職活動スタイル上やむをえない点でもあります。

転職希望者が転職する理由はさまざまですが、同時にその期間もさまざまです。長期的に活動したい人もいれば、1日でも早く別の職場に移りたいと考えている人もいます。この1日でも早く移りたい人には不適であると述べられています。

その理由はビズリーチがヘッドハンターのシステムを採用しているためです。つまりヘッドハンターからのアプローチを待たなければならないために、必然的に時間は必要になるということです。

すぐにヘッドハンターから声をかけられ採用まで至る人もいますが、全体から見ればごく少数の割合でしかありません。そのため、ブラック企業で勤務しており身の安全のためにいち早く転職したい、といった人にはおすすめできないのです。

こうした人には、通常のリクルートなどをはじめとする転職サイトを利用することがオススメになります。大手の転職エージェントであればあるほど、上記のような典型的な転職希望者の要望に応える体制が整っているためです。

情報収集はヘッドハンターに依存しがちである

次に紹介するコメントは、情報収集はヘッドハンターに依存しがちであるというコメントです。これは、その他の転職エージェントでもよく発生する問題点でもあります。

その他転職エージェントの場合には、情報を担当エージェントからしか手に入れることができない、という解釈になります。これは転職エージェント系であれば似た内容になっているために、ビズリーチのみの問題点ではありません。

ただし実際に情報が少なくて視野が狭くなる恐れもあるために、実際に活動する時には別の視点からのアドバイスが必要になります。そのため、2つ以上の転職エージェントを用いて常に比較対象を作っておくことが必要です。

自分の応募情報を審査してもらった時に2つ以上の転職エージェントで評価されれば、その分ミスマッチや間違いを大きく減らすことができるようになるためです。

質の悪いスカウトもある

次に紹介するコメントは、質の悪いスカウトもあるということです。これは、ヘッドハンターそのもの質に関連している問題です。

先述のとおりヘッドハンターは、転職エージェントのエージェント以上にピンキリが激しいです。優秀な人は優秀な案件を紹介できる権限を持っていることに対して、逆の場合は劣悪な求人案件しか持っていない場合があります。

中にはブラック企業の求人を平気で紹介してくる場合もあります。そのため、ヘッドハンターの情報を鵜呑みにせず、自分で裏を取ることが大切です。

最後に選択するのは自分です

株式会社ビズリーチに関連するよい評判と悪い評判から、どのような転職エージェントなのかをまとめましたが、インターネットで判断することには限界があることは周知のとおりです。

ハイキャリアな求人を専門に扱っていることは確かですが、一方でヘッドハンターの質はピンキリであるために、このあたりは自分で判断する必要があります。

どのヘッドハンターの情報を信用して行動するか、という点がビズリーチを利用する上では最も大切な部分になってきます。そのため、この意味で最後に自分の行動を決定するのは自分であることを忘れてはいけません。

自分にとって最良の転職活動になるように努力して取り組むようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月15日 00:06 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop