海外

第二新卒で外資系企業への転職を成功させるポイント【コンサル、金融】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、第二新卒で外資系企業への転職を成功させるためのポイントについて記載していきます。

外資系コンサルティングファーム、外資系金融機関(投資銀行)、未経験で目指す場合という切り口で書いていきますので、是非参考にしていただければと思います。

 

第二新卒で外資系コンサルティングファームに就職するポイント

応募

高学歴である

外資系コンサルティングファーム(戦略コンサル)は、書類通過のハードルも高くなっており、最低限の学歴がないと、書類で落とされてしまいます。

少なくとも早慶、旧帝以上の学歴がないと厳しいと言えます。(マーチの人でも前職の経験や英語力など、武器となるものがある場合には、書類通過の可能性があります。)

 

基本的社会人イロハ、英語力、役立つ経験

外資系は出入りが激しい分野なので、むしろ数年間の社会経験があるほうがいいと思う企業も多いです。数年の社会人経験のうちで外資系コンサルに転職するために、プラスになるものをどれだけ得ており、そしてどれだけ今後生かすことが出来るのかを上手くアピールしましょう。

基本的な社会人としてのイロハはもちろんのこと、英語力は必須となって来ます。前職でもコンサルや外資系の職についていた人は有利ですが、そうでない人もまだまだ若いので、長期留学やワーキングホリディの経験があったり、TOEICなどの試験で高得点を出すことが出来れば外資系コンサルへの道も見えてきます。

目安としては、最低TOEIC800点以上、できれば900点以上を取得しておくと良いと言えます。

 

外資系コンサルタントの厳しさを理解し、それでも頑張ることができる旨を伝える

コンサルタントは経営に近い上流の仕事です。更に外資系であれば国内の常識に捕らわれないような価値観や働き方を要求されるシーンが少なからず、存在します。

外資系コンサルティングファームの多くは、アップオアアウト(昇進するか、退職するか)の厳しい社風であり、そんな世界で生き残って行かなければならない事を肝に銘じておきましょう。

またクライアントから高額の料金をもらい、仕事を引き受けているため、要求水準は非常に高いものになり、激務になりがちです。

震災後から、少しずつ労働環境は改善されてきていますが、終電は当たり前、徹夜もあるというのは、事実です。

「雇用が不安定」、「求められるレベルも高い」、「非常に忙しい」、こうした厳しい環境であるため、入社してもすぐに辞めてしまったり、クビになってしまう人が一定数以上います。

面接では、こうした厳しい環境であることを認識しており、フルコミットして働いていく覚悟があることを伝えていく必要があります。

参考記事:外資コンサルが激務である理由

 

ケース面接の対策をする

外資系コンサルティングファームは、学歴、前職の経験で優れていると判断されても、ケース面接(フェルミ推定)などの出来が悪いと落とされてしまいます。

そのため、ケース面接の対策は必須になります。コンサルティングファームへの転職実績が豊富であるエージェントを活用することで、ある程度時間をかけて、ケース面接の対策をしてもらえたり、過去に選考を受けた人から情報収集をし、「どのような質問があるのか」などを教えてもらうこともできます。

うまく活用して、難関であるコンサルティングファームの選考突破の可能性を高めていくことをおすすめします。

 

[ad#a]

 

第二新卒で外資系金融機関に就職するポイント

ニューヨーク

ビジネス英語力があり、かつ前職で金融関係の経験をしている

外資系金融機関は、破格の待遇で知られ、年収が2年目であっても、1000万を超える場合も多くあります。そのため、採用のハードルは非常に高く、狭き門となっています。

金融の仕事をこなすことが出来るビジネスレベルの英語力は必須となっており。また、メガバンクや証券会社などで金融関係の仕事をしていた経験も求められます。

とある外資系金融の募集要項では会計業務に5年以上携われたことがある、決算の取りまとめ経験がある、日本の会計知識(簿記2級程度以上)が求められています。しっかりとした実績を数年のうちにつくっておく必要があります。

 

成功実績を積む

外資では成功理念が強いので、各種プロジェクトの成功実績を必須とする企業も少なくありません。とある外資系金融企業の求める必須条件は、「大規模なプロジェクト、複雑なビジネスプロセスエンジニアリングプロジェクトの成功」、「50人規模の利害関係者を含んだチームの管理経験、管理ツール、テンプレートおよびプロジェクトライフサイクルの経験」と記載されています。

ここまでの経験を数年で積むことは難しいですが、こういった事が出来るようになる可能性を含んでいると思わせることが出来れば採用の可能性は高まるでしょう。成功実績作りは非常に重要となってきます。

[ad#b]

 

第二新卒で外資系企業の未経験職種に就職するポイント

英語力をつける

必ず必要となるのが英語力です。しかし、ただ「英会話教室に行っています、海外旅行に何度も行きました」では駄目です。なぜなら、求められるのは英語でのコミュニケーション能力、自己表現能力だからです。

受身英語ではなく能動英語であり、もっと言えば、外国人と英語でディスカッションやディベートが出来るくらいの英語力が必要となってきます。

よくTOEICの点数が最低でも800点、できれば900点が基準などと言われますが、それはTOEICの内容が、日本の英検と違い英語での実践能力を重視しているからです。そういったことを踏まえて英語の勉強をしておく必要があるのです。

 

日系企業と外資系企業の文化の違いを理解しておく

英語の自己表現能力が必要と記しましたが、それは外資系企業では皆がおとなしく仕事をしていないからです。

うるさいという意味ではなく、言いたいことはその場で言い合い後に残さないという性質があるのです。日本では表向きは穏やかにという考え方ですが、外資では裏表があまりありません。仕事が立て込んで来ると「喧嘩?」というくらい言い合いをする事もあります。

そういった性質について行ける精神があるかどうかも、外資に行きたいという時の重要なポイントになってきます。

その代わり、裏でややこしくなる日本のような陰湿さはあまり無いようなので、言いたい事を英語でハッキリ言えるようになれば日系企業よりも向いている人はいると思います。

最初の就職が日系企業だった人は、日本の社会人としての基本やマナーは身についていると思います。ただし、外資を目指すのであればそれらを脱ぎ捨てて新しい自分になる覚悟も必要となってきます。

 

まとめ

今回の記事では、外資系企業に転職するためのポイントについて記載してきました。コンサルであっても、金融であっても、採用のハードルは非常に高いと言えます。

しかし、入社することができた場合、年収などの待遇は日系企業とは比べ物にならないものであり、非常に市場価値の高いスキルを身に着けることができます。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月19日 11:11 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop