スキル

社内SEに必要なスキルとは?楽と思われがちだが、様々なスキルが必要!

0 コメント
twitter
はてな
facebook

IT技術者の一つでもある、社内SE。社内SEは、プロジェクトに追われることもなく楽な仕事と思われる方もいるかもしれませんが、実は多種多様なスキルが必要とされる仕事です。

どのようなスキルが必要なのか、一つずつ順に見ていきましょう。

社内SEに求められるスキル

ビル

システム運用・保守

言うまでもなく社内SEの基本は、自社で管理するシステムが正常に動作するように日々の監視、メンテナンスをする仕事となります。また、利用者である従業員からの問い合わせに対応することも日常の基本的な業務です。

そして、トラブル発生時にはいち早く対応し原因の調査を行い、通常通り運用できる状態に復帰することが求められます。

また、各種機器のチューニングや設定変更等の計画を立てて、利用者に影響がある場合は事前告知をすることも仕事のうちです。

「いつも通りシステムを運用できること」が社内SEの重要な任務です。そのためには、ネットワークやサーバだけでなく、従業員が使用しているPC等の端末やプリンタなど、社内で利用しているすべての情報機器について精通する必要があるでしょう。

なお、Windows系のGUI機器を利用している場合においても、細かい設定を行いたい場合やデータベースのチューニングを行う場合は、その多くの場合においてスクリプト作成の技術が必要となります。従って、Windows系であったとしても画面だけいじれれば社内SEとして仕事ができる訳ではありません。

[ad#a]

 

プログラミング

コード

自社で使用している社内システムの中には、自社で内製している場合があります。この場合、何か不具合があった場合、改良したい場合は社内SEがプログラムを修正することが通常となるでしょう。業務の合間をみて少しずつ修正・改良することもあるかもしれません。

また、短時間で業務を効率化できるプログラムを作れるのであれば、自前で作ってしまうこともあります。

さらに、他社に外注したシステムの場合であっても、何らかの事情により自社でプログラム修正をすることもあります。

従って、社内SEにはプログラミング能力も求められることにあります。

 

コミュニケーション能力

仕事を円滑に進めるためのスキル

社内SEが他のIT技術者と異なる点の一つに、社内の間接部門に属することが挙げられます。これはITベンダー所属の技術者は生産部門であることとは対照的です。

そのため、IT技術者の中でも経費節減を要求される場面は最も多いといえるでしょう。

社内SEの所属する部門は少数精鋭、最低限の要員しか配置されていないことも多いものです。そのような環境において円滑に仕事を進めるためには、自分だけではなく他のメンバーの状況も把握し、常に情報を共有しながら効率的に業務を遂行するようにしなければなりません。

従って、社内SEには相手の状況を適切に理解し、自分の状況を端的に説明できるコミュニケーション能力が必要となります。

 

わかりやすく説明するためのスキル

多くの社内SEは、ITを専業としていない企業に属しています。また、多くの従業員もITの詳しい知識を持っていません。そのため、一般の従業員に対する説明は、IT技術者同士での会話とはまた違ったスキルを必要とします。

一般の従業員が重視することは、「何か自分が悪いことをしたか」「いつまで使えないのか」「今後使い続けて大丈夫か」の3点です。

つまり、何かやってはいけないことがあるのか、問題があるならいつ使えるようになるのか、今までの方法で安心して使えるのかということです。

この点に絞ってわかりやすく説明することが大切であり、また多くの場合それ以上の説明は求められていません。

よくありがちな誤りとしては、正確に話そうとするあまりに「なんか難しい説明でよくわからない」と言われてしまうことが挙げられます。

正確でも伝わらなければ意味がありません。一般の従業員に対しては何よりもわかりやすさが第一です。相手のITスキルレベルに応じて、きちんと伝わるように説明しましょう。

[ad#b]

 

プロジェクト管理

社内システムには、定期的にリプレースがあります。その場合には「○○システム刷新プロジェクト」等、IT開発案件と同様にプロジェクト化されることになります。

そのため、社内SEでもプロジェクトリーダー以上の職責を負う場合は、プロジェクト管理を行うことになります。もちろん、通常の運用・保守業務と並行して開発も行うことになるものです。

社内SEの人数は限られていますから、新規システムの開発は外注することも多いことでしょう。その場合は、社内SE全員がプロジェクト管理に携わることになります。従って、社内SEにとって進捗状況や品質等の管理を行うことのできるスキルは欠かせません。

 

社内SEへの転職を目指す人へ

社内SEは人気の職種であり、転職難易度は高く、転職成功のためにはきちんと準備をすることが必要になってきます。

転職エージェントを利用することで、これまでの自分のスキルや経験のアピールポイントを教えてもらったり、面接対策を無料でしてもらうことができ、有利に転職を進めることができます。

うまく活用していくことをおすすめします。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

社内SEに転職を成功させる8つのポイント

社内SEの志望動機。転職難易度はやはり高いのか?

社内SEの仕事内容。ホワイトなのか?

客先常駐SEから、社内SEへの転職体験談

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 11:41 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop