チェック

【日立製作所インターン】選考の倍率、面接内容、服装、内容、感想、内定に有利?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、「日立製作所」のインターンシップについて面接含む選考について記載しています。エントリーシートの設問や各面接の雰囲気、インターンの内容について詳しく紹介していきます。是非参考にしていただければ幸いです。

日立製作所のインターンシップの実施時期、日程

「日立」のインターンシップは、「夏季インターンシップ」という名称で2017年は7月~9月にかけて実施されました。これまで電機業界において多くの優良な人材を生み出してきた名門のインターンシップです。

「日立」のインターンシップの目的は、電機業界で必要な能力や知識を実際の職場で研究・設計を通じて学ぶ就業体験型の内容となっています。

2017年の実施内容は、7月下旬~9月下旬の約1~3週間実施されました。内容はオリエンテーション、講義、就業体験からなるプログラムで、交流会なども予定されています。

以下に実施概要をまとめます。

実習期間

2017年7月下旬~9月下旬の約1~3週間

※実施期間についてはテーマごとに異なります。

募集コース

①エンジニア系・・・研究開発、生産技術、設計開発、システムエンジニア、知的財産マネジメントなど

②ビジネス・ITソリューション系・・・システムエンジニアなど

実習場所

全国各地

※首都圏が中心となります

応募締切

2017年7月10日まで

日立製作所のインターンシップの選考の倍率

「日立」のインターンシップは、電機業界で国内トップクラスの巨大企業ということで毎年多くの応募者がエントリーするインターンです。

全体の応募者数などの情報は公表されていませんが、「日立」は電機業界で頂点の企業であることから例年相当数の応募が予想されます。よって倍率も非常に高く、かなりの難関が予想されるので、エントリーに際しては入念な対策が必要になってきます。

[ad#a]

 

日立製作所のインターンシップの面接選考内容

選考フローは、①エントリーシート⇒②面接の2段階です。

エントリーシート(ES)の内容と回答のポイント

「日立」のインターンシップへの参加は、エントリーシート課題の提出から始まります。応募者が非常に多い人気のインターンのため、この段階でかなりの数が絞り込まれると予想されます。

よって、「日立」のインターンではESはかなり重要な位置を占めるので、入念に対策を行って完璧に近い形で提出することがベストです。

「日立」は業界トップのリーディングカンパニーということで、周囲の多くの人を巻き込んで大きな目標達成のために邁進できるようなリーダーシップある人材を求めます。

ですので、ESについてもそのあたりを強く意識して書くようにしましょう。設問は例年3つほどで、『研究内容について』の項目は字数が1200字程度の記述が必要になるので、相当しっかりとした内容と文章量が要求されます。

字数が非常に多いので、文章については研究の実績や成果を具体的に丁寧で分かりやすく書くようにします。他の設問については、具体的なフレーズやインパクトのある単語を交えて簡潔にアピールするようにしましょう。

過去のESの設問

「研究内容について」(1200文字)

「自分のセールスポイントを教えてください」(200文字)

「今までにもっとも力を入れて取り組んだことを教えてください」(200文字)

面接について

「日立」のインターンシップでは、最終的な参加者を決めるために面接が実施されます。形態は1対1の個人面接で、志望動機などESの内容に沿って質問がなされる至ってオーソドックスな内容です。時間は15分程度で、和やかな雰囲気で行われます。

「日立」の面接では、協調性と高いリーダーシップを問われるので、学生時代に取り組んだことで何かチームワークで成し遂げた具体的なエピソードを交えてアピールすると高い評価が得られるでしょう。

過去の面接の質問

「このインターンシップに応募した理由は?」

「サークルで苦労したことは?」

「日立のインターンシップでどんなことを学びたい?」

[ad#b]

日立製作所のインターンシップの参加時の服装

「日立」のインターンシップでは、堅実な一流トップメーカーということで指定がない限りはスーツを着用します。ただし、日立のインターンは技術系の実習となるので私服である場合は、華美過ぎず動きやすい服装が良いです。

日立製作所のインターンシップの内容、感想

「日立」のインターンシップは、電機業界はもちろん、数ある国内の一流メーカーの中でも屈指の優れた内容として過去の参加者からは非常に高い評価を得ているインターンです。プログラムの内容も、実習を通して幅広い技術や知識の習得が可能となる充実した中身となっています。

参加者は、理系の難関国公立大学や工業大学の学生を中心に、真面目で非常に高い意識をもつ、きわ立って優秀な学生が多いので、参加によりモチベーション向上や将来への大きな糧となるのは間違いありません。

実習を通して社員との交流も多く、「日立」の実際の現場や同社の企業風土を深く理解できる内容となっています。

日立製作所のインターンシップは内定に有利になる?

「日立」は、このインターンが採用選考活動に関与することはないと明言しています。ただし、一切選考に影響がないかといえばそれは違います。

このインターンでの実習や現場の社員との交流を通して得た経験は、『日立で働きたい』という理由に至る明確な根拠になります。よって、「日立」を志望する学生はこのインターンを内定のきっかけと捉えて積極的に参加することをおススメします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月18日 18:48 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop