インターンシップの意味。企業側・求職側のどちらにも欠かせない理由

0 コメント
twitter
はてな
facebook

初めての就職活動にあたり、大学の先輩や同級生の口からよく聞くようになるのが「インターンシップ」という言葉です。

就職活動に関係する言葉と想像はつくものの、いったいどういう意味なのか、どんなメリットがあるのかなど、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。

実は、インターンシップを行うかどうかで、就職活動が大きく変わってくるのです。インターンシップの意味や、インターンシップの制度に関する基本的な情報をまとめました。

インターンシップには「就業体験」の意味がある

インターンシップとは、簡単に言えば「その企業で、実際に採用される前に試しに働いてみることのできる制度」です。

学生はインターンシップを行っている企業のうち、興味のある会社に応募することで、学生のうちにその会社の仕事を体験することができます。また、複数の会社のインターンシップに申し込み、それぞれを体験して比較してみることもできます。

インターンシップはあくまでお試しであり、実際に今後その企業で採用されるというわけではありません。

しかし、インターンシップは学生と企業双方に、これからご紹介するような大きなメリットがあるため、多くの会社がインターンシップを行い、学生が参加しています。

また、インターンシップ自体、実は世界中で導入されている有名な制度です。本来の意味からすると、インターンシップはただの「就業体験」のはずではありますが、実質的に、就職活動の一環と思って差し支えありません。

学生がインターンシップに参加するメリット

実際に採用されるわけでもないのに、何故インターンシップが当たり前になってきているのでしょうか。インターンシップに参加する、学生のメリットをまずはご紹介します。

自分の適正に合っているかどうか確認できる

インターンシップの大きなメリットは、本格的な就職活動を始める前に、実際にその業界に関わることができるという点です。

学生にとって、社会人としての生活は未知のもの。いざ憧れの職についてみたら、理想と現実がまるで違った……となることも少なくありません。実際、新卒入社の場合で3年以内の離職率は3割以上にのぼるという調査結果もあります。

早々に会社を辞めてしまうとなると、学生は次の転職に不利になりますし、企業も苦労して費用をかけて採用した人間を失うことになり、双方にとって大きな痛手です。

そこで、インターンシップで事前にその業界で実際に働いてみることにより、本当にその業界が自分に合っているのか、事前に確認するのです。

インターンシップ中であれば、「この業界は自分に合わない、辞めたい」と考えたとしても全く問題ありませんし、むしろ今後の就職活動に活かすことができるのでプラスになります。

興味がある分野があれば、どんどんインターンシップに参加することで、失敗する確率を大きく減らすことができるでしょう。

会社の雰囲気を確認できる

就職を考えている会社がインターンシップを実施していれば、応募することによって、直接その会社で働くことができるのも大きなメリットです。実際に会社の雰囲気を確認することで、会社と学生のミスマッチを防ぐことができます。

自分の一生を左右されるかもしれない会社を選ぶのですから、周囲からの評判を聞いただけの状態で応募するよりも、実際に働いてから応募した方が安心です。

また、複数のインターンシップに参加することにより、同じ業界の他の会社と比較検討することも容易になります。

スキルを身につけることで就職に有利になる

長期のインターンシップでは、その業界特有の知識やスキルも自然と身につきます。

新卒での入社とはいえ、ある程度の下地があった方がありがたいのは当然です。会社の研修代わりとしてインターンシップに参加しておけば、無事に採用された後、スムーズに会社の業務に慣れることができます。

また、インターンシップに参加していたことが就職活動で企業から評価されるため、就職活動に大きく役立つのもメリットです。

内定がもらえる場合もある

インターンシップは本来あくまで「仕事の体験」のはずですが、実質は採用に大きく関わっていると言わざるを得ません。

インターンシップに参加し、優秀な人材と企業側に認めてもらうことができれば、そのまま内定をもらえる場合があります。

内定を得られるかもしれないとなると、学生側としても参加しないわけにはいかないのが現状です。

企業がインターンシップを実施するメリット

一方、インターンシップを募集する会社側のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。主なメリットとしては以下のようなものがあります。

優秀な人材の早期確保

インターンシップには、会社側にとって優秀な人材を早期確保できるという大きなメリットがあります。優秀な学生がいれば内定を出して、他社へと流れていかないようにするのです。

「仕事を体験できる制度」というインターンシップの本来の意味からすると、このような採用の場として使うことには批判もあります。

しかし、実際多くの企業が採用を目的にインターンシップを行っており、学生もまた、内定をもらうためにインターンシップに参加することも多くなっています。

他社と差別化を計り、たくさんの学生を呼び込む

学生の就職活動が活発な時期になれば、多くの学生が企業にやってきます。企業としては、1人でも多くの学生に応募してもらい、優秀な人材を見つけたいところです。

そこでインターンシップを行うことにより、会社はより多くの学生に関心を持ってもらいます。

インターンシップを行うか否かで会社の印象や知名度は大きく変わるため、他社との差別化を図るためにも企業はインターンシップを実施することに積極的なのです。

学生を社内に呼ぶことにより、社内の空気を変える

インターンシップを実施すれは、社内には若い大学生たちが緊張の面持ちでやってくることになります。業種にもよりますが、会社勤めをしていると、このような若い学生たちと接触する機会はなかなかないですよね。

会社の正社員としても、大学生と一緒に仕事をすることは良い刺激になります。社内を活性化することにもなるので、会社はインターンシップを利用してどんどん若い世代を呼び込んでいます。

期限に注意!インターンシップの期間や実施時期

企業、学生双方に大きなメリットのあるインターンシップですが、実際にはどのように実施されるのでしょうか。インターンシップの一般的な流れを見てみましょう。

短期インターンと長期インターンがある

インターンシップには、まず短期インターンと長期インターンがあります。

短期インターン
1日、もしくは2~14日程度を目安に行うインターン。会社の説明会や、グループワークなどを行うことが多い。主に夏休みや冬休みを利用して行われる。
長期インターン
数カ月以上に渡り、その会社を体験できるインターン。会社の正社員と同じような仕事を実際に任され、働くことができる。また、学生の本分は学業なので、就業時間や日数は限られており、学業と並行できるのが魅力。

ちなみに、アルバイトと同じか、やや高額の給料が出ることがほとんどなので、アルバイトの代わりにインターンで稼ぐこともできる。

ほとんどの学生が行うのは短期インターンです。しかし、長期インターンをこなせば、他の学生と差をつけることができるので、採用には大きく有利になります。

大学3年生がひとつの目安

短期インターンでは特に、募集対象は大学3年生が中心となっています。しかし、長期インターンの場合は短期インターンより制限がなく、大学1年生であってもインターンシップに参加することが可能です。

どちらも気がつけば応募期限を過ぎていたということが度々聞かれます。チャンスを逃さないよう、自身の学業との兼ね合いを見ながら、できるだけ早く参加しておくとよいでしょう。

インターンシップ応募の一般的な流れ

インターンシップに応募する場合、まずインターンシップを行っている企業を探すか、希望の企業がインターンシップを行っているかどうかの確認をします。

インターンシップを専門に扱う就職サービスもありますので、これらのサイトを利用するのがおすすめです。応募時期は、参加時期の2カ月前からが1つの目安です。気になる企業があればそのままエントリーシートや履歴書を提出し応募します。

インターンシップには当然定員があり、また会社側も自社に合う人材を選ぶので、必ず通るとは限りません。むしろ、倍率が高くもれてしまう可能性の方が高いので注意が必要です。

インターンシップは複数同時に申し込んで問題ありませんので、気になる企業にどんどん申し込んで通る確率を上げましょう。

書類選考や面接などを経て無事通ったら、あとは会社の案内に従い、インターンシップに参加するという流れになります。

注目されているインターンシップ。気になる企業に応募してみよう

インターンシップは、まだ社会人として働いたことのない学生にとって、事前に職場を経験できるまたとない機会です。

企業にとっても学生にとってもメリットが大きいので、もしも参加する機会があるなら、ぜひインターンシップを有効利用してみましょう。場合によっては給与も出るので、アルバイト代わりに行う手もあります。

苦労して就職活動した末に、会社選びを間違ってしまうと大きな痛手です。インターンシップを上手に利用し、自分に最もあった企業を見つけましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月19日 22:04 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop