転職は年収を上げてナンボ!年収アップを目指しやすい転職の条件とは

0 コメント
twitter
はてな
facebook

あなたの転職理由は何でしょうか?

「年収をあげたい」と答える人が大半ではないでしょうか。

誰もが、転職をして年収を下げたいとは思っていません。中には転職は年収が上がって当たり前と考えている人もいるかもしれませんね。しかし実際は転職で年収が上がる人の割合は、約50%で半分と言われています。

では、「年収が上がる転職」と「年収が下がる転職」の違いはどこにあるのか?

本ページでは、多くの方に転職で年収アップを叶えて勝ち組となるために、年収アップのコツを伝授致します。

まずは、今の会社での仕事ぶりが、自身の年収に見合ったものかどうかを考えましょう。自分が務めている会社を知り、業界全体を知り、そして他の市場を見渡すことから始まります。

日本の平均年収、平均生涯賃金を知ろう

友人や会社の仲間に、年収を聞いたりすることって、なかなか出来ませんよね。

新卒で入社してから3年の間はよほどのインセンティブ制度を敷いていない限り、同僚たちと大きく年収が変わることはありません。しかし、入社した会社、配属部署、実績評価の方法によって、年々年収の差が現れ始めていくのです。

それではまず、日本の平均年収を知りましょう。

日本の平均年収

421万円

これが日本の平均年収です。
多いと感じるか、少ないと感じるかは人によって違いますよね。

もう少し突っ込んでいき、全体平均で見るのではなく年代別でみていくとどうでしょうか。

  • 20代 ・・・346万円
  • 30代 ・・・455万円
  • 40代 ・・・541万円
  • 50代 ・・・661万円

こう見てみると、今の自分の年収と照らし合わせると平均より高いのか、低いのかが見えてきますね。

このように、まずは世の中の相場感を知ることが重要です。そこから応募すべき企業選びは変わっていき、ましてや初めての転職であれば、ここを調べずに転職活動を始めてしまうと、大事な局面で大きなミスを犯してしまうことも考えられます。

日本人の平均生涯賃金

日本人が、大学卒業から定年までの間に、正社員として勤務した場合に得られる総賃金(基本給、残業、ボーナス含)は、一体いくらなのでしょうか?

男性 ・・・2億5千万円
女性 ・・・2億円

退職金制度がある会社は、こちらに別途退職金が加算されます。

2億円と聞くと、意外と多いんだなぁと感じますよね。このように、生涯必要なお金を把握することでまずは目指すべきボーダーラインが出来ます。

転職活動を開始する前に、このように広い視野で自分が必要だと思う情報を仕入れていくことから始めていきましょう。

知っておきたい!年収アップの考え方

まず年収をアップさせるためには、新しい会社にどういった条件のもと入社するか、です。

よくあるケースですと、課長候補として転職し、初めの1年目については年収500万円で前職と据え置きまたは一旦下がるが、1年目の実績を見て2年目に課長に昇進すると年収580万円に上がる、というようなケースはよくあります。

大事なポイントは、会社の内情を知ることです。

特に会社の組織構成がどのようになっているのか、今後どのように会社が動いていくのかという点に着目すべし。但し、会社の内情までは調べられない部分も多いので、求人を紹介してくれる転職エージェントの担当者に確認すると良いでしょう。

それ以外にも、下記のように3つの方法を用いて年収アップに繋げましょう。

会社の売上を調べるべし

あなたは、自社の売上や利益を把握していますか?

恐らくきちんと把握している人は少数だと思います。ここで述べたいことは、会社がきちんと利益を出せているか、儲かっているか、です。単純に会社にお金がなければ、年収が上がるわけはありませんからね。

上場企業であれば、会社の財務状況を公開している「有価証券報告書」というのを見ることが出来ますので、参考にするとよいでしょう。

それに加え、売上に対して従業員数のバランスは取れているのか、という視点で会社を見てみましょう。会社の売上を従業員数で割って「従業員一人当たりの売上」がいくらになるかということです。

その数字の約1/3~半分までが給料として割り振ることのできる限界値と言われているので従業員数が多ければ多いほど、一人当たりの年収が上がりにくくなるということです。

よって、一概に大手企業が良いということではありません。

日本には、少ない人数で大きな売上、利益を出している知られざる中小企業やベンチャー企業も沢山あります。中には福利厚生が手厚い、慶弔金が手厚い、家賃補助が手厚い等、給料以外に独自のメリット整備をしていたりもします。

年収アップのためには、会社の財務状況を読み取る視点を持つように心がけましょう。

業界を考え直すべし

残念ながら、どれだけ長い時間を仕事に費やしても年収ベースが低い業界にいることで年収アップが望めないことがあるのが現実です。

一般的に、年収ベースが低いと言われている業界は以下の通りです。

  • アパレル業界
  • 飲食業界
  • 介護業界
  • 保育業界
  • 介護業界
  • 小売業界

では逆に年収ベースが高い業界とはどんな業界でしょうか?

  • 商社業界
  • 医薬品業界
  • 放送業界
  • 生活家電メーカー業界
  • コンサルティング業界

低い業界、高い業界を見てみると何となくわかる気がしますよね。では、実際に年収ベースにどれだけの差があるのでしょうか。

その差はなんと、1.5倍~1.8倍も違うのです。 

例えば、平均年収が400万円の業界の1.5倍~2倍というと、600万円~720万円ですよね。

勿論、大手、中小、ベンチャーと企業によって異なりますので一概には言えませんが、全く同じ時間ではないにしても、同じような労働時間を費やしても、これだけの差が出てしまうのです。

これを聞いて、業界を変えよう!と思った方も多いはずです。

今自分自身がいる業界だけを見るのは、「井の中の蛙」でしかありません。転職を機に、違う業界、違う環境に目を向けることで、仕事への意識が変わることもあります。

「業界のことがよくわからない」「自分のキャリアで行けるのかな」と悩んでいる前に、チャレンジをすることこそが、年収アップの秘訣といえるでしょう。

自分の市場価値を確認すべし

今の会社から貰っている年収って適正なのかどうか、というのはなかなか測りづらいものです。でも、誰もが気になるところですよね。

そういった場合は、沢山の転職実績を誇る転職エージェントに聞いてみることをお勧めします。

転職エージェントは、年間で約200~300人の求職者と面談をします。経歴の確認だけであればもっと多くの方をチェックしています。その中には、貴方と同じ年齢、学歴、社会人経験をしている方を多く担当していることでしょう。

プロの目線からのアドバイスを元に自分の市場価値を確認するだけで、日本人の平均年収と比較ができ、自分の立ち位置が見つかります。更により突っ込んで確認するとすれば、「自分は売れる人材か」と直に聞いてみると良いでしょう。

もしかしたら、今の年収は所属している会社の都合で低い場合もあります。営業実績は出しているけど、評価制度が伴っていないために給料が低い場合もあります。(逆に高すぎるというケースもありますが)

大事なのは今の会社から自分を切り離した時に、いくらの年収が取れる人材かということを理解することです。年収アップを叶えたいのであれば、このように自分の市場価値を冷静になって確認することが必要不可欠です。

転職における年収が上がりやすい条件

実は、転職で年収が上がりやすくなる条件というのがあります。一体どんな条件を満たせば年収アップになりやすいのか、幾つかご紹介を致します。

同業界内での転職

これは非常に分かり易いケースですね。ハッキリ言うと、同じ業界内のライバル会社への転職です。

中には、顧客情報や個人情報等流出の観点から、同業界内での転職を禁じている業界などもあるようですが、法的効力はありません。個人の転職先を誰かが制限することは出来ませんからね。(勿論、情報の持ち出しは絶対にしてはいけません)

  • 業界を熟知している
  • 実務経験が豊富
  • 数字実績がある

このように入社後すぐに戦力としてキャッチアップできるような、正真正銘の即戦力とみなされるパターンは年収アップに繋げやすいと言われています。

大手・中堅企業からベンチャー企業への転職

大手からベンチャー企業への転職は、まさに今の転職市場の傾向といえるでしょう。しかしながら一平社員としての採用では、年収アップが難しいケースもあります。

よくあるのは、課長や部長といった役職者がベンチャー企業の部長クラスとして転職を果たすケース。

ベンチャー企業は、少ない人数でも大きな売上を生み出しているところも多く、役職アップと一緒に年収を上げて良い人材を取り込むケースが非常に多いです。特に最近ではITベンチャー、バイオベンチャーなどが非常に注目されていますね。

インセンティブ制度を狙った転職

よほど営業力に自信があれば、インセンティブ制度を敷いている企業を選ぶのも良いでしょう。

会社にしっかりと売上を残していかなければいけないため営業職に多いケースですが、もし月額の給料は低くても、月々のインセンティブやボーナスで十万、百万単位で報酬がもらえる企業もあります。

保険業界や不動産業界が有名ですが、中にはフルコミッション(完全歩合制)というところもあり、自身が上げた売上や手数料からパーセンテージで報酬をもらうというハイリスクハイリターンの制度です。

平均年収の高いエリアでの転職

日本には47都道府県がありますが、勤務地によって年収に差があることを理解しましょう。

厚生労働省が発表した都道府県別の年収データによると、1位は東京で、最下位は沖縄という結果となっています。

1位:東京   約605万円
2位:神奈川  約544万円
3位:愛知   約536万円
4位:大阪   約536万円
  ・
  ・
46位:岩手  約362万円
47位:沖縄  約349万円

この結果から見て、企業が集まり経済力が高いエリアかどうかによって、仕事量と年収が比例して高くなることは間違いありません。

エリアを選ぶだけで年収に200万の差が生まれるなんて驚きですよね。本当に年収アップを優先的に望むのであればより都会での勤務を考えるのも一つの手段でしょう。

未来を見据えた転職

目先の転職の年収アップよりも、経験を積んでもう一つ先の転職を見据える転職によって見事に年収アップを実現するというケースもあります。

例えば、サービス業→専門卸売業→商社業 というようなケース。

サービス業で販売の経験しかなかった方が商社の営業マンになるには、その間に「営業経験」という重要な経験値が抜けていますよね。

この経験を、まずは卸売営業の会社でしっかりと積むことで、目標である商社営業に必要な経験値を溜めていきます。その為には業種も絞り込む必要があります。

キャリアプランは行き当たりばったりではなく、計画性を持ち戦略的に作っていくもの。目先だけの転職に捉われず、5年単位で先を見て年収があがるような計画を立てていくと、おのずとトータル的な年収アップに繋がります。

年収の「勝ち組」を目指すには

年齢を重ねていくと、結婚、子供、住宅ローン、保険など、なにぶんお金がかかることばかりです。

そう考えると、早いうちに高い年収を取りたいと思うのは当然です。20代前半であれば、「〇歳で年収いくらほしい」ということを決めて行動していくと良いでしょう。

しかし、もし今の会社が年齢に応じて必要な昇給が見込める会社であれば、転職をする必要はないかもしれません。本当に大事なのは、最終的に「勝ち組」となることです。

最後にまとめると、年収の観点で勝ち組になるには、まず以下の3点を押さえましょう。

  • 年代別の平均を知ること
  • 今の会社を知ること
  • 他の業界や職種を知ること

要はマーケティングと同じです。

計画を立て、市場調査を行い、勝てる戦略を練って、実行に移す。どこに自分という商品を置くか。置く場所を間違えれば、せっかく持ち合わせている能力や経験も宝の持ち腐れになっていまいます。

特に年収は、一時のボーナスではありませんので日々の生活レベルに大きな影響を与えます。会社との契約事項のため、一度決まった年収はそう簡単には跳ね上がったりすることはないでしょう。

日本人が転職する回数が平均2.5回程と言われていますから、その2~3回の転職チャンスを生かして、年収アップにチャレンジすることをお勧めします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 14:00 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop