器の大きい人

器の大きい人の特徴、性格|器の大きい人になる方法

器の大きい人には誰もが憧れるものですが、なかなかそんな精神性を持つのは難しいもの。今回は、器の大きい人の特徴や、どうしたら器の大きい人間になれるのかなどを紹介していきますので、器の大きい人になりたいと考えている人は、是非参考にしてください。

器の大きい人の特徴、性格

自分の失敗を認める事ができる

器の大きい人の特徴として、自分の非を素直に認める事ができるというものがあります。器の大きさというのは、言い換えれば自信の表れとも言えますので、器の大きい人はたった一つのミスが自分の価値を毀損するものではないのだと知っているのでしょう。

また、失敗をしてしまったとしても、その後の対応で取り返す事が可能ですので、どちらかというと自分が失敗した事よりもアフターフォローをどうするかという点に気持ちをフォーカスする傾向があります。

他人の過ちを許す事ができる

器の大きい人は自分のミスにも寛大であるため、他人のミスにも寛大である事が多いようです。

人間は生きて何かをしている以上必ずミスをするものであり、逆に言うとミスをしたという事は何かにチャレンジをしたという事にも繋がりますので、それを事さらに責める事で相手を萎縮させてしまうのは、全体的に見てあまり良い事ではないという認識があるのかもしれません。

感情のコントロールができる

器の大きい人はあまり感情的にならないという傾向があるようです。人間は感情と理性の生き物ですが、感情を優先して判断してしまうと何故か失敗する可能性が高く、冷静に理性で判断した物事は上手くいく事が多いようです。

器の大きい人はそれを十分に理解しているのと同時に、自分に自信があるため、多少の事では惑わされないようなメンタルを持っているようです。

[ad#a]

自分を大切にしている

器の大きい人は自分自身に価値を感じているため、とても自分を大切にしています。自分で自分を大切にしていると、他人も自分を大切にしてくれ、それによってまた自信が生まれ、より器の大きい人間になる事ができるという正のスパイラルの中で人生を歩んでいるようです。

器の大きい人は、他人に自分を大切に扱ってほしい場合、まず自分で自分を大切にする事が重要であると知っているのかもしれません。

誰に対しても分け隔てなく接する事ができる

器の大きい人は相手の肩書や身分、人種や性別、年齢等によって接し方を大きく変えたりはしない傾向があるようです。

良い意味で自分は自分、他人は他人という割り切りがあり、その上で可能な限りの意思疎通を図ろうとする姿勢が大事なのだと考えているのかもしれません。そのため、器の大きい人は人当たりが良く、誰からも好かれる結果になる事が多いようです。

[ad#b]

 

器の小さい人が器の大きい人になるための方法

自分の内面と向き合う

器の小さい人は、そもそも自分自身がどういう人間であるかを知らない場合が多いようです。自分自身を知らないという事は、例えて言うなら使い方の分からない機器を場当たり的に操作しているようなもので、それだとなかなか思い通りの人生を歩む事ができず、その結果として自分自身が嫌いになってしまう傾向があります。

まず、自分という人間を知り、得意な事不得意な事、また人生の経験上から、自分という人間は何をすれば喜ぶのか、また何をしたら悲しむのか等を棚卸しし、自分という人間のエキスパートになった方が良いのかもしれません。

自分を許して受け入れる

器の小さい人は、自分の事を受け入れられず、自分が嫌いになってしまっている傾向があるようです。そのため、他人の事も受け入れる事ができず、相手にも自分を受け入れて貰えず、その結果として、より器が小さくなってしまうという負のスパイラルが発生している可能性があります。

上述したように自分の内面と向き合った後は、特に自分が失敗した経験や怒られた事、不得意な事等マイナスの情報にフォーカスし、それらを受け入れ、許してあげる事が大切なのかもしれません。何事も、マイナス面があるからこそ、プラス面が輝くのではないでしょうか。

異なる価値観を受け入れる

器の小さい人は、自分の理解の及ばない事を受け入れるのが大変難しい傾向があるようです。器の小さい人にとって、自分のコンフォートゾーン以外の場所や物事は、全て自分を傷つける可能性があるものだと認識しており、それに対する防衛本能であるという見方もできるのかもしれません。

ただ、上述したステップを踏まずにいきなり何もかもを受け入れるというのは大変難しいのではないかと思いますので、まずはやはり傷ついている自分を許し、癒やす事で、結果的に様々な価値観を受け入れる事のできる土台を築く事ができるのではないでしょうか。