成功

社内SEに転職を成功させる8つのポイント

0 コメント
twitter
はてな
facebook

SEという職種の中でも、社内SEは特殊といえます。SEから社内SEへ転職を検討している場合には、この特殊性を知り転職活動を行うことが大事です。

そこで、SEから社内SEへの転職(面接から入社後まで)を成功させるための7つのポイントをご紹介します。

社内SEへの転職を成功させるポイント

応募する企業の本業を知る

社内SEは一般企業のシステム部門に属することになりますが、一般企業には本業があります。例えば小売業や製造業などです。これら本業の業界・業務知識を知ることが重要です。

なぜなら、その企業自体は本業で成り立っており、本業を中心に人やシステムが配置・構成されているからです。この知識を身に付ければ、面接時にアピールができ非常に効果的です。

それは採用企業にとっては業界・業務を知っている人材に安心と親しみを感じるからです。また、入社後には、稼働しているシステムの理解が早くなりますし、システム部門の人たちとのコミュニケーションも円滑にできます。

 

上流工程に拘らない

社内SEはIT企業のSEと比較すると、職種の垣根を越えて仕事をすることがあります。例えば、上流工程を中心に経験してきた、SEでも下流工程のプログラミングやテストなどを実施します。

その理由は、システム部門はコスト部門であり収入を得ることを想定していませんので、必要最低限の人員で仕事を行っているからです。

このように社内SEを目指すには、上流工程の要件定義や設計だけに拘らずに、プログラミングなどの作業も積極的に取り組む姿勢が必要になります。

面接時には下流工程のプログラミングやテスト作業を軽視するような発言がないように心がけましょう。そして入社後にはこれらの仕事も前向きに行うことが大切です。

参考記事:上流工程のSEとして働ける企業を系列別に紹介!

 

運用・保守を重要視する

多くのSEに求められる仕事は、システム構築を予定通りの品質・期限で実現することです。しかし、社内SEで重要視されることは、社内システムの安定運用です。もちろん社内SEでもシステム構築能力は問われます。

しかし、より運用を重要視する必要があります。面接時にはシステム構築の実績をアピールしがちになります。

しかし、運用・保守を考慮したシステム構築やシステム稼働後の安定運用をアピールすることがよいでしょう。そして、入社後には、早い段階で運用・保守状況を把握することで、スムーズに組織・システムを理解できます。

[ad#a]

 

技術の伝道師になる

一般のITエンジニアは、多くの開発プロジェクトに参加して経験を積むことができます。しかし社内SEは自社システムの構築、運用、保守が主体のため、プロジェクト経験が少なくなりがちです。

このため間違った方向でプロジェクトを進めたり、ベンダーの売り文句をそのまま信じてしまったりします。従って、面接時には多様なシステムを構築してきたこと、それら技術を伝えることができることがアピールポイントになります。

そして、入社後には実際の経験に基づいた意見や勉強会を開催することで信頼を得ることができるでしょう。

 

縁の下の力持ちになる意識改革

IT企業から社内SEへ転職した場合に、多くの人が感じることがあります。それは、IT企業ではITエンジニアが主役ですが、社内SEの企業では、その会社の本業で働く人たちが主役です。具体的には流通系企業なら店舗で働く人々、製造系なら工場で働く人々が主役になります。

従って社内SEはこれらの主役を支える脇役になるのです。この違いを意識して転職活動を行う必要があります。例えば、面接時には新しい技術に挑戦したいなどと技術面の向上ばかりを語るより、現場の人々のために、何ができるのかを語るほうがよい結果をもたらします。

また、入社後にはIT企業で接していたユーザとは違い、同じ社内だからこその辛辣な意見を聞かされることになります。この時に脇役としての意識を持っていれば、素直に耳を傾けることができます。

 

社風が大きく変わる可能性もあることを理解する

IT企業は一般企業と比較すると自由な社風が多いといえます。これはIT企業が誕生してから日が浅いことに起因しているのでしょう。しかし社内SEが属する企業は正反対の社風を持っている企業もあります。

例えば、金融業ですと規律が厳しいことが考えられます。これらを想定して企業を選択する必要があります。また面接時にもこの点を質問することも必要です。そして入社後には変わった社風であると感じても、なぜそのような社風になったのか理解するように努めれば、早く社風に馴染めるでしょう。

[ad#b]

 

他の候補者と差別化を図るために資格を取得する

社内SEは人気職種であり、転職難易度は高い職種であると言えます。そのため、他の候補者とさらなる差別化を図るために、これまでの経験をアピールできるような資格を取得することもおすすめです。

SEにおすすめの資格も参考にしながら、自分がどの資格を取れば、これまでの経験と親和性が高く、アピールできるかを考えてみてください。

 

社内SEの求人が多い専門の転職エージェントを活用する

社内SEの求人は人気であり、比較的難易度が高くなっています。そのため、自分のこれまでの経験やスキルをうまくアピールし、説得力のある志望動機を話す必要があります。

社内SEの転職に強い転職エージェントを使うことで、面接でのアピール方法をアドバイスしてもらえたり、他の転職エージェントやサイトが持っていない、非公開求人を紹介してもらうことができます。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、SE、エンジニア経験者向けの転職エージェントになっています。

SIerの求人だけではなく、WEB系の企業や社内SEの求人も豊富であることが特徴です。

また、充実した面接対策も非常に評判が良いため、社内SEを目指す人には最もおすすめできる転職エージェントになっています。

関東勤務を希望する人は、是非利用してみることをおすすめします。

参考記事:レバテックキャリアの評判、口コミ|登録するべき人の特徴とは?

 

ご紹介したように、社内SEがどのような仕事や立場なのかを理解することで、希望する企業へ入社できる可能性が高まります。また、入社後も順応が早くなり、実力を発揮しやすくなるでしょう。社内SEへの転職を検討している人は、この6つのポイントを是非とも参考にしてください。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

SE(システムエンジニア)に人気のある転職先とは?

社内SEの志望動機。転職難易度はやはり高いのか?

社内SEの仕事内容。ホワイトなのか?

客先常駐SEから、社内SEへの転職体験談

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月21日 11:13 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop