税金

【手取り30万】年収・貯金・生活・一人暮らしの家賃・仕事・住宅ローン

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事は手取り30万円の月給、年収、生活レベル、貯金額の目安、一人暮らしするときの家賃、結婚する場合の注意点、手取り30万円以上稼ぐことができる、仕事について紹介していきます。

手取り30万の月給、年収とは?

手取り30万円の場合、税金などの各控除前の金額で計算すると月給約36万円になります。

年収で言えば(ボーナス計算なし)約432万円に相当します。

年収432万円の場合であれば、所得税は156,100円/年間(159,300円/復興特別税含む)となり住民税はおよそ261,000円/年額となります。

健康保険であれば標準報酬から計算するとおよそ17,800円。40歳以上で介護保険が控除される場合はおよそ2,970円となります。

雇用保険は一般の場合は1,080円になり、これらが差し引かれて手取り30万円となっています。

※この他に各種保険控除・配偶者・扶養などの控除があれば手取りは大きくなります。

 

手取り30万の生活レベル

手取り30万円(年収432万円)の生活は環境によっても異なります。

例えば、実家暮らしの手取り30万円であれば月に1度の簡単な国内旅行などもできるほど優雅な暮らしとなります。

もちろん、同居させてもらっているのであれば両親を年に1度旅行のプレゼントなどもできる余裕はあるでしょう。

一人暮らしの場合は手取り30万円あれば都心部での生活も十分可能です。

食事など毎日夕飯はチェーン店のレストランなどで食事を摂ることも可能であり、住居も築浅の1R~1LDKマンションに住むことができます。

節約すれば自動車の購入も可能でしょう。

家族がいる場合で手取り30万円の生活レベルは一人暮らしのようには行きません。

例えば家族4人(妻1人・子ども2人)いる場合の生活は節約が基本です。

もちろん子育ては可能ですが、子どもが2人とも小学校に進学したら、妻はパートに出た方が今後の教育費などを考えると安心でしょう。

衣食住には困りませんが、郊外在住がベースとなります。まず都市部での生活は不可能です。

節約すれば自動車の購入も可能でしょう。

手取り30万円で家族4人の場合だと、年に1回の国内家族旅行や半年に1度の外食を楽しむ余暇は生まれるでしょう。

[ad#a]

 

手取り30万の貯金額の目安

手取り30万円(年収432万円)の貯金額は単身者か既婚者(子どもの有無など)によっても違いがあります。

総務省家計調査を参照し、一般的な生活費を除いた場合、仮に単身者であり実家暮らしの場合であれば年間で180万円前後は貯金ができるでしょう。

次に、賃貸での一人暮らしの場合は年間でおよそ60万円前後。

子どもや専業主婦がいる場合の貯金額は25万円前後となります。

 

手取り30万で一人暮らしをする場合の家賃の目安

通常収入(年収)の25%以上になると家計負担が大きくなると言われています。

手取り30万円(年収432万円)の場合、月額90,000円までが適性家賃となります

都市部であれば一等地の18平米前後の1R~1Kマンションが借りられます。

都市部から50km圏内であれば築浅の1LDKマンション。築年数が経過していれば2LDKマンションもあるでしょう。

地方部であればファミリータイプ(2LDK~)の分譲マンションが借りられる家賃となります。

 

手取り30万の場合の住宅ローン

手取り30万円で住宅ローンを適正な住宅ローンを計算する場合、

返済負担率(20~35%)以内の月々の返済額でローンを考えてみましょう。

手取り30万円(年収432)の場合適性家賃はおよそ9万円です。

負担軽減率の(9万円×12か月)÷432万円×100=25%

なので、9万円の返済は妥当となります。

これに35年ローン(収入減少分も含め)で計算すると2750~2900万円が適正でしょう。

ただし、自己資金を増やしたりして少しでも返済期間や返済額を減らすとより安心です。

3000万円台の物件が多いので毎月10万円まで返済額を増やせば購入可能になりますが、負担返済負担率は実質25%以下が目安となります。

毎月10万円の場合、27%となるため1万円の差ですが手取り30万円では負担が大きく感じるでしょう。

[ad#b]

 

手取り30万の人が結婚する場合の注意点

赤字と黒字の境界を行く生活の為、家計簿は必須

手取り30万円(年収432万円)は日本における平均年収より若干上ですが、この収入は生活スタイルによってはその月が赤字か、黒字かの境となる額でもあります。

節約すれば専業主婦も可能ですが、毎日の家計簿をつけ収支の状況は常に確認しておきましょう。

 

子どもは公立校に通わせるのが基本

この手取りの場合子ども1人でも私立の小学校・中学校への進学は厳しいでしょう。

せめて小学校・中学校は公立校で、私立を視野に入れる場合学費の低い私立高校のみで、大学は国立大学などへのルートが現実的でしょう。

学資保険などを活用し、私立高校入学や大学の入学金対策などをしましょう。

 

 

手取り30万以上稼げる仕事、職種

一般的な企業の正社員

手取り30万円(年収432万円)は一般的な企業の正社員であれば実現できる収入です。

もし手取りや給与が30万円未満でもボーナスがあれば実質手取り30万円と同等の収入になるのでボーナスなしの企業を回避することが大切です。

 

針灸師

はり師ときゅう師の国家資格を所持している鍼灸師も手取り約30万円前後(年収430万円)と言われています。

この収入は正社員で40歳以降の場合実現できる収入ですが、鍼灸師の場合、ボーナスなしの場合が多いので、この給与より上に行くには独立をしたり経営側に行くことが重要です。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月18日 08:40 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop