税金

【手取り13万】年収・貯金・生活・一人暮らしの家賃・車・結婚するときの注意点

今回の記事は手取り13万円の月給、年収、生活費とその内訳、生活レベル、1人暮らしをする場合の家賃の目安、貯金額、住宅ローンなどについて記載していきます。

また、手取り13万円から増やす方法もご紹介していますので、是非参考にしていただければと思います。

手取り13万の月給、年収とは?

社会保険控除を差し引き手取り13万円となる金額は額面給与ではおよそ16.5万円になります。

年収では総支給190~200万円となります。

月給ではこの額面給与16.5万円から所得税が年額39,200円。住民税が85,800円。

健康保険が標準報酬から8,400円。厚生年金が標準報酬から15,000円前後。雇用保険がおよそ500円差し引かれ手取り13万円隣ります。

40歳以上の場合は介護保険の支払いが発生するのでここから1,400円さらに差し引かれル事になります。

ただし、上記には扶養、配偶者控除。医療費や生命保険控除は計算していませんので、実際に該当する場合は各種税金の支払いなどは低くなるでしょう。

 

 

手取り13万の生活レベル

手取り13万円の生活は節約が基本となります。

しかもただの節約だけでなく、所得によって家賃が決まる自治体運営の住居などお金を使わなくて済むありとあらゆる手段を活用しなくてはなりません。

それでも生活レベルはゆたかとは言えず、趣味などの余暇を楽しむ余裕は家族状況によってはほど遠い生活レベルとなります。

都市部や通勤圏内でも自動車の所有はもちろん、オートバイの所有もできない可能性が高いでしょう。

[ad#a]

 

手取り13万の貯金額の目安

手取り13万円の貯金はその方の環境によっても異なります。

例えば、実家暮らしの場合や一人暮らし、家族持ちの場合でも目安は異なります。

一般的に手取りの価格から20%が貯金の目安と言われています。

各環境から考えて実家暮らしの場合は月に5万円。

一人暮らしの場合は20%の月2~3万円。

家族持ちの場合は0円となる可能性が高いですが、数千円でも良いので貯金をしてく事を目標に家計簿を付けるなど支出管理をしっかりと行なった方が良いでしょう。

 

 

手取り13万で一人暮らしをする場合の家賃の目安

一般的に家賃の適正相場は額面給与の25%が適正と言われています。

その為、手取り13万円の場合、およそ16.5万円が給与なので4万円の家賃が適正となります。

都市部の場合は4万円の物件は少なく築年数の経過しているアパートや4畳半など非常に占有空間が狭い物件となるでしょう。

都市部より通勤圏内であっても4万円の物件は学生向けの1R~1Kタイプであり6畳間のアパートもしくはマンションとなるでしょう。

地方部の場合は都道府県にもよりますが4万円で2DKも借りられる場合もありますが、駅から離れているなど立地環境が悪いなどのデメリットは避けられません。

 

手取り13万の場合の住宅ローン

手取り13万円で住宅ローンを借りる場合900~1000万円の物件が適正です。

住宅ローンの借り入れの際、安全に返済できるから判断する負担軽減率というものがあります。

月々の返済額から12ヶ月を年収で割った計算で算出します。その後の数字が20~25%ないであれば返済に負担がないか判断する目安となります。

手取り13万円の場合の適正家賃は4万円なので、

(4×12ヶ月)÷190(年収)×100=25%

となるので問題はないと出ていますが、この4万円を35年ローンで組むにはリスクがあるので収入減少も考慮し上記の金額の住宅ローンを借入れすると良いでしょう。

ただし、手取り13万円の場合、通常よりも審査が厳しくなるので自己資金を準備しローン年数を減らすなどすると良いでしょう。

[ad#b]

 

手取り13万の人におすすめな車

手取り13万円の方が車を購入する場合にはリスクがあります。

自動車は車両価格だけでは所有できず、車検やガソリン代。定期的な整備費用や任意保険などの加入もあります。

実際には年収の半分程が車の購入額の適正ですが手取り16万円の年収190万円は95万円ですが諸経費もいれれば60~70万円。維持費も考え50万円程度の車が適正です。

この金額となると新車は販売しておらず、中古車を選択する事となります。

また、年式の新しい車ではなく10年弱落ちの中古車をおすすめします。

車種でいうと以下の車が良いでしょう。

ダイハツ:ミラジーノ660

トヨタ:パッソ1.0

トヨタ:ヴィッツ1.3

トヨタ:iQ

ホンダ:フィット

スズキ:スイフト1.2

スズキ:ワゴンR

三菱:アイ660

マツダ:AZ-ワゴン

などとなります。

 

手取り13万の人が結婚する場合の注意点

配偶者が正社員の人と結婚する

手取り13万円の人だけで結婚するのは生活を維持するのは困難でしょう。

結婚する相手はせめて正社員で安定している人を選びましょう。

収入が高いことに越したことはありませんが、正社員の場合住宅手当や育児手当など各種手当てがある場合もあり、生活をするうえでのリスクを軽減することができます。

 

副業をして収入をあげる

手取り13万円での結婚生活を少しでも楽にするために、短期のアルバイトや在宅で可能なアルバイトなどをして副業をすることおすすめします。

副業の平均は2~3万円と決して高い金額ではありませんが、それでも手取り13万円にプラスされれば衣食住のうちのなんらかの手助けになるでしょう。

 

手取り13万の正社員は転職するべき

手取り13万円は高卒初任給の給与体系です。今後収入があがったり、手当が多く実際には手取り以上の収入になるのであればまだ良いですが、フルタイムで働き手取り13万円の場合は将来設計が難しくなります。

その場合、少しでも待遇の良い企業へ正社員として転職するなどすることも方法でしょう。