ビジネス

就職が決まらない、内定が出ない人の特徴(新卒・既卒・転職)

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事は、就職が決まらない、内定が出ない人の特徴をテーマに紹介しています。

また新卒(高卒、大卒)・既卒、ニート・30代などの状況から内定をもらう為にするべきポイントもまとめていますので、是非参考にしていただければと思います。

 

新卒(高卒・大卒)で就職が決まらない、内定が出ない人の特徴

企業の研究や志望動機が不十分

新卒というチャンスで就職が決まらない場合、多くの場合、就職希望先企業の研究や志望動機などの内容や理由が不十分であることが多いです。

面接時の面接官からの企業の理念や企業の取り組みなどの質問をされることが多いなか、それらに曖昧な返答をしてしまうのはマイナス評価となります。

書類選考時の志望動機は他の就活生も相当な対策や理由を記載してきます。

この時にも、どうして働きたいのかが伝わらない志望動機は他の就活生に比べて印象が劣ってしまい、自然と内定のチャンスを逃してしまう結果となるでしょう。

 

人気企業にばかりチャレンジする

就活前にはメディアの情報などを通して人気企業などのランキングを多々目にする機会が

あるため、自然と人気企業を就職希望先にしてしまう就活生が多いのも現状です。しかし、それらの人気企業は倍率も高いため余程の人材でなければ内定を貰える可能性は少ないでしょう。

内定がでないと嘆いている就活生のエントリー先を見てみれば、名だたる人気企業しか受けてないなどというケースも良くあることです。

 

面接時に質問をしない

面接時には質問をする機会があるでしょう。この面接時の質問はじつは重要であり、ここで就活生の意欲や積極性をみている企業もあります。

難しい質問をする必要はまったくありませんが、自分が思っている疑問を言わないで黙り込んでしまうのも面接時にはマイナスとなります。

直接採用に関わるポイントとまでは行かないですが、質問は積極的におこなったほうが面接時はベストです。

[ad#a]

 

既卒、フリーター、ニートから正社員への就職が決まらない、内定が出ない人の特徴

自己分析ができていない

既卒でもフリーターであっても正社員への採用が決まらない場合は自己分析ができていないケースも多いでしょう。

自分がなぜその仕事に就きたいのか、なぜニートであったのか、マイナス面を持っているのであれば相手先がどの様に自分の印象を受けるだろうか。そしてその印象を自己分析しどの様にすればカバーでき相手を納得させることができるのか、自分自身を客観的に見られていないケースがあるでしょう。

 

面接時の質問が給与や休暇のことばかり

面接時の質問に決まりはありません。

しかし、既卒やフリーター、ニートの方の就活は新卒よりもハンデがあるのが事実です。

その中で、給与や待遇の質問や休暇の質問ばかりするとマイナスイメージに繋がります。

決して疎かにしてはいけない情報ですが、やはり業務内容や意欲的な質問をした方がハンデをカバーできる可能性はあるでしょう。

 

30代で就職、転職が決まらない、内定が出ない人の特徴

目標が明確になっていない

誰しも前職からの経験を次の就職に繋げることができるわけではありません。

しかし、就職希望先になぜ就職・転職したいのか「目標」が明確化されていないと転職時にはマイナスになります。

面接官を納得させる理由や動機をしっかりとまとまっていないと内定を貰えない可能性があるでしょう。

 

物事を決めつけ過ぎている

30代で就職や転職をすれば新卒者よりも何らかの社会経験や人間形成ができてきているのが通常です。

その為、学生よりも頑固になりがちな場合もあり、面接時に柔軟性に欠ける印象を受けられてしまうと内定に繋がらない事となります。

経験がある場合でも前職と転職先では環境も違うでしょう。

郷に入っては郷に従うではないですが、素直さが掛けてはマイナスとなります。

[ad#b]

 

就職が決まらない人におすすめの対策

資格を取得しアピールの材料とする

希望する就職先の業務に関する資格を取得し、面接時や書類選考用のアピール材料とするのも有効です。

特に、資格を取得していないとできない業務などでは就職に有利になるでしょう。

なかには経験がないと意味をなさない資格もありますが、履歴書などで空欄の資格欄よりも記載されている方が印象には残ります。

 

職種の枠を広げる

就職や転職では絶対に事務、絶対に広報など希望する職種にこだわりすぎても就職の可能性を狭めるだけです。

実際に望まない職種であってもその企業に就職したいのであれば時には妥協も必要な場合があります。

 

転職サイトに登録し、キャリアコンサルタントに悩みを相談する

新卒の場合は利用できませんが、既卒やニートからの就職、転職の場合は、現在は転職先を決める際に、転職サイトや転職エージェントに登録をしておくことも対策のひとつです。

転職のプロである、キャリアコンサルタントに自分自身の適性の判定やアドバイスをもらい就職に活かすのも良い方法でしょう。

参考記事:既卒就職サイトおすすめランキング!利用するメリットも紹介!

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 14:00 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop