税金

【手取り17万】家賃・貯金・総支給・生活・車・夫婦生活

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事は手取り17万円の月給、年収、生活費とその内訳、生活レベル、1人暮らしをする場合の家賃の目安、貯金額、住宅ローンなどについて記載していきます。

また、手取り17万円から増やす方法もご紹介していますので、是非参考にしていただければと思います

手取り17万の総支給額、月給、年収(ボーナスあり・ボーナスなし)とは?

(ボーナスなし)

手取り17万円の場合、月の給与(総支給)はおよそ22万円となります。

年収(総支給)で換算すると264万円となります。

所得税は月額5,366円前後。住民税は11,350円。健康保険は標準月額で10,901円。40歳以降で介護保険の支払いがある場合はおよそ1,815円となります。

賞与なしの場合実際に手にする年収は204万円となります。

(ボーナスあり)

手取り17万円は月の総支給は22万円となります。

ここに給与だけでなく賞与(ボーナス)が支給されるとどの様変化するでしょうか。

平均的なボーナス支給は年に2回1ヶ月分と考えると年収は308万円となります。

この場合、健康保険料と厚生年金保険料、雇用保険。源泉徴収税を差し引くと18万円程が実際に手にする賞与とあります。

合計すると、実際に手にする年収は240万円ほどになります。

※この他に各種保険控除・配偶者・扶養などの控除があれば手取りは大きくなります。

 

手取り17万の貯金額、預金の目安

手取り17万円(年収260万円)の場合貯金額や預金がは生活スタイによっても異なります。

一般的に理想的な貯金・預金額目安は手取りの20%と言われています。

この場合、年間40万円前後の貯金ができれば良いでしょう。

ボーナスがある場合であれば年間50万円前後が理想となります。

[ad#a]

 

手取り17万で一人暮らしをする場合の家賃の目安

通常収入の25%以上になると家計負担が大きくなると言われています。

手取り17万円(額面22万円前後)の場合、月額55,000円までが適性家賃となります

5.5万円の家賃であれば、都市部での生活では築年数の古いアパートなど物件数は多いですが、部屋が狭いなどどこか快適さは犠牲にしなくてはならない可能性があります。

都市部から50km圏内であれば1DK物件もありロフト付きなど比較的多くの物件を借りることができます。

 

手取り17万の場合の住宅ローン

手取り17万円での適正な住宅ローンを計算する場合、

返済負担率(20~35%)以内の月々の返済額でローンを考えてみましょう。

手取り17万円(年収264万円前後)の場合適性家賃はおよそ5.5万円です。

負担軽減率の(5.5万円×12か月)÷264万円×100=25%

なので、毎月5.5万円の返済は妥当となります。

これに35年ローン(収入減少分も含め)で計算すると1500~1700万円が適正でしょう。

少しでも安全な返済をするために自己資金を増やしたりし返済期間や返済額を減らすとより安心です。

25%は軽減率無いですが、安全な住宅ローンを考えるのであれば返済負担率最低の20%となる毎月4.5万円あたりが理想的でもあります。

[ad#b]

 

手取り17万の人におすすめな車

手取り17万円の場合、年収で考えると手取りの年収の場合204万円となります。

車は年収の半分までが適正価格と言われており、この場合102万円となります。

しかし、車には維持費が掛かりますので実際には75~85万円の車を探すと良いでしょう。

この場合、国産車でも中古車が基本となります。

車種は以下の様な車があります。

マツダ:フレア660

マツダ:キャロル660

トヨタ:パッソ1.0

トヨタ:カローラアクシオ1.3

トヨタ:ビクシスエポック660

ダイハツ:ミラエース660

スバル:ブレオブララス660

日産:デイズ660

スズキ:ワゴンR

スズキ:アルト

 

手取り17万の生活、夫婦で合わせて手取り17万の場合は?

手取り17万円の生活は20代や30代など職種によっては珍しい収入ではありません。

定期的に節約をしながら、貯金をして余ったお金で余暇を過ごすことは可能でしょう。

ただし、結婚をしており夫婦の収入を合算して手取り17万円の場合は生活を成り立たせるには困難な状況となるでしょう。

一人暮らしの場合は毎月5万円弱生まれるお金ですが、夫婦二人の場合になると毎月赤字になるのは確実です。

どうしても夫婦2人合算して手取り17万円で家計のやりくりする場合は、住居費用の月収額に応じて家賃がきまる住宅を利用するなどが大事です。

 

手取り17万の正社員は転職して、仕事や会社を変えるべき

高卒などで入社したての場合、手取り17万円となる正社員は珍しくありません。また会社によっては大卒でも地方では普通の手取りです。

ただし、今後30代~40代と年齢を重ねていっても手取りが17万円からそれほど変わらないと想定される場合は、転職を視野に入れた方が良いでしょう。

特に手取り17万円の場合、今後結婚や出産。住宅購入などのライフイベントを控えた場合、それらのイベントをおくれない可能性があります。

会社の昇給状況をよく把握し、思い切って転職したほうがゆとりのある人生が送れることもできるでしょう。

ベースとして高卒で手取り19万円~大卒で21万~ほどであれば、よい転職になるでしょう。

転職のプロである転職エージェントを利用することで、年収についての相談や、内定後の年収交渉をしてもらうことができるため、うまく活用して、手取り額アップとなる転職をすることをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 13:46 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop