プラン

未経験者がSEに転職するときのポイント。金融機関から転職した体験談

0 コメント
twitter
はてな
facebook

私は金融機関の営業職から、未経験でSEに転職することができました。

今回の記事では、まず私が転職するまでの体験談を書いた後に、未経験でSEに転職するコツを書いていきたいと思います。

 

趣味でアプリ開発をしたことがきっかけで、SEへの転職を決意

私はもともと大学は工学部に通っていて、情報工学を学んでいました。

この学科ではもちろんプログラミングを多く学び、そしてサークルでもパソコン同好会に入って簡単なゲームのコードなどを書いて活動していました。

就職先もテクノロジーに関わる業種へ行くことを希望していたのですが、ちょうどその頃「こういう仕事はストレスが溜まると聞くし不安だな」とも思っていました。

結果として私は全く関係の無い金融機関の営業へ就職したんです。

私の学科からはこのような業界に進む学生は少なかったです。

理学部などだと何故かちらほら居たのですが、営業となるとさらに少なくなります。

何やかんやでその金融機関では、最初こそ上手くいかないこともありましたが仕事をすることの喜びを感じ、またその業界の楽しさも感じていました。

順調に1年目を過ごして、相当に慣れも出ていた頃のことです。

私は再びプログラミングへの情熱が目覚めたのか、その頃にわかに流行り始めた「アプリゲーム開発」をちょっとした趣味で始めました。

そういったことに興味のある人が交流するサイトがあるのですが、そこには大学時代に出会ったことのないようなやり手のプログラミング上級者も居ました。

そういった人達のブログやサイトを見るようになって、仕事の速さやレベルを垣間見ることが出来て私は本当に刺激を受けました。

「何か一つ良いアプリを作りたい!」という思いでやっと完成したアプリをAndroidのストアに無料(広告で収入を得るタイプ)で発表しました。

鳴かず飛ばずでしたが、この経験が私にIT業界への憧れを強めさせることになりました。

すっかりその気になった私は会社の繁忙期が終わった辺りからすぐに、転職活動を始めました。

 

金融業界の営業からSEへ転職

最初はネットで転職情報を読み漁りましたが、そのうちに転職エージェントを使うと良さそうだと感じてすぐに登録をしました。

実際にコンサルタントと対面して自分の適性や業界の現状などを詳しく聞くこととなりました。

私が伝えたのは、とにかくIT業界に入りたいという一心で年収などはそこまでこだわりはありませんでした。

その会社ではSEからSEと、プログラマーからSEなど業界人の利用が多い傾向がありました。

ですから私のように未経験からの人は、マイノリティーでした。

 

実際に採用になったのは4社目のことでした。

自分としては早く受かったなという感じですが、アドバイスをしっかり守って面接を行えたのが良かったと考えています。

 

その会社はクラウドサービスなどをメインとする、まだ新鋭の小さなIT企業でした。

SEとしての採用で、アマチュアの知識ですが何とか活かして仕事をして来ました。

やっぱりプロの世界は凄いですね、趣味の世界との乖離にちょっと困惑しましたがそれでもやりがいは感じることができています。

[ad#a]

 

未経験でSEに転職するためのポイント

転職エージェント選びがとても大事

様々な転職サービスに溢れている現在では、自力で会社を探すよりも転職エージェント(転職サイトよりこちらのほうがオススメ)は使ったほうが無難ですね。

特にIT系は業界の動きも早いですし、それに詳しい専門的なエージェントが良いです。

私は自力だったらおそらく、良い会社は見つけられてなかったと思います。

業界未経験の方でももちろん利用して大丈夫です。

 

面接では自分の内面も意外と見られるので抜かり無く

専門性の強い業種ですが、面接が専門的な設問ばかりでは無いこともあります。

テクノストレスにより体調を壊す人の特に多い業種では、アウトドアな趣味を持つ人はON-OFFの切り替えが上手いと評価されるかもしれません。

またIT企業は性質的にベンチャー精神が強い傾向にありますから、好奇心の強い人は適正として相性が良いかもしれません。

趣味の質問でもこういう部分は、さりげなくアピールしていっても良いかもしれません。

未経験の方でしたら、持っている資格はあまり重視されないこともあるでしょうが最低限はWordやExcelは出来ないとマイナスになる可能性も無いとは言い切れません。

結局の所、大事なのは「情熱」でしょうからしっかり採用担当者には自分を伝えていきましょう。

[ad#b]

 

年齢を重ねるごとにキャリアチェンジが難しくなるため、決断したら早めに行動する

どんな職種であっても、未経験者の受け入れをしているのは、20代までということが多いです。

30代以降になると、これまでの業務経験のある人のみしか採用されないといったケースが増えてきます。

特にSEのような専門的なスキルが必要な職種の場合、20代であっても経験者が圧倒的に転職市場では有利になっています。

そのため、SEに転職すると決断したら、年齢が若いうちにとにかく早めに行動することが必要になってきます。

 

最初から大手に入ることにこだわらない

SEは、スキルや経験さえあれば、学歴に関係なく、キャリアを積んでから大手に転職することが十分可能な業界になっています。

例えば、最大手であるNTTデータの経験者採用を見てみても、「大卒以上」など学歴を指定する要件は書いてありません。

その代わり、必要なスキルや経験年数などが細かく指定されています。

つまり、スキルさえ身に着けてしまえば、今後転職できるチャンスは十分にあるということです。

大手にいきなり未経験で入社することは非常に困難であるため、まずは中小企業やベンチャー企業にも、目を向けて、「SEとしての経験を積める環境に行く」ことを最優先事項とするべきであると言えます。

未経験からSEに転職を希望する人へ

上述した通り、転職エージェントをうまく活用することで、未経験のSEを採用している企業を効率よく紹介してもらうことができます。

また、志望動機などの面接対策もしてもらうことができるため、内定の確率も上げることができます。

 

 

こちらの記事も参考にどうぞ

文系(哲学科)からSEに就職して苦労したこと

SEのやりがいとは?やりがいを感じられないときも多い??

 

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 09:01 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop