高卒が転職を成功させるポイント。求人情報で注目すべき文言とは

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職を考えた時には、高卒者よりも大卒者のほうが、転職には有利になるものです。ですが、高卒だからといって、諦めずにもっと良い条件のもとで働きたいものです。

高卒者が転職を成功させるためにはどういたポイントを抑えておくと転職に成功するのでしょうか。今回は、高卒で転職を考えた時の対策方法などをご紹介していきます。

高卒と大卒、それぞれにあるメリット

高卒と大卒にはそれぞれにメリットがあるはずです。ここでは高卒のメリットと大卒のそれぞれのメリットについてご紹介していきます。

高卒のメリット

高卒のメリットは、いち早く社会に貢献できるということでしょう。高校を卒業して大学や短大、専門学校へ進学する人よりも2~4年程早く社会へ出て世の中のことを多く知ることができます。

高校を卒業する18歳からの2~4年間は、社会に揉まれ、いろいろな経験ができ充実した時間を過ごすことができるでしょう。そして、その2~4年後にその会社などに就職する新卒者よりも先輩という立場になることができます。

進学せずに就職をした場合は、自分でお金を稼ぐということになりますので、自分の力でお金を稼ぐことの大変さなど、いち早く自立したような気分を味わうことができます。また、家計を助けたりすることもできます。

次に大学の費用がかからないこともメリットとなります。国公立か私立などによって違いますが、大学へ通うためには約300万円~600万円ほどは必要になりますので、金銭面を考えると大学費用がかからないことは大きなメリットになるでしょう。

大卒のメリット

 
大卒のメリットは、就職をする際に、選べる範囲が広がるということころがメリットになります。さまざまな企業は、大学卒業以上という採用条件があります。大学を出ているという学歴があることで高卒には超えることができないハードルを簡単にクリアすることができます。

また、高校を卒業してから将来何になりたいか、自分自身の将来設計を考える時間がたくさんあることがメリットになります。その他には大学へ進学して学問を学びながらサークル活動、バイトや旅行、自分の好きなことをして過ごすことができることもメリットになります。

高卒と大卒のデメリットももちろんある

高卒と大卒のメリットをご紹介してきましたが、デメリットになる部分もあるはずです。ここでは、高卒と大卒のメリットをご紹介していきます。

高卒のデメリット

採用条件に大卒をあげている企業は少なくありません。そういった制限がある企業へは高卒では働くことができませんので、就職や転職をするときに、選択範囲が狭まることがデメリットになるでしょう。

また、さまざまな企業へ就職する際の、給料が大卒よりも低いことです。そのため、高卒で汗水たらして頑張って3年働き続けた時の給料と、大卒で入ってきた新卒者が同じ給料なんてこともあります。

その他、書類審査で落ちてしまう可能性が多いということや、高卒という自分の学歴に対して自分は高卒だからというコンプレックスを持ちやすいというところもデメリットのひとつになるでしょう。

大卒のデメリット

4年制の大学を卒業して社会にでるのが、21歳となります。成人をしてから社会にでるということになりますので、少々社会にでることが遅くなるということがデメリットとなります。同じ21歳でも、高卒で就職した人よりも、経験が浅く考え方なども違いもあるでしょう。

また、せっかく自分の将来のために考える時間があるのに、それをうまく利用できなかったり、人によっては何のために大学に通ったのかな?と疑問を抱く人などもいますので無駄な時間を過ごすという結果になることがデメリットといえるでしょう。

大卒になるチャンス、高校卒業程度認定試験とは

先程もお伝えしましたが、高卒では、大卒よりも企業の採用条件などにより選択範囲が狭くなるなど転職に関して不利になります。また、高校を何らかの理由により中退している方でも、大卒になれる可能性があります。

それが高校卒業程度認定試験になります。こちらの試験をに合格すると、大学へ進学して大卒を目指すことも可能なのです。以前には、大検という資格がありましたが、平成17年に、こちらの高校卒業程度認定試験という名称に統合されています。

実際に高校を卒業していない人が、高校を卒業した人と同じ学力があるということを証明するための試験となり、合格した人は、国公立、私立の大学、短大、専門学校を受験することができることの他に就職や資格試験などにおいても活用できるようになっています。

試験は年に2回。8月と11月に実施されますので、自分の学習状況のタイミングや自分の都合などに合わせて受験することができるというメリットがあります。

次に高卒者が大卒になりたい場合は、働きながら通信制の大学に通い学士号という学位を取得することができます。また大学の入学試験を合格して大学に通ったり、働きながら大学の二部などに通い大卒という学歴を得る方法があります。

高卒が転職先を探す方法、探すときの求人情報のポイント

ここでは、転職先を探す方法などをご紹介していきます。

世の中には高卒でもできる仕事なれる業種はたくさんあります。高卒で転職先を探す場合は、インターネットでの転職サイトを利用して求人を見たり、コンビニなどで求人誌を購入したり、無料の求人誌を見て転職先を探すことができます。

求人を探すポイントは、中途採用や学歴不問、社会人未経験歓迎などと書かれたの求人を探すことです。インターネットの求人でも同じように検索すると時間の短縮になります。

また、ハローワークは誰でも利用することができます。もちろん高卒向けの求人も扱っています。また、「わかものハローワーク」といって、正社員を目指す若者を支援してくれる制度もありますので、こちらを利用して転職を目指すこともできます。

高卒で転職を成功させるポイント

高卒にも転職のチャンスはたくさんあります。高卒で転職を成功させるためのポイントをいくつかご紹介していきます。

高卒でもなれる仕事を探す

高卒でもなれる仕事があります。例えば警察官です。高卒からと大卒からでは、少しタイプは違いますが、警察官採用試験に合格すれば高卒でも警察官になることができるのです。このように、高卒でもなれる仕事を探しそれに向けて試験などを頑張るという選択肢もあります。

資格を取得する

高卒からの転職はあらかじめ転職先に必要な資格やその仕事に関連する資格などを取得することで、自分はこんなことができますということを履歴書に書くことができ、転職に有利になります。

雇用する側も、その人を雇うと会社にとって利益があるかどうか判断をして採用に至りますので、資格を持ってると、会社の求めている人材であるかどうかがわかるわけです。また、保有する資格が多い程、選択範囲も広がります。

社会人としてのマナーを身につける

社会に出ると、必ず必要になってくるのが社会人としてのマナーというものです。敬語は使えるか、電話や来客の応対はできるかなど、社会人としてのマナーを身についていると、会社側が一から教えることがないため、採用への近道になります。

高卒したての人は大卒した人に比べると社会人としてのマナーや知識はどうしても低いものになりますが、社会人としてのマナーが身についていると雇用する側も安心して雇うことができるので、高卒の転職にとって有利に働きます。

高卒で初めて就職した会社に3年以上勤務する

高卒して最初に就職した会社には、最低でも3年以上は働きましょう。
3年働いたら一人前というように、その会社に勤めて一人前になるまでには、約3年程の期間がかかるものです。

その3年間は、社会人としてのマナーやさまざまな経験をすることができ自分の人生経験や知識も実のあるものになります。また、雇用する側は、人を雇うことによって人件費がかかりますので、すぐに辞めてしまっては会社にとって大きな損害になります。

会社側は長く働くことができる人材であるかどうかを厳しく判断しなくてはなりません。そのため、最初に働いた会社を3年以上勤務することは、自分が頑張れる人間であることをアピールするチャンスでもあります。

スタート時点で劣っているとき、どうすべきなのか

いかがでしたか。高卒と大卒では、採用条件や給料に関しては、最初のスタート時点で超えられない壁があります。その壁を乗り越えるために大学へ進学し大卒を狙うという方法があります。

また、高卒が転職を考える際には、転職をするためのポイントを抑えておくと転職に有利に働きますよ。このポイントを抑えて転職に挑んでみてはいかがでしょうか。高卒で転職を考えている皆さん頑張ってくださいね。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月20日 14:22 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop