キャリアカーバーの評判。エージェントを指名できる&対応が丁寧

0 コメント
twitter
はてな
facebook

自分が利用する転職エージェントを決めるための情報として、評判を知りたいあなた。インターネット上に掲載されている口コミなどから、どのような転職エージェントなのかを判断したいですよね。

もちろん、インターネット上の情報であるために真偽はよくても半信半疑程度であり、まったくのデマの情報も存在します。

しかし何回も述べられている内容に関しては信頼度が高いと判断することもできます。多くの人が似たような感想を抱いているという事実は、信用性がそれだけ高いと見なすことができるからです。

今回は、キャリアカーバーに焦点をあてて、よい評判と悪い評判の双方からどのような転職エージェントなのかをまとめました。

キャリアカーバーとは

初めにキャリアカーバーとはどのような転職エージェントなのかを確認しておきましょう。

キャリアカーバーは、リクルートキャリアが提供しているハイキャリアの求人案件を専門に扱っている転職エージェントになります。

ヘッドハンターのシステムを採用しており、ビジネスパーソンがレジュメとして職務経歴書の内容を登録しておくと、その内容を確認したヘッドハンターからスカウトが来ることが特徴です。

また転職希望者側からも、リクルートキャリアと提携を結んでいる全てのヘッドハンターのプロフィールを参考にして、相談したい相手を選ぶことができるというサービスもあります。

では、このような特徴を持ったキャリアカーバーがどのような評判を受けているのかをそれぞれ確認していきましょう。

キャリアカーバーの良い評判

最初にキャリアカーバーのよい評判について確認していきましょう。

リクルートキャリアと提携を結んでいることから情報の質と量が深く、ハイキャリア向けの求人案件を多数扱っていることによるよい評判が多くあります。

次のようなコメントがあります。

  • 担当エージェントを指名することができる
  • 受け身の姿勢でヘッドハンティングを待つことができる
  • 多くのハイキャリア案件がある
  • サポート体制も充実している
  • 具体的なキャリアプランニングをしてくれる
  • レスポンスが早く連絡が細かい

では各コメントについて見ていきましょう。

担当エージェントを指名することができる

最初に紹介するコメントは、担当エージェントを指名することができるというものです。これは公式サイトの紹介にあるとおり、目玉にしているサービスの1つでもあります。

一般の転職エージェントでこのようなサービスを受ける場合には、例え大手のリクルートやマイナビであっても、担当してくれるエージェントを自分で指名することはできません。

中小企業の転職エージェントの場合にはやや基準が緩くなりますが、それでも大手の場合には面談にたどり着くまでが最初の難関であるために、転職希望者側は文句を言えるような立場にないことも問題になっています。

担当してくれるエージェントが、転職希望者の希望する業界に詳しい場合はよいのですが、多くの場合は専門性にやや欠ける部分があるのです。

キャリアカーバーではこの点を鑑みて、転職希望者が自ら担当してくれるエージェントを指名することができるというシステムを備えています。

リクルートキャリアと提携を結んでいるヘッドハンターを、経歴や得意分野などを判断して担当エージェントになってもらうように依頼することができるのです。このため、より転職希望者の専門性を活用することができるようになります。

転職を成功させることができる可能性が一気に上がるために、多くの人からよい評判として記載されていることもまた大きな特徴です。

受け身の姿勢でヘッドハンティングを待つことができる

次に紹介するコメントは、受け身の姿勢でヘッドハンティングを待つことができるというものです。これは、主体的に動きつつも受動的な待ちの姿勢であっても転職することができる可能性があることを示しています。

一般的な転職エージェントでは、例えそれが中小企業系であれ大手の転職エージェントであれ自ら主体的に動くことが求められます。エージェントから求人案件を紹介されてその後どうするかはすべて自分の行動にかかってくるためです。

登録を済ませても自ら活動しなければ、何も結果が発生せず意味のないものになってしまうという点が通常です。

しかしここにキャリアカーバーが一般的な転職エージェントと大きく異なる点があります。具体的には、ヘッドハンティングのシステムを採用しているためにまったく何も活動しなくても転職できる可能性があるということです。

もちろん実際には主体的に通常の転職エージェントと同じように活動して、求人案件の紹介を受けた上で選考に臨んでいく必要があります。ただしこれに加えてヘッドハンティングの可能性もある、という点が優れているポイントです。

少しでも優良な条件で転職できる可能性が上がる、となれば多くの人から高い評価を得ることは決して不思議なことではないことが分かります。

多くのハイキャリア案件がある

次に紹介するコメントは、多くのハイキャリア案件があるという点です。求人数の多さが転職希望者からの高い評価をもらっているということになります。

求人数は常に4000件は保持しており、その多くは非公開であるようです。この数は大手の転職エージェントには満たないものの、中小企業の転職エージェントに比べればはるかに多くの数を保有しているという評価になります。

また大手の転職エージェントが保有している求人数が多い理由は、質にこだわっていない面があるためです。幅広く全ての業界と全てのレベルの求人案件を集めれば、容易く10万件程度までなら増やせるためです。

キャリアカーバーでは、ハイキャリア専門という属性があるために条件の悪い求人案件は予め排除されています。この点があるために、数字としては劣るものの優良な求人案件が多く集まっているのです。

サポート体制も充実している

次に紹介するコメントは、サポート体制も充実しているというものです。このサポート体制とは各種書類の作成から面接対応までを含めています。

転職エージェントの評判を決めるものとして、取り扱っている求人数とサポート体制の充実さが挙げられます。それほど、多くの転職希望者が具体的かつ充実したサポート体制を求めているのです。

しかし転職エージェントによってこの部分をサポートするかは千差万別です。求人案件だけを扱っている転職エージェントも存在しますし、サポート体制を作っていてもエージェントからのアドバイスが全く役立たない場合もあります。

この点で、キャリアカーバーは自己PRや志望動機、職務経歴書などをはじめとする書類作成に対してのアドバイスに定評があります。多くのコメント内で、極めてアドバイスが的確で大変役立ったという趣旨が述べられています。

また面接に対しても、転職希望者が面接に臨んだ際に確認される部分を細かくリストアップして指導に活用している関係から精度が高く、的を得た回答をすることができるようになるようです。

こうした点は多くの人から高い評価を受けています。それだけ、転職希望者の多くは第3者からの意見と助言を求めていることがわかります。

具体的なキャリアプランニングをしてくれる

次に紹介するコメントは、具体的なキャリアプランニングをしてくれるというものです。これはとある1回の転職活動のみならず、その後の具体的なキャリアに対してもアドバイスをしてくれるというものです。

多くの転職エージェントでは、1人当たりのエージェントが担当している転職希望者の数が極めて多いために、転職に成功すればその後のことについては関知しないことが一般的です。

エージェント側も次の転職希望者をどんどん処理していかなければならない、という面があるために致し方ない部分でもあります。

この点で、ハイキャリア向けの求人案件を扱っているだけあってキャリアカーバーでは、転職に成功した後も一定の期間ごとにフィードバックや、キャリアプランニングに対するアドバイスがあるようです。

ハイキャリアに行けばいくほど、自分の仕事のキャリアの方向性をブレないように調整していく必要性が高まってきます。上に昇進していけばいくほど高い専門性と知識、そして経験が求められるようになってくるからです。

この点でキャリアカーバーは、転職希望者からの多くの要望を満たしているために高い評価を得ているのです。

レスポンスが早く連絡が細かい

次に紹介するコメントは、レスポンスが早く連絡が細かいというものです。これは転職エージェントとしての基本的なサービス部分の質が高いということを意味しています。

多くの転職エージェントでは、転職希望者からの質問や要望には可能な限り応えるように心がけています。それが転職エージェントとしての評判を大きく左右するためです。

しかしレスポンス自体の速さまでは保証していないことが多いようです。これは、エージェント1人当たりの抱えている転職希望者によって変動するためです。また、その転職希望者の優先度合いにも左右されるためです。

当然ですが、有望だと見なされた転職希望者のほうがより早くレスポンスを受けることができます。この面は物理的な制約がある以上仕方のない面ともなっています。

しかし、こうした点があるにも関わらずキャリアカーバーのエージェントは、レスポンスが極めて早いことで知られています。即日に連絡が来ることもあるほどのようです。

そして要点を押さえて実際の面談に繋げていけるほどきちんとした訓練を受けているようです。この点も、多くの転職希望者が評価するポイントになっていると言えるでしょう。

キャリアカーバーの悪い点

ではこうしたさまざまなよい評判があるキャリアカーバーですが、反対に悪い評判にはどのようなものがあるのでしょうか。

多くは、ハイキャリアを専門に扱う転職エージェントであることと、ヘッドハンティングの方式を採用していることによる不満点があるようです。

以下のようなコメントがあります。

  • 急ぎの転職にはむかない
  • 情報はエージェントに頼ることになる
  • 市場価値が低い人には不向き
  • サイトが全体的に見づらい
  • 微妙なヘッドハンターもいる
  • 企業の採用担当者からの直接オファーがない
  • 学歴だけで判断されている時があった

では、それぞれのコメントを確認していきましょう。

急ぎの転職にはむかない

最初に紹介するコメントは、急ぎの転職には向かないという部分です。これは、転職エージェントとしての活動方式にヘッドハンティングのシステムが含まれているためです。

ヘッドハンティングの方式は、上記でも紹介した通り自分の職歴や自己PRをキャリアカーバー上に登録して、ヘッドハンターからのスカウトを待つ方法になります。

当然ですが、待つ必要があるために急いで転職先を決めたいと考えている人には全く不向きです。また、ハイキャリアであるほど次のキャリアに大きな影響を与えるために、この意味でも急いで転職することは避けたほうが無難です。

こうした意味合いを含めて、すぐに他の職場に転職したいと考えている人には全くおすすめできない転職エージェントであることが述べられています。

情報はエージェントに頼ることになる

次に紹介するコメントは、情報はエージェントに頼ることになるというものです。これはヘッドハンティングの方式を採用している転職エージェントによく見られがちな弱点となります。

主体的に動いて探すこともできますが、多くの場合主体的に動いて得た情報は公開されている情報になります。そのため、こうしたハイキャリア求人を専門に探している転職希望者にはあまり意味のない情報であることが多いのです。

この点で、このレベルの転職希望者が欲しがっている情報は主に転職エージェントやヘッドハンターから入手することになります。そのため情報源が限定されてしまうことが問題点であることが述べられています。

優秀であっても、情報の入手先を2,3か所は異なるポイントから集めるようにすることによって、情報の精度を高めることができます。特定の個所からのみの情報に頼った転職活動には若干の危険が伴うためです。

市場価値が低い人には不向き

次に紹介するコメントは、市場価値が低い人には不向きであるということです。これは、基本的にキャリアカーバーが扱っている求人案件が、ハイキャリア向けの内容が多数を占めていることが原因です。

コメント内では、現在の年収が最低でも600万は稼いでいないと求人案件に応募することは厳しい、という趣旨が述べられています。一般的にハイキャリア案件は年収700万円レベルからであることを考えると、妥当な線であるとも考えられます。

そのため、一定の経験を積んで現在の年収も平均よりは上の金額を稼いでいる人だけが使いこなすことができる、という意味だとも考えることができます。

サイトが全体的に見づらい

次に紹介するコメントは、サイトが全体的に見づらいというものです。これは運営サイト自体が、転職希望者の視点から見て使いにくいものになっているという面があるようです。

キャリアカーバーに限りませんが、サイトの利用しやすさや設計などの点で転職希望者の目線に立っていない場合があります。この点で不満が出てくる場合があるのです。

例としてスマートフォンからログインできない、パソコンからアクセスしても接続しにくいといった内容が挙げられます。サイト構築にお金をあまり使っていない転職エージェントには見られがちな特徴でもあります。

提供しているサービスの質に即繋がるわけではありませんので、判断の目安の一つにする程度の用い方で構わないかと思われます。

微妙なヘッドハンターもいる

次に紹介するコメントは、微妙なヘッドハンターもいるというものです。これはキャリアカーバーに所属するエージェントの中にはあまり魅力的ではない人もいるということを述べていると思われます。

どれだけ優良な転職エージェントであっても、実際に転職希望者に直に接するのはエージェントやヘッドハンターになります。つまり人になるので、この部分にはよい人と悪い人が大きく分かれている場合が多いことが特徴です。

また相性もあるために、とある転職希望者には適切であったヘッドハンターが別の人だとまったくうまくいかない、ということもあり得ます。このような面まで判断に入れる必要があるのです。

しかし、微妙と評されるヘッドハンターには明確に悪い点があることが多くあります。例として挨拶をしない、業界に対する知識が深くない、アドバイスがお説教のよう、といった誰が見ても悪い評価をつける人の場合が多いのです。

キャリアカーバーでは、自分の意思で面談したいヘッドハンターを選択することができるシステムがあるために、この点をフルに活用して適性がないと判断したら次のヘッドハンターとの面談に臨む事が大切です。

企業の採用担当者からの直接オファーがない

次に紹介するコメントは、企業の採用担当者からの直接オファーがないというものです。これはヘッドハンティングの方式を採用している転職エージェントでも、備えているところと備えていないところがあります。

転職エージェントによっては、ヘッドハンター自身が採用担当者であることも多く、面談したその場で採用を決めることができる場合があります。採用の権限をもっている人事の重役が登録していることもあるためです。

このような機会が多いと、その分だけ転職希望者にとってはいきなり採用通知をもらうことができる可能性も出てきます。そのため、転職希望者の視点から考えると採用担当者からの直接オファーがあるかどうかは重要な事項でもあります。

しかし残念ながらキャリアカーバーには、そのような仕組みはないようです。そのため、この点で不満を述べている人も多くいます。

しかし転職エージェントのキャリアカーバーとしては、間にエージェントなりヘッドハンターなりを通してもらわないと、企業としての利益にはならないためにこの点には一定の理解を示すことができます。

転職エージェントは慈善事業ではなくあくまで利益を追う営利団体なので、その点はサービスを享受している転職エージェントとしては、妥協する必要がある場面もあるのではないかと考えられます。

学歴だけで判断されている時があった

次に紹介するコメントは、学歴だけで判断されている時があったというものです。これはヘッドハンター側の問題であり、スカウトの時に発生する時がある問題です。

キャリアカーバーを利用することができる転職希望者は、総じて学歴的にも優れていることが多いです。東大や京大を初め、早慶上智といわれる誰もが難関大学だと認めるところの出身であることが多いのです。

この点で声をかけてくるヘッドハンターの中には、職務経歴を確認せず学歴だけで判断していることがあるそうです。

例として、早稲田大学の出身という理由だけで面談の予定を組まれたが、実際に面会してみると自分のまったく興味のない業界の求人案件を受けることをすすめられた、といった具合になります。

そう多くはありませんが、このように転職希望者の適性や希望自体にはまったく触れず、ヘッドハンターにとって親和性のある要素だけを取り上げて求人案件を無秩序に紹介してくる、というケースがあります。

このようなケースでは、例え転職することはできても待遇などのさまざまな点で納得することは難しくなることが多いために、その点には注意する必要があります。

ハイキャリアを目指したい人におすすめです

キャリアカーバーのよい評判と悪い評判からどのような転職エージェントなのかをまとめましたが、基本的には現状で年収600万円程を稼いでいる状態でなければ、満足な結果を出すことは難しいと考えられます。

最低でも700万円程度からスタートし、1000万円台の年収にのる求人案件が極めて多いためです。そのため、転職希望者自身にも最低限備えておくことを要求されるレベルがあります。そのレベルが世間一般と比較すれば極めて高くなるのです。

これらの点があるために、原則としてハイキャリアを目指したい人におすすめすることができます。ハイキャリア求人を目指したい人にしかおすすめできない、と考えたほうが無難です。

そのため、キャリアカーバーを利用したいと考えた時には、自分の転職を通じて達成したい目標が年収アップやさらなるキャリアアップを狙いたいと考えている場合にのみ利用するようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月17日 10:04 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop