未経験でSEに転職するときのポイント。必要なスキルや知識とは

0 コメント
twitter
はてな
facebook

SEという職種に魅力を感じていて、仕事にしたいと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。 SEはいろいろな仕事が重なり合って大変な職種でもあります。

しかも、かなり専門的な内容が多いということもあって全くの未経験ではまず勤まりませんし、そもそも未経験でもOKというようなところは基本的にはないというのが一般的です。

ここでは、未経験でも SEを目指している人のために、どうすればいいのか、何が必要なのかどんなスキルがあると有利なのかなど SEへの転職に役立つ情報をご紹介していきます。

SEとは一体どんな仕事をするのか

未経験の方からすると、 SEに対してのイメージはいろいろとあるでしょうが、わからないこともあるかもしれませんので、まずは SEの仕事内容について触れていきます。

SEはシステムエンジニアの略です。簡単にご紹介しますと、コンピュータシステムを構築したり作成を任される技術者を指して SEと呼んでいます。

顧客である企業や自治体などのクライアントにとって有効なシステムや効率的になるようなシステムなど希望している内容は各々でさまざまであると言えるでしょう。

要望に対してどのようなシステムにするといいのか、予算に応じてできることとできないことがある場合、それを調整していこうとしたりするなど、出来るだけクライアントの要望に近づける重要な仕事です。

しかし、 SEは「技術者だからプログラムが作れるなどできればそれでいいんでしょ!」と考える人もいるかもしれません。

実際には、クライアントが何を求めているのかなどのヒアリングをしっかりすることの方がむしろ重要だったりもするのです。

では、 SEが本来すべき仕事を挙げていきますので、見ていただきましょう。

要求分析・要件定義

クライアントからどういったシステムを作って欲しいと考えているのかを詳細にヒアリングして、その内容を明確にします。

そこで、相手の求めている要望が自社でできることなのか、難しい場合はどうすればそれに近づけることが可能なのか、費用面でクリアになるのかなどいろいろなことを詰めていきます。

そして、その内容をしっかりと分析して、必要な開発期間やそれに関わる費用はどのくらいで出来るのかなどの算出もした上で、要望していることをどのような形で実現させるかを決めていき定義づけをします。

基本設計

クライアントのニーズを実現するためのシステムの設計を行う工程を基本設計と呼んでいます。

前項で詰めてきた要求分析や要件定義のデートに基づいてどのような機能をシステムの中に盛り込むのか表示方法や操作方法をどうするかなどの使用がここで決まります。

詳細設計

基本設計の段階で決定させた実装する予定の機能に対して、どのような技術や仕組みで実現させていくのかを文字通り設計させていく業務となります。

プログラマーに人が、プログラミングするためには何が必要なのかなど細かいところまでしっかりと設計を行なっていきます。

テスト

プログラミングが完了して、システムがちゃんと形を成した後、そのシステムが不具合なく設計どおりの動作をしてくれるかのテストをする工程のことです。最後の動作確認となって、ここも大切な仕事の一つといえます。

SEに求められる能力とは一体何か?

先ほども述べましたが、 SEという仕事は技術職ですので、全くの未経験だとしてもプログラミングなど上記に記した内容ができなくてはいけません。しかし、それだけでいいということでもありません。

そういった技術的な内容以外のことについてここでは見ていきます。

コミュニケーション能力

やはりコミュニケーション能力というのは大きなウェイトを占めます。それは、対クライアントで考えた場合、クライアントの求めている要望や希望というものを100%ヒアリングしなければいけません。

そうでなければ、クライアントが求めていることをいわば商品化できないわけです。商品化できなければ、お金をいただくことはできません。

業務大きなものの一つでもある要求分析や要件定義の段階でクライアントのニーズを確実に汲み取って今クライアントが抱えている問題を解決するべく内容をできるだけわかりやすく解決させる責任も発生します。

ですから、そういったことのためにもコミュニケーション能力というのは必須項目であると捉えるべきです。

また、コミュケーションを取るのはクライアントだけではありません。

自社内のプログラマーや、下請けを使っている場合は、その下請けの SEに人など自分の会社の内外問わず実にさまざまなところとコミュケーションを取り続けなければいけません。

それだけコミュケーションが重要であり大切なことということが言えるということになります。

マネジメント能力

システム開発はタイトなスケジュールで行われることもあります。

業務が遅延なく行われるように工程管理を含めスケジュール管理を行うのはもちろんのこと、特定のメンバーに過度の負担をかけないようにしていくためのマネジメント能力も必要となります。

論理的思考能力

論理的思考能力とは、物事に潜んでいる法則を的確に見抜いて適用することができる能力のことを指します。

例えば、
「AさんはBさんよりも10歳年上で、Aさんはbさんの2倍の年齢です。この場合、Aさんの年齢は幾つでしょう?」
というようなことなど一つの法則を見抜きながら答えを導き出すことができるもしくは得意な人はかなり SEには向いていると言われます。

答えを導き出すことが一番重要で、スピードは早い方がいいということは言えますが、それよりも時間をかけてもじっくり諦めず考え続けることができるかどうかがポイントです。

脳に汗を描くことを苦に思わず、むしろ心地よいと感じることができる方は SEにより向いていると考えられます。

システムに対しての技術的知識や知見は当然ながら必須!

車を運転する上で、アクセルとブレーキの位置や役割がわかっていなければ運転することができないのはもちろんですが、運転させてはいけないですよね。

それは SEに世界でも同じで、システムについての知識や知見がない人にシステムの提案や構築なんてできません。とは言ってもこればかりは、経験をひたすら積むしか方法はありません。

人間というのは、頭の中にない知識や知見は表に発することはできませんから、日々の努力しかありません。

会社が提供している製品やサービスの技術書や、仕様書、マニュアルなどの資料は必死に読破して頭に叩き込んで仕事で実際に経験して力をつけ続けることが技術を蓄えていく唯一無二の方法です。

「千里の道も一歩から」と言いますように日々の積み重ねが数年後には花を咲かせることになります。

しかしです。是が非でも覚えなければいけないのは入社してからもその会社の特徴を知る上でも必要なことではあるのですが、新卒で入るわけではありません。あくまで転職で未経験です。

そういった場合に、完全に0スタートとはいきませんから、ある程度の基本的なことは知っておかなければいけません。それはどういったことかをここでは説明していきます。

SEになるためにプログラミングの知識は絶対必要!

SEになるためには、まず技術的能力としてシステムの根幹を担うプログラミングの知識を身につけると良いです。

とはいっても、プログラミングを学ぶと一言で言っても何からどうやって学べばいいのかはなかなかわかりにくいものです。ここでは3つの方法をご紹介していきます。

独学で学んでいく場合

独学で学ぶのは仕事の合間だったり、通勤途中などのシーンで自分のペースで勉強を進めることが可能ということは大きなメリットと言えます。

いまでは、このようなプログラミングの参考書などは本屋さんでも非常に多く扱われていますので、ご自身の勉強スタイル似合うものを上手に組み合わせながら勉強できるでしょう。

ただし、参考書に書かれた内容やその中の演習問題などを通じて得られるものは多くあることは間違いありません。

しかし、正直そこには限界もあったりします(より難易度の高い参考書へ徐々にレベルアップするという方法もありますが)。あくまで机上の空論になってしまう可能性も否定はできません。

参考書の勉強だけでは、実際にシステム開発をしていく現場においてどのように持っている技術を応用していくのかということや、クライアントにどうやって提案していくかは参考書には出てきません。

ですから、全く役に立たないということはないのですが、実践型ではないし、そうなると説得力も若干薄れてしまうかもしれません。

個人でスクールに通う

スクールに行くことは、 SEに必要な技術をそれに精通している専門家の方に講師として直接指導してもらえることですので、常に生の声を聞くことができるということです。非常に大きなメリットです。

家に持ち帰って再度復習などをしていたとしても、わからなくなってしまうことも当然あったりするでしょう。

そんな行き詰まってしまう時なども直接講師の方に納得できるまで聴くことができますので、理解しながらレベルアップができるようになります。

SEを今後の仕事として生業を立てるんだと決意したなら、プログラミングの知識だけ植え付けるのではなく、実際に現場でその技術はどのように活かされるのかということなど実践的ノウハウを持っているのは強みになります。

それは、採用しようと考えている企業側が一番に求めることだからです。転職で中途採用者に対して、ど素人を採用するつもりは全く持っていません。

企業側は、間違いなく、ただ知識だけを持っている人よりも、実践のノウハウをより知っている人を採用したと考えます。これは中途採用者に関して言えば(未経験者歓迎とうたっていない限り)絶対に間違いありません。

受講料などお金は独学よりは確実にかかりますが、独学では得ることのできない生の感覚やそう言った声を聞くことができるというのは将来にとっても大きな財産になり得ます。

独学では学ぶことのできない実践的ノウハウや、カリキュラムに沿った短期間で習得できたりできるのもスクールに通う大きなメリットです。

会社規模で研修を実施してもらえる

これは、「未経験者歓迎」だったり、「社内にて研修実施」などの条件付きではありますが、こういった社内で講師は自社だったり社外委託だったり異なってはくるものの、研修をしてもらえることもあります。

特に企業向けに研修をするということについては、企業も積極的に取り入れてきてもいます。2011年以降年々増加の一途をたどっているとのことです。

受講者の本業に支障をきたさないよう、社員の教育の一環としても会社規模で研修を導入していきているということです。

しかし、企業自体の組織体系だったり、インターネットの活用度合いによって必要となってくる専門知識のレベルというのは違っています。

SEと一言でくくっても、働く企業であったり、実践して行く場所によっては、そこで求められる SEのレベルなどというのはさまざまです。

そのため、この企業内研修が必ずしも社内全体でのスキル向上には必ずしも繋がらないかもしれません。大切なのは、企業自身のニーズに合わせた研修を実施しているかどうかです。

そのニーズに即したオリジナルのカリキュラムが組めているかはかなり大きなポイントになってくると考えます。そういうことができる教育機関に依頼しているとか自社で構築しているかは大事です。

結局は自分でどうなりたいのかがはっきりと見えているかが大切

方法はいろいろあれど、どうしたいかはその人が、自分はこうなりたいというのがどれだけハッキリと描けているかがポイントになるのではないかと思います。

それもなく、独学してスクールに通ってもおそらく進歩は全くないとは言いませんが、ほとんどないままただスクールに行ったという自己満足で終わってしまうことになるでしょう。

また、社内研修に頼っていても、それがもし的外れなもので実は役に立たないとか、最低限の知識がある前提で組まれていたらもう追いつけません。

ですから、自分には今何が必要でどうすればいいのかということは未経験だからこそ調べ上げなければ、せっかくの挑戦も台無しになりかねません。

未経験でSEを目指すということは大変な努力が必要!

ここまで、いろいろなことが必要であるということはご理解いただけたのではないかと思います。 SEは何度も言いますが、技術職ですので、未経験者にとっては大きなアドバンテージがあります。

しかし、それでも SEを目指したという覚悟があるのであれば、まずはしっかりと技術面をしっかりと勉強して最低限のことはマスターすることが必須事項と言えます。

そして、そこに初めてコミュケーション能力やマネジメント能力を乗せて力をつけていくしか道はありません。技術的なこと以外の内容はもともと持ち合わせていることもあるでしょう。

しかし、それはあくまで技術的なことがあってのことであり、大前提であるということは忘れてはいけません。とにかく一生懸命勉強しかありません。

スクールにも通って生の声を常に聞いて、不足したり不得意なところは独学も織り交ぜながら必死にもがいて行くことで花が開きます。

ぜひ本気で目指す覚悟ができたのであれば、必死になるしかありません!

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月17日 09:55 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop