転職したいけど…できない理由&不安な気持ちを解決する転職ガイド

働いているとどうしても転職しようかどうか悩む時期というのがやってきます。

今の環境に不満がある、もしくはないけど更にステップアップしたいなど転職の理由は様々でしょう。ですが、そういった転職したい願望はあっても行動出来ない人は沢山います。

ここでは転職できない人にありがちな理由や傾向と転職のメリット、そして転職する必要があるのかどうかもまとめていきたいと思いますよ。

転職したいけどできない理由

人によって転職をしたいけど動けない理由は大きく違ってきます。

それは環境的な問題かもしれませんし、精神的な問題かもしれません。

ここでどういったものが転職の妨げになっているかを押さえていきましょう。

退職する職場・上司に言いづらい

いざ退職して新たな会社に転職しよう!と思っても言い出せない理由に、お世話になった上司等に言いづらいというのがあります。

それは心の中で『裏切ることになる』という心理状態が働いているせいでもありますね。実際はみんなその場になったら送り出してくれるのだろうけど、心の中ではどう思われてるんだろう。

そんな不安が足かせとなってしまうことが多いんですね。人を傷つける結果を負ってまで転職する意味があるのか、そこを天秤にかけてしまうとずっと動けなくなってしまいます。

性格的に物腰軟らかく、頼まれたことを断れないような優しい、面倒見の良い方が陥りやすい傾向にありますね。

経済的に不安で転職できない

いざ動こうと思っても、転職先が決まったあとに満足な生活が出来るのか、その保証がないと動けなくなってしまう人は沢山いらっしゃいます。

特に今現在の会社の給与面に不満がある方は、貯金なども難しい状態になりやすいですから、動きたくても動けない時間が続いてしまいがちです。

親や家族に相談するのも手かもしれませんが、心配を余計にかけてしまうのが嫌な人も多いですから、転職したい気持ちだけ抱え込んで我慢してしまう人も多いです。

ほんの少しでも貯金できるのが一番ですが、簡単なことではありませんね。

時間的余裕が作れない

そもそも今の現場の仕事が忙しくて転職活動をする暇もないという方もいらっしゃるでしょう。休みの日は文字通り休むしかない程の激務に追われていれば転職に使うエネルギーは残っていません。

その時間的余裕が欲しいから転職したいという人が多いのですが…まさにジレンマというやつですね。有給休暇などを上手に使って転職活動を行えるかどうかが、成功の鍵を握っていると言えるでしょう。

時間の使い方に精一杯気を遣う必要がありますから、精神的にも疲れてしまうかもしれません。結局それだったら今の環境でいいかと妥協するかしないかはその人次第です。

責任ある立場になり動きにくい

既に今現在、責任のある立場を任されている場合、なかなか転職しますと言い出せないというのはよくある話です。

キャリア的には転職しようと思えばできるだけのポテンシャルはあったとしても、自分が抜けた後の穴を会社がどうやって埋めていくのか…後の事を考えると自分がいた方がいいと思ってしまいがちですね。

待遇も良くなっている可能性が高いですから、それを蹴ってまで新たな環境に乗り出すべきかどうか、主に30代後半からこういった悩みは多くなってきます。

どちらが正解とも言いづらい分、難しい問題です。

転職で得られるメリット

転職を無理にでもしようとするか、現状維持を貫くか。

それを考えるには、自分が今転職することで得られるメリットを押さえる必要があります。

なんで自分が転職をしたいのか、多くの方が望むその転職への期待とメリットについていくつかまとめていきましょう。

今の環境からの脱却

もし今あなたがお給料に不満があるなら、もし今あなたが残業まみれな生活だったら。

そんな環境を変えたいと思うなら、一番手っ取り早いのはその企業を離れることです。もちろん辞めることもその選択肢の一つですが、それでは生活が危ういですからね。

やはり転職の道を選ぶのが安定を取りつつも環境を変える手段と言えるでしょう。変えたいと思うものが多いのなら、なおさらです。

全く違うジャンルに携われる機会を得られる

今続けている仕事をこれからずっと続けるイメージが持てますか?10年、20年、それだけ時間が経っても同じ仕事を続けているでしょうか?

恐らくほとんどの人が即答はできないはずです。事実、同じ仕事をずっと続けている人のほうが少ないと思います。特に若いうちは。

自分が向いている仕事じゃないかもしれない、もっと他の仕事に目を向けてみたい、その好奇心は人生を大きく変えるだけの力があるものです。

その気持ちを押し殺してその会社に務め続けるか、自分の可能性を追い求めるか。どちらが正解というわけではありませんが、自分が求めるものを考えるのも大事ですよ。

将来性のある企業にチャレンジできる

自分が所属している会社で働き続けることにメリットはありますか?そう聞かれた時にすぐイエスと答えられないような会社にいるのであれば転職したほうが良いでしょう。

将来性のない企業で長く務めても正直言って時間の無駄となることの方が多いです。それだったら同ジャンルで自分の経験が活かせる他企業を探したほうが良いです。

それこそ10年後の姿がそれによって大きく変わるでしょう。まだ動ける年代の人は特に、将来性があるかどうかはよく調べておいたほうが良いですね。

経験を生かして早期の昇進が見込める

これまで働いてきた経験が、別の企業に移った瞬間にとても役に立つことがあります。

例えば5年間平社員だったとしても、別の企業に転職したら1年で役職をもらえたなんてことだってありえない話ではないんです。

今の会社で上に昇ることが難しいと感じるのであれば、もう少し規模の小さい会社や昇格の期待が持てる会社に移る事を考えるのも大切です。

無理に転職する必要はあるか

これらの転職のメリットを考えてみて、本当に転職する必要があるのかと思った人もいると思います。

もちろん動かなくて良い場合もありますから、どういった場合だと転職しないで今の仕事を続けるべきなのか、ここで考えてみましょう。

安定志向なら動かない方が良いことも

転職するということは、失敗するリスクも同時に背負うということです。

その失敗のリスクを負わずに安定を取るのはそれも大事な選択ですよ。

長く働くことで得られる信頼はかけがえのないものになりますし、給与面や役職で優遇されることも多いですから、徐々に徐々に、しっかりと確実に昇りつめたい人は無理に転職する必要はありません。

現時点で特に不満が無い場合

今の時点で特に大きな不満がない場合、無理に急いで転職する必要はないでしょう。ただ、今不満がないにしても、二年後三年後もそうとは限りません。

いつ動いても良いように、しっかりと準備をしておくことは大事です。不満がないからこそ余裕を持って多くの準備ができるはずですからね。

自分の市場価値を確認するのもいいですし、同じ業種の企業を調べるのも良いでしょう。とにかく、今必要じゃなくてもいつか必要になるかも知れない。

現状で不満がない場合は、そう考えるようにしましょう。

転職したい気持ちとメリットをちゃんと比較する

ここまで読んで頂ければ、転職したくてもできないという状況が決して悪い状況というわけではないことが分かって頂けると思います。

大切なのは転職できない自分の心に問いかけて、本当に転職が必要かどうかを比較・判断をすることです。

転職できない事で焦るのではなく、その必要性を考えるようにして下さいね。