インターンシップの給料相場。給料が出る出ないの違いは期間にある

0 コメント
twitter
はてな
facebook

インターンシップに参加する場合、ぜひ覚えておきたいのがお給料の存在です。既にインターンシップに参加した先輩の話を聞いていると、インターンシップにも関わらず給料をもらったという場合があって気になりますよね。

はたして本当にインターンシップでお給料は出るのでしょうか。また、そもそもなぜインターンシップでお給料が出るのでしょうか。そして、もらえるとしたらいくらくらいが相場なのでしょうか。

インターンシップにまつわる給料事情と、給料に関する注意点などをご紹介します。

長期インターンシップでは給料が出る!

基本的に、学生のインターンシップといえばそのほとんどが無給です。しかし、一方で実は給料が出るインターンシップも存在します。この2つの違いは何なのかというと、ずばり「短期インターンシップ」か「長期インターンシップか」です。

1日から1週間程度の日程で行われる短期インターンシップでは、基本的に会社の説明会や、簡単なグループワークなどが主な内容となります。

あくまでインターンシップ専用のプログラムであり、直接会社で実際の業務に携わるわけではないため、これらの活動は労働と見なされません。労働でない以上、対価を支払う必要がないので短期インターンシップでは給料が出ないのです。

仮に出たとしても、だいたいの会社は交通費や昼食代などの補助だけになります。

ただし一部例外的に、しっかり給与が出る有給インターンを実施している会社もあります。こういった会社は有給であることを売りにして、多くの人材を集めています。実際、短期で有給インターンの場合、だいたいはおそろしく狭き門です。

一方、数カ月以上にわたる長期インターンシップの場合は、会社の戦力として実際の正社員と同じ業務に携わることになります。そのため、正社員と同じように給料が支払われることが多いのです。

勤務時間は学生に合わせて控えめになっている会社が多いので、給与体系も正社員とは異なります。

しかし、真面目に取り組めば大きな額を稼げることもあり、「インターンシップに参加したいけれどアルバイトもしないとお金がない」という人にはうってつけです。

いったい、いくらもらえるの?インターンシップの給料相場

さて、気になるインターンシップの給料ですが、実際にはどのくらいもらえるものなのでしょうか。実は、インターンシップにおける給料は、会社あるいは業務内容によって様々です。

基本はアルバイトと同等~それ以上と覚えておこう

長期インターンシップを募集している多くの会社では、インターンシップの給料はだいたいアルバイトと同程度か、それより少し上くらいです。

時給1000円を目安に、給料が高めの会社では時給2000円ほどになる場合もあるでしょう。日給換算ならだいたい1日に5000円~1万円ほどが相場です。

そのため、ある程度給料の高い会社のインターンシップに参加すれば、下手にアルバイトするよりもよほど稼ぐことができるという側面があります。

もっとも、このような給料のいい会社のインターンシップは、その分応募も殺到するのでなかなか選考に通りません。あてにし過ぎないように注意しましょう。

インターンなのに月の給料が80万!?インセンティブのある会社もある

また、長期インターンシップの中には、アルバイトどころか、一般的な正社員をも大きく凌ぐ額を稼げる場合があります。それがいわゆる出来高制、つまり契約数に応じてインセンティブ(報奨金)の発生する会社のインターンシップです。

例えば、ある会社では電話で会社に営業をかけ、商品やサービスについての契約を成立させると1件当たりいくらという形でインセンティブが発生します。

このようなケースでは、頑張れば頑張っただけ給料が右肩上がりになっていくので、人によっては月に30万、50万、80万と驚くような金額を得られる場合もあります。

学生のインターンシップでもらえる給料とは思えませんよね。

ただし、これはあくまで成功例であり、実際に成功者となれるのは一握りです。営業に向いていなければ、断りの文句などで挫折してしまい、アルバイト以下の金額になってしまう可能性もあります。

もし自分の営業力に自信があるなら、こういった会社のインターンシップで働いてみるのがよいでしょう。

無給の長期インターンシップには注意!

実はまれに長期のインターンシップであっても、一切、あるいはほとんど給料が発生しないという場合があります。しかし、こういったインターンシップには注意が必要です。

短期ならともかく、数カ月以上に渡る長期のインターンシップで、給与が出ないということはほぼありえません。特に、会社での実際の業務に携わっているにも関わらず無給という場合は、法律的にも問題がある可能性があります。

労働には対価が必要です。インターンシップだからと納得してしまわず、長期インターンシップの場合は見合った給与が出るかどうか必ず確認しましょう。

低賃金で労働力を確保する企業に批判が出ることも

長期のインターンシップに参加する場合、学生側のメリットとしては「企業で実際の仕事を任せてもらうことができる」という点です。

しかし、これは逆に企業側にとっては、「正社員ほどの給与を払わなくても、仕事の一部を学生にやってもらえる」ということでもあります。

このため、あまりに低賃金、あるいはインターンシップにも関わらず仕事が激務だったり残業だらけだったりする企業の場合、「低賃金で労働力を確保するのが目的」と批判を受けてしまうこともあります。

長期のインターンシップの場合は給与額にも気を配ろう

短期のインターンシップでは給料が出ないことがほとんどです。しかし、嬉しいことに長期のインターンシップの場合は給料が出るのが基本になります。長期インターンシップは給与額にもしっかりと気を配っておきましょう。

ただし、インターンシップの目的はアルバイトのようにお金を稼ぐことではなく、あくまで就業体験や自分のスキルアップです。

給料が出るか出ないかだけでなく、自分が本当に参加したいインターンシップかどうかをよく見極めることが大切になります。

インターンシップに参加できる回数や時期は限られています。短期長期共に、全体的に条件を確認して最適なインターンシップを選び応募していきましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月19日 01:14 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop