居酒屋

女性薬剤師の給与・年収や、出会いや結婚などの婚活事情、転職時のポイント

0 コメント
twitter
はてな
facebook

女性の社会進出が進んでいる昨今、世間一般からみた女性薬剤師のイメージはどのようなものでしょうか。

今回は女性薬剤師の平均年収・給料、出会いや結婚などの婚活事情について考え、それを踏まえた転職のポイントについて述べていきます。

女性薬剤師の平均年収、給料

 女性薬剤師の給料はどのくらいなのでしょうか。

一般的に女性薬剤師の年収は、病院では350〜500万円、調剤薬局では400〜600万円、ドラッグストアでは450〜650万円程度になることが多いです。

もちろん各職場で役職につけばそれ以上の年収も望めますが、女性は結婚や出産などのライフイベントが発生する分、産休育休を取得しブランクができてしまう方が多く、どうしても男性薬剤師よりはキャリアアップしにくい現実があると言えます。

参考:薬剤師の年収相場(勤務先別)と、年収を上げるための3つの方法

 

女性薬剤師の出会いについて

それでは、女性薬剤師にとって異性との出会いはどこにあるのでしょうか。

まず病院薬剤師の場合、同じ病院内の医師や看護師、作業療法士や理学療法士などと関わりがあるため、そこでの出会いがあるでしょう。また外部のCRAやMRとも仕事で関わる機会があり、そのような業種の人たちとの出会いも期待できます。

次に調剤薬局薬剤師は、主に薬局に来るMRや医薬品卸、また在宅で関わりのあるケアマネージャーなどとの出会いがあるでしょう。また地域の薬剤師会の集まりなどがある場合、そこで同じ地域の薬剤師仲間との交流なども期待できるでしょう。

ドラッグストア薬剤師の場合、一般用医薬品の営業をするSRという職種の方と接することが多いです。また、仕事柄一般のお客さんとお話しすることも多いため、そこからプライベートな話に発展し、仲が良くなるようなことも考えられます。

薬剤師のそれぞれの職場に、それぞれの出会いの可能性があると言えるでしょう。

[ad#a]

 

女性薬剤師の恋愛、結婚、婚活事情

さて、女性薬剤師の恋愛、結婚、婚活事情はどのようになっているでしょうか。

一言で言うと、女性薬剤師は男性に人気があると言えるでしょう。

 

大きな理由としては

①学がある

②給与が良い

③いつでも働ける

の3つがあります。

薬剤師免許を取得している時点である程度学があり努力もできる女性ということは証明されていますし、今後もライフプランに合わせて自由に働いたり休職したりできるため、結婚相手としては申し分ない職業であると言えます。

また薬剤師の職場には産休育休の取得率が高い企業が多いため、彼氏や旦那、子供との行事に合わせてお休みも取れやすく、仕事とプライベートの両立がしやすい職業だと言われています。

またその結婚相手の男性は同業であることが多く、医師や薬剤師、MRなどが多いです。学生時代からの付き合いのこともあれば、社会人になってから知り合い、ゴールインすることもあります。

あくまで一般論にはなりますが、女性薬剤師は恋愛には有利な職種と言えるでしょう。

 

離婚する女性薬剤師の特徴

それでは、離婚してしまう女性薬剤師に特徴はあるのでしょうか。

女性は一般的に、自分より収入の高い男性を結婚相手に選ぶことが多いため、結婚相手は医師やMRなど高収入の男性になることが多いです。そうなると旦那は仕事が忙しく、家族との時間を確保できないことも多々あるでしょう。さらに、高収入であるがゆえに万が一離婚しても子供の養育費を払うことが可能なため、離婚のハードルが下がってる男性も現にいるでしょう。

一方で、女性薬剤師としても自分が高給与にあたるため、旦那の稼ぎに頼らずとも生きていくことができます。薬剤師としての業務にやりがいを感じ、生涯薬剤師として働きたいという熱い思いを持っている人の方が、家庭に入るのが嫌で離婚する、ということになりやすい傾向にあります。

離婚しないようにするには、夫婦でお互いのやりたいことを尊重し、お互いの仕事に理解を示し、普段から未来のライフプランの話をよくするようにしておくとよいでしょう。

[ad#b]

 

女性薬剤師のイメージ

世間一般的に、女性薬剤師とはどのようなイメージを持たれているのでしょうか。

女性薬剤師のイメージとしてよくあがるのが、「知的」「冷静」「テキパキしている」というような言葉でしょう。

常に知識を吸収することが求められ、正確な判断ができ、いつも忙しい薬剤師という職業柄、こういったイメージはついて回りますし、あながち間違ってないでしょう。

また理系なので「論理的で人間味がない」というようなマイナスイメージを持たれている方もいるかもしれませんが、そこは人によるので一概には言えません。しかし、かかりつけ薬剤師を獲得していかないと生き残るのが難しい今後は、「人間味がない」薬剤師は淘汰されてしまうでしょう。

 

女性薬剤師が転職を成功させるポイント

プライベートとのバランスを図りながらも活躍できることを示す

女性薬剤師に対しどうしても採用担当者が懸念を示してしまう点が、プライベートとのバランスがとれるかどうかでしょう。

女性は結婚や出産というライフイベントに合わせて働く必要がありますが、その都度プライベートとのバランスを整えながらも、長く働き続ける意志があることは選考時に漏れなくお伝えしましょう。

 

薬剤師専門の転職サイト、求人サイトを利用する

自分で特に入職したい企業が決まっていない限りは、薬剤師の転職サイトや求人サイトを利用するようにしましょう。

転職サイトのアドバイザーは、あなたの今の状況や今後のキャリアプランを含めて考え、最良と思われる選択肢を提示してくれます。

女性としての今後のキャリアや、ライフワークを整えた働き方を提案してくれるので、今までに考えてもみなかった求人の紹介などもしてくれるでしょう。無料サービスなので、積極的にアドバイザーに相談し、意見をもらうようにすると良いでしょう。

参考記事:薬剤師転職サイト・求人サイトランキング

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 11:59 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop