【体験談】慶応の学生だった頃に起業して、会社を潰した話

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、学生時代に起業した経験のある僕の友人にインタビューした記事を書いていこうと思います。

参考になる話をたくさん聞くことができたため、是非参考にしていただければと思います。

以下彼のインタビュー記事になります。

学生時代に起業をした理由

1つの部署とか1つの会社という、囚われた価値観で生きるのが嫌だった。

もともと親が商売をやっていたため、いつか自分でも商売をやってみたいという思いを幼い頃から、持っていました。

慶応大に通っていたこともあり、僕は大学1年生のときから、幸いなことにトップクラスのサラリーマンに会う機会に恵まれていました。

彼らはゴールドマンサックスや住友商事などの一流企業のサラリーマンであり、年収の面でも日本のサラリーマン屈指といっても、過言ではありませんでした。

しかし、僕の目には彼らが余り魅力的には映りませんでした。

彼らに何か質問をすると、とにかく部署や会社単位で回答をする傾向にありました。「うちの部署ではー、うちの会社ではー」といった話ばかりで、1つの組織という狭い価値観や考え方にとらわれているという印象ばかり受けました。

 

その後、ベンチャー企業でインターンをする。その社長がすごく魅力的に見えた。

僕がインターンをしたのは、とある大手企業出身の人が立ち上げたばかりのベンチャー企業であり、その社長のみでやっている企業でした。

そのベンチャー企業の社長は、立ち上げ当初であったこともあり、当時の年収という面では、ゴールドマンサックスや住友商事の部長クラスの人の足元にも、及んでいませんでした。

しかし、僕の目にはもの凄く魅力的に映りました。

 

この企業だけではなく、色んな企業でインターンや、非営利団体の活動を通して、様々な社会人の人に会う機会があったのですが、自分にとって魅力的に思えるのは、自分でビジネスをしている人ばかりでした。

もちろんお金の面では、確かに一流企業のサラリーマンをしている方が、安定しているしいいのではないかと思いました。

しかし、それに魅力を感じることのできない当時の自分がいました。

 

利益が出る前に会社を設立

起業することを決意した僕は具体的な事業内容が決まり、メンバーが集まると、すぐに会社を作りました。

本来なら、きちんと利益が出てから、法人化するのが普通だと思います。にも関わらず、僕が先に会社を作ったのは、プライドがあったからです。

会社を作った時期は、大学3年生の後半の時期で、周りの友達が就職活動をしている時期でした。

いまさら、就職活動なんてしていられるかという気持ちがありつつも、就職活動をしていない自分への周囲からの視線もどうしても気になってしまったため、先に会社を作ることにしました。

ただ、もう事業内容はきちんと決まっており、企業のサイト作成や基幹システムを構築するサービスを提供するというものでした。

これは本当に恵まれていたとしか言いようがなかったのですが、僕の周りには、同じ慶応の学生でありながら、優秀なエンジニアでもある友達が何人かいました。エンジニアの彼らと、企業を結びつけることで利益を上げようと考えていました。

 

僕には、彼らと違って技術がなかったため、実際に企業が求めるサービスを直接提供することはできませんでしたが、営業として橋渡しをする役割を担っていました。

これまでの3年間の様々な活動を通して、色々な企業の人と知り合いになれていたし、企業からニーズのあるサービスも少しは分かるようになっていたため、営業としてなら、やっていける自信がありました。

[ad#a]

 

順調に利益が上がりだす

一番最初にやった仕事は、とある山手線の駅にある製造業の会社の基幹システムを構築する仕事でした。

この会社は自分の知り合いの人が社長をやっていたため、すんなり契約を取ることができました。

初めての仕事でしたが、エンジニアが優秀であったこともあり、満足してもらえる質のサービスを提供することができました。

 

その後、アプリ事業も始めることにし、とあるアプリを作りました。これは、無料アプリだったのですが、かなり流行り、無料アプリランキングで1位になった時期もあったくらいでした。

ただマネタイズに失敗して、ヒットした割りには、お金にほとんどなりませんでした。

 

メンバー間で揉める

事業以外のことで、僕は、あるメンバーと喧嘩をしてしまいました。

その喧嘩をきっかけに、そのメンバーがもう会社を辞めると言い出しました。

他のメンバーたちにも、動揺が広がり、たまたま事業においても、利益が上がらなくなっていた時期であったため、僕たちのこれまで築いてきた信頼関係も揺らぎ、結局みんな会社を辞めてしまうことになりました。

エンジニアの彼らがいないと、僕が仕事を取ってきても、サービスを提供することができないため、結局、僕は止むを得ず、会社も解散することにしました。

僕が会社を潰したのは、事業そのものがうまくいかなったというよりは、事業を一緒にしている仲間とうまくいかなくなったのが、原因です。

もちろん、社長である僕のスキル以上に、エンジニアの彼らのスキルに頼りきった会社であるというところに、そもそも構造的な問題があったのかもしれません。

 

まとめ

今回の記事では、友人が起業をして、その後、会社を潰した話について書いてきました。

彼は起業に失敗してしまいましたが、借金を背負った訳ではなく、経験が得られたという意味ではむしろ良かったのではないかと思います。

彼が借金や負債を背負うことがなかったのは、基幹システムの構築やアプリ製作などの初期投資がかからず、在庫を持たないビジネスであったというのが大きいと思います。

このようにホリエモンの失敗しないビジネスの4原則にあてはまっていると、小リスクで起業をすることができるため、やってみるのも、ありではないかと考えさせられるインタビューになりました。

もっとも、事業内容を考えるのが、難しいので、簡単にできることでは決してありませんが。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

会社を辞めたい人へ。まずは辞める準備をしよう。

第二新卒の厳しさ。僕が感じた6つの「壁」

 

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 09:26 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop