40代SEの転職体験談。年齢はハンデになるのか?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

40代でSEからSEに転職した体験談

今回の記事では、40代でSEをしていた男性の転職体験談になります。

転職理由、転職後の待遇はどう変化したか、苦労はあったかなどに焦点を当てて、書いていきたいと思います。

 

なぜ転職しようと思ったか

40代後半に突入した頃、私は顧客先に常駐の上担当していたプロジェクトを無事に完遂させた後、約2年ぶりに自社に戻りました。

ところが当時はリーマンショックの煽りでソフトウェア業界には不景気の風が吹き荒れており、どのソフトウェア会社も仕事が激減しておりました。

すぐに次のプロジェクトに参画することが通例であった私も、この時はなかなか次のプロジェクトが決まらず、しばらくの間社内待機となったのですが、その時点で既に社内には20人以上の待機者がおり、徐々に会社からの彼らに対する扱いが冷たくなっていました。

そして社内待機が始まって2ヶ月も経たない内にその矛先は私にも向けられました。どうやら40代後半という年齢がネックとなって次の常駐先企業がなかなか決まらないということと、会社の業績悪化による雇用維持に赤信号が灯ってしまったということが原因のようでした。

それからすぐに会社の私に対する冷遇が始まりました。役職は解かれ、開発部門から全く畑違い、かつ幽霊部署でもあった企画部に異動させられ、更に何でもいいから仕事を自分で取ってくるよう要求され、毎日のように結果を求められました。それは事実上のリストラ、暗黙の退職強要でした。

本来であれば拒否するべきところでしょうが、このまま続けたところで事態が好転するとは思えなかったため、やむを得ず転職を決意しました。

[ad#a]

 

苦労続きの転職活動

会社を退職した後、すぐに転職活動を始めました。ハローワークはもちろんのこと、いくつかの大手の転職サイトに登録し、採用される可能性のある求人に片っ端から応募していきました。

待遇に関してはできるだけ前職時の維持を念頭にしておりましたが、40代後半の求人となると、諸々の社会人経験や上級スキルを求められるがゆえの高い能力を要求される求人、もしくは単なる作業員的な一体力として求められている低賃金の求人、のどちらかという傾向が強く、20代後半や30代のいわゆる「即戦力」というような扱いの求人はあまり見受けられませんでした。

もちろん求人には一部を除き年齢条件は記載されていないのですが、例えば求められる能力要件を自分が充分満たしている求人に応募しても、書類選考すら通過しないということがほとんどでした。

たまに書類選考に通って面接を受けても求人要件には記載されていない「この年齢だったら持っていて当然でしょう」というようなキャリアが無条件に加わることが多く、自分が30代であったら間違いなく内定を得られるであろう求人が、40代後半であるがゆえに断られてしまうということが当たり前のようにありました。

また全般的には求人情報に年齢制限が記載されていなくても実際に応募すると、組織の年齢構成上、要求されるキャリアを持っていても40代後半という年齢は門前払いというような求人がほとんどでした。

 幸か不幸か、一度役員面接までたどり着くも断られた企業から後日改めて誘いを受け、転職することができましたが、前述した理由により、それまでに100社以上応募しては落ちるという転職活動をしておりました。

[ad#b]

 

転職後の待遇

残念ながら待遇は金額面、福利厚生面、ポジション等、すべてにおいてダウンしました。

誘いを受けた会社が小さな会社で提示された待遇が希望していたレベルには達していなかったのですが、それでもその頃の自分自身の心境として、これ以上無職状態を続けるわけにはいかないと思っていたことと、これを断った場合、次にいつチャンスが来るかわからないという不安に苛まれていたため、その提示を受けざるを得ませんでした。

現在その会社に転職して5年近くになりますが、入社当時以前から実際のところあまり業績が芳しくなく、報酬などは入社時とほとんど変わっていませんし今後も期待できません。

ポジションもヒラ社員のままです。転職を考えてはいるものの前の経験から中高年の転職は更に難しいと思われるため、なかなか前に進めない状況です。

まとめ

40代でSEからSEに転職する場合、かなり真剣に熟考すべきです。SEという職種に限らず、ただでさえ40代という年齢での転職は厳しい。

更に40代でSEからSEに転職する場合、高度の資格を持っている、該当技術に精通している、担当する業界の事情に詳しい、豊富なマネージメント経験を持っている、等等、相当のキャリアが必要です。

単に年齢が40代というだけで採用担当者は無意識に余計な基準を追加してハードルを高くしてしまいます。またいわゆる「コネ」も暗に訊かれたりします。

単純に、プログラムが作れます、詳細設計ができます、要件定義から基本設計もできます、というようなスキルしかない場合、伸びしろのある30代ならまだしも、40代となるとスキル面でもアピール力に欠けますし、採用する側もそのような人材を敢えて40代には求めません。

 

体力があってなおかつ使いやすい20代を選ぶでしょう。仮に採用されるとしても待遇面で満足な答えが得られないケースがほとんどではないかと思います。

リスクが高いため、転職活動は現職在職中に行いましょう。決して転職先を決める前に退職するというようなことはするべきではありません。

 

40代でのSEから転職を考えている人へ。

体験談からも分かるように、40代での転職は非常に難しくなっています。

自分の市場価値を見極め、計画的に転職活動をすることが重要になってきます。

まずは専門の転職エージェントに、相談することから始めてみませんか?

こちらの記事も参考にどうぞ

レバテックキャリアの評判、口コミ|登録するべき人の特徴とは?

客先常駐SEから社内SEへの転職体験談

なぜSEを辞めたい人が多いのか?

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:07 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop