転職フェア活用術。自分にあった催しの探し方&参加時のマナー

転職フェアは、転職を考えている人であれば1度は参加したことがあるかも知れません。規模に限らず1年を通して開かれています。大規模な転職フェアでは、都心部を中心として開催されています。

自分の興味あるフェアに行ってみることで普段は出会うことのない企業や色々な担当者に出会える機会となります。通常の就職活動の一部として取り入れている学生を含めて、社会人であっても可能性の広がる場にぜひ参加してみましょう。

転職フェアとは

転職フェアとは、複数の企業が一度に集まる合同説明会のことです。大手転職斡旋会社、人材派遣会社、都道府県や市町村が主催となることがあります。また、それぞれの職種分野の専門就職フェアも開催されています。

合同説明会とありますが、一度に集中して各代表者の話を聞くのではなく、各企業ごとブースが設置されています。また、ブーススタイルは様々で、それぞれのブースの特徴は企業の雰囲気と通じるところがあります。

創意工夫されたブース内には、採用担当者や面接官、企業の役員や管理職の方など、募集する担当部署だけでなく関係ある社員が揃っているのが特徴です。

転職フェアのメリット・デメリット

メリット

  • 一度に沢山の企業担当者と出会える
  • 気になる企業の詳細を聞くことが出来る
  • 個別面談が可能
  • 企業で働く人の顔や雰囲気を知ることが出来る
  • 担当者に顔を覚えてもらうチャンス
  • 一度にいくつかの企業にエントリーできる
  • 即入社が決まる場合がある

デメリット

  • 開催場所が遠い場合交通費・宿泊費がかかる
  • 日程が合わないと参加出来ない
  • 大勢の人がいるので集中出来ない
  • 年齢幅が少ない
  • 希望する職種の転職フェアがなかなかない

開催場所と開催時期を調べる

開催場所と時期にはそれぞれの特徴があります。

開催場所は転職先や規模で決めよう

大規模の場合は、東京・大阪・名古屋・福岡など全国各地の中で都心部で多く開催されます。地方で開かれることが少ない点に注意しましょう。都道府県や市区町村が主催の場合は、それぞれの地域での開催となります。

大規模の場合は、転職斡旋企業に登録していると無料で参加できる案内を見つけることが出来ます。

どの場所で転職したいのかで参加する場所が異なるので、興味のある地域の転職フェアに参加できることが一番の近道です。

その他市区町村のホームページや気になる職種の転職フェアをネット検索すると出てきます。

また、知らない土地で開催される場合は充分な時間をもって現地会場に到着しておくことで焦らずに参加出来ます。

開催時期は年度末、年末、夏時期に多い

転職フェアの場合、就職フェアと違って学生対象ではないので、転職しようと考える時期と捉えると分かりやすいでしょう。春や秋頃は季節でいうと始めと中頃となります。

転職活動を含めて、年度末、年末、夏時期の数か月前に開催されていることが多いです。

前年度の開催時期を調べておくと、次年度も同じ時期に開催されることがほとんどなので新年度で掲載が見つからない場合は、考慮しておくと良いです。

計画は、早いところで1年前から開始しています。転職なので社会人、年齢層は幅広く、職種によっては外国人も参加するフェアとなります。

興味ある分野の転職フェアを探す

次に転職したい分野が決まっている場合、その職種を多く取り扱う転職フェアに参加すると良いでしょう。

限定せずに興味のある分野に参加すると、職種や場所によって人や企業のイメージ・雰囲気も異なることに気づきます。

自分にあった企業を知る為にも実際に足を運ぶことをオススメします。また、その分野によっては、都心部に住んでいない方は遠方になることもあります。転職フェアの探し方は、ネット検索が気軽で簡単に探すことが出来ます。

思い切って、今の自分を変えたいと望んでいるのであれば、距離を考えずに場所を選んでみることも視野に入れておきましょう。そうすることで限定せずにフェアに参加することが出来ます。

知人や現地の情報を多く取り扱う人に尋ねる方法もあります。興味ある分野の転職フェアは必ず開催されるとは限らないので、遠方から参加するのであれば多くの企業が参加するものに足を運ぶ方が有意義な時間と情報を入手することが出来ます。

参加申込と持参するもの

申込方法は、

  • ネットからのエントリー
  • 直接応募
  • 電話予約

などで出来るところもあります。

参加費はほとんど無料ですが、参加条件がそれぞれ異なる点に注意しましょう。

大手転職斡旋企業であれば無料で会員登録を済ませた後に、サイトから事前にエントリーする場合があります。参加申込は期日が決まっている場合がありますので、その点には注意しましょう。

また期日を過ぎても参加できる場合もあるので、各担当者に直接連絡をしましょう。

持参するものは、

  • 筆記用具
  • メモ帳
  • 履歴書や職務経歴書

を準備していきましょう。

各ブースの企業説明会では興味のある人はそのまま面談する場合も多く、履歴書類は複数枚持参しておくと良いです。

1か所のみに自分をアピールするだけではなく、複数企業に知ってもらう為に有効活用しましょう。

転職フェアに適した服装

服装は、スーツの場合もありますが必ずスーツというわけではありません。ジャケットは必要ですが、カジュアルな格好でなければ良いとされる場所もあります。

職種やフリーランス、デザイン関係の仕事などもどこか1ポイント自己アピールで入れても良いでしょう。

バックや靴、アクセサリーは控えめですが、自分らしくいられるアイテムを取り入れてみることで緊張しすぎずに過ごせます。

転職に即繋がるチャンスをつかむ

参加企業は、小規模企業から大手企業、ベンチャーを含めて、専門企業まで様々な職種で100社以上参加の転職フェアもあります。企業側からすれば、一度に沢山の人と面接をする機会であり、実際に対面で会った時の印象を知るきっかけになります。

採用基準の大きな判断を転職フェアに参加してある程度決めることになるのです。そのため、担当者との出会いがそのまま採用に繋がることが多いのです。

転職活動を企業の説明を知って後々に検討する方法もありますが、そこに行くことで転職を決めるといった自分なりの覚悟を持つことで、参加時間を最も有意義に活動することが出来ます。

興味があるから足を運ぶことも覚悟を持って足を運ぶことも個人の考えによりますが、参加したからには自分にとって何かしら収穫しましょう。人手不足と言われる業界においては、即採用となることも多くあります。

履歴書ではなく人間性で決める担当者もいます。自分に合った企業が必ずある、そう信じれば可能性を伸ばしてくれる企業と出会えます。

転職活動でフェアに参加し人生を変えよう

今現在転職活動している人、これから動こうとしている人、転職フェアは良いきっかけを与えてくれます。企業ごとの面接を複数繰り返すよりも、会場に多く集まる中で履歴書だけで判断されずに直接面接できる機会を最大に活用してください。

参加することをきっかけに自分の人生が望む方向にいくことを応援しています。数ある企業の中で自分とご縁のある企業は存在しています。是非、自分の目で直接会って見極めてましょう。

気になるけど参加したことがないという人でも、これを機会に参加してみると良いでしょう。