主婦の仕事探しは準備が大切。再就職や転職を成功させるコツ

0 コメント
twitter
はてな
facebook

子育てが一段落したから、そろそろ仕事を再開したい。ずっと家にいるばかりでなく、社会とかかわりを持っていたい。そんな理由で仕事を始めたいと思っている主婦は多くいます。

しかし、いざ仕事を探そうとすると、不安なこともたくさんありますよね。この年齢で雇ってくれるところはあるのかな?とか、ずいぶんブランクがあるけど、大丈夫かな?とか。

でも、事前に準備をしておけば心配はいりません。仕事探しの方法を、順を追って説明していきます。

主婦が仕事を探すとき不安に感じること

若い独身のときと違って、主婦が仕事を始めるときには不安な点があります。

年齢が高いから求人がないかも

40代から50代になると、再就職は難しいだろうと、挑戦する前から諦めモードになりがちですが、実際にはこの年代の求人は増えてきています。

その背景には、全体的な労働人口が減ってきていることや、主婦としての経験がプラスに捉えられるようになってきたこと、出産年齢が上がり、子育てが落ち着くのが40代になってきたことなどがあります。

働ける時間や曜日が限られている

 
主婦にとってネックとなるのは時間ですが、企業側はその点でも主婦の再就職に合わせて、週3~4日や10時~16時勤務という募集を増やしてきています。

ブランクがある、または初めて働く

結婚、出産、子育てを経て久しぶりに仕事を再開する場合や、今までに経験のない主婦が初めて仕事をする場合には、うまく働けるのだろうかという不安があります。

再就職する前に準備しておきたいこと

いきなり仕事探しを始めるのではなく、「家族の了承を得る→自己分析する→仕事を探す→履歴書の記入→面接を受ける」というステップを踏みましょう。

家族の了承を得る

家族の協力があってこその再就職です。きちんと話し合って理解してもらい、協力をお願いしましょう。

自己分析する

5W2Hで考えると、効率的に求人探しができます。面接で自分の考えを述べるときにも役に立ちます。

  • WHO:私が
  • WHAT:どんな仕事をしたいのか
  • WHY:働く動機は何か
  • WHEN:いつから働くのか。週何日、1日何時間働きたいか
  • WHERE:勤務地候補はどの範囲か
  • HOW:どのような勤務形態がいいか
  • HOW MUCH:いくら稼ぎたいのか

特にしたい仕事がない場合は、自分に向いている仕事を探しましょう。「これなら自信がある」「これなら楽にできる」というものから、適した仕事が見えてきます。

  • 人と話をするのが好き…営業、コールセンターなど
  • パソコンの扱いに慣れている…事務、データ入力など
  • 子どもが好き…幼児教室、学童スタッフなど
  • 笑顔には自信がある…受付、接客業など
  • 体力には自信がある…介護スタッフ、リラクゼーションサロンなど
  • 家事が好き…家事代行など

仕事を探す

自己分析を踏まえて、自分の生活に合わせて、仕事の希望条件とその優先順位をはっきりさせておきます。

例えば、週3回勤務は譲れないけど、4時間勤務が5時間勤務になる分は許容範囲、などです。すべての条件が理想通りでなくても、優先順位の高い条件がクリアできている仕事ならOKとします。

求人情報は、次のようなところで得られます。

  • ハローワーク:求人量が多い。相談に対応してくれる。
  • ネットの求人サイト:手軽に検索、応募できる。情報量が多い。
  • フリーペーパー:その地域での情報が多い。
  • 派遣会社:希望に応じた条件で紹介してもらえる。給与はやや高め。

求人情報をチェックするときは、主婦が働きやすい環境かどうかを見ましょう。「主婦歓迎」「40代・50代活躍中」などの言葉があると安心です。久しぶりの仕事で不安な場合は、「未経験歓迎」などの言葉もチェックします。

履歴書の記入

履歴書の使いまわしやコピーは、熱意が伝わらないのでNGです。

主婦は家庭の都合で何かと行動が制限されますが、「残業はできません」「この曜日は勤務できません」ではなく、「前日までにわかれば、1時間以内の残業は可能です」「週3日勤務可能です」という言い方を心がけて前向きな姿勢を見せます。

ブランクが長くて職歴欄に書くことがないという場合でも、PTA活動や地域ボランティアなど社会とかかわる活動をしたときには記入します。コミュニケーション能力を評価される場合があるからです。

在宅ワークや、資格試験の勉強なども書き込みます。履歴書に記入する内容は、応募先の職種に合ったものにします。

面接を受ける

主婦モードからビジネスモードに切り替えましょう。面接は第一印象が決め手となりますから、服装やメイクにも気を配ります。

仕事の内容によってはスーツの必要はありませんが、その場合でもシャツやジャケットなど、きちんとした印象を与える服装にします。

主婦の再就職の面接でよく聞かれる質問というものがありますので、これに対する答えを準備しておくと慌てずに済みます。

こんな仕事が主婦に向いている

主婦が働きやすい仕事の一部を紹介します。

スーパーのレジスタッフ

スタッフの大半が主婦なので、同僚と話が合いやすいという利点があります。スーパーはいたるところにあるので、自宅近くで働くこともできます。立ち仕事なので、どちらかというと体力のある方に向いています。

一般事務

多くの分野で募集している仕事です。働きながらその専門分野を学ぶことになるため、関連する資格を取得しやすくなります。最低限のパソコンのスキルは必要です。座り仕事なので、体力に自身のない方にもおすすめです。

飲食店のスタッフ

 
ホールもキッチンも、主婦であれば経験者とも言える分野の仕事です。まかないで食費が浮くこともあります。

レストランはピーク時に混雑するため、体力がある方に向いています。応募する前に、お昼どきなどの忙しい時間帯にお店に行って、混雑の具合を確認してみると良いでしょう。

個人経営のお店は、急な閉店やそれに伴う賃金未払いのトラブルが起こることも考えられますので、注意が必要です。

軽作業ワーク

梱包、仕分け、商品管理などの仕事です。比較的簡単で、未経験OKのものがほとんど。年末年始やクリスマスなどの繁忙期に、短期で募集していることもよくあります。その場合は、時給が高めの求人も。

固定シフトではなく大人数の職場であることも多く、働く日の微調整ができたり、急な休みでもOKだったりして、働きやすい点が魅力です。

準備ができたら仕事探しを始めよう

主婦はさまざまな制限のある中で働き始めることになりますから、不安になるのは当然です。家族の理解を得られそうにないと、初めから諦めモードの方もいることでしょう。

でも今は、時代の流れとして、クラウドソーシングなどでの在宅ワークも増えてきています。その家庭に合った働き方というものが、きっとあります。

家族の了承を得て、希望の条件が整理できたら、仕事探しを開始しましょう。一家の太陽である主婦がいきいきしていることは、家庭円満につながるはず。本人も家族も一番満足できる形で、仕事が見つかるといいですね。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月23日 23:59 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop