営業

「引き合い」の意味、類語、パターン別の使われ方と例文

今回は「引き合い」という言葉の意味や類語について紹介していきたいと思います。「引き合いに出す」、「引き合いがある」などの使われ方や例文も紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。

「引き合い」のビジネス上での意味

ビジネスや営業の場では「引き合い」という言葉を耳にする事が多くあります。しかしビジネスの場に初めて入った方や営業とは疎遠な方にとっては、引き合いと言われてもイマイチ意味がピンと来ない事があります。

また引き合いという言葉は状況によって様々な表現も含んでいるため間違って使う人も少なくはないです。そもそも引き合いの意味とは、人と人の繋がりや結びつきを示す時に使われる言葉です。

ビジネスの場では、こういった意味に加え取引や仕事の依頼の場でも用いられる事があります。引き合うには幾つかの表現がビジネスの場で使われます。

1つ目は問い合わせや取引の場です。ビジネスの場では商品を発注させる取引の段階のことを引き合いと呼ぶ事があります。加えて市場から、非常に需要のある製品や商品に注文が集中する状況も引き合いと呼びます。

2つ目はビジネスの過去の事例を出すとき、すなわち過去の事例を参考や照明する際に引き合いを使用する事があります。

また前述したように繋がりを表す意味も引き合いにはあるので、人と人に加えて会社間の関係を取り持つことを、「引き合う」という言葉を用いて使用する事があります。

また企業が営業面で成果を挙げるためには、過去の事例である引き合いを多く示すほど、仕事には有利になると考えられています。また多くの引き合いを出した上でも、営業がうまくいかない場合は、営業の内容を検討したりなど社員に対する教育内容を改めて見直す必要も出てきます。

[ad#a]

 

「引き合いに出す」の使われ方と例文

引き合いの派生として「引き合いに出す」と言った言葉があります。参考のための比較対象として事例を挙げると言った、比較の意味で「引き合いに出す」と言った言葉は使われる事があります。

ビジネスの取引における面で過去の事例などを参考・照明として出すパターンは、まさにこの「引き合いに出す」と言った言葉の意味と一致します。

今回の仕事の内容の真偽を確かめるために、過去の仕事の資料を使用する場合などに用います。また仕事で失敗した相手などに、「なんでこの仕事も出来ないのだ!〇〇はもっとしっかり出来るぞ!」と言った、他の人と比較して、悪い比較を行う際にも使う場合があります。

また、交換条件などを出す時にも使われます。例文としては「我が社と契約を結ぶなら月々の融資をする」という話を引き合いに出すといったものが挙げられます。

他にも同じ製品の人気や需要などを過去のデータを比較することで、年度の発注数を決めたりするような場合も引き合いと言います。

 

「引き合いがある」の使われ方と例文

「引き合いがある」というのも「引き合いに出す」と同じように引き合いから生まれた派生語です。辞書的な意味では、他の人からそうあって欲しいと望まれるさまという意味になります。

つまりビジネスの場では、顧客から仕事の内容について、引き合いがあるといったように「オファー」を意味する言葉になります。

引き合いがあるといった言葉は、ビジネスの面では非常に大きなチャンスになります。例えば顧客からの引き合いがあった場合、それに応えることで企業間、または個人間で長期的な仕事の契約を望む事が出来ます。

このように引き合いはビジネスの世界において営業の前段階となるため会社の利益や成功に非常に重要な役割を占める要素となっています。

[ad#b]

 

「引き合い」の類語

引き合いは一般的な意味として人や企業間の繋がり、ビジネス面での意味では仕事の過去の資料を提示することによって、今回の仕事の真偽を確かめるものとしての意味合いもあります。

引き合いの類語としては「取引」や「参考」などが挙げられます。また比較面などで使われることの多い「引き合いに出す」といった言葉の類義語としては、前例を持ってきて比較するという点から「引用」や「援用」などの言葉が挙げられます。

他人から望まれる「引き合いがある」という言葉の類語は、同じような意味合いを持つ「望まれる」や「要望がある」などが挙げられます。

このように引き合うという1つの言葉だけでも、状況や派生語によって、大きく意味が変わります。引き合うという言葉は、ビジネスの場に初めての新卒の方や他部門から転職してきて、営業関連に疎い方には聞き慣れない言葉です。

引き合いとは企業の営業の面で非常に重要な意味を持っているので、正しい意味を覚えて状況に応じて的確に使い分けることをオススメします。