転職するベストな年齢とタイミングとは?世代ごとの特徴と注意点

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職において年齢というのは時に最も重要視されるポイントです。

どんなに能力があったとしても、年齢と理由ただ一つだけで書類選考で見送りになるケースも少なくありません。

では、どのようなタイミングで転職活動を行うべきなのか、年齢別に解説していきましょう!

石の上には3年は半分嘘!?第二新卒の転職の立ち位置とは

最初入社した会社で入社式に「石の上にも3年」とよく言われます。この言葉は、3年間その会社・仕事にしがみついて仕事を知ることが大事であることを示します。

つまり、入社して3年間は転職してはならないというメッセージにもなります。

このメッセージというのはある意味非常に正しいです。なぜなら、3年間という期間設定が正しいのかどうかは分かりませんが、一定期間我慢しながら仕事をすることで、仕事の本質を理解できるものです。

少なくとも大半の方においては半年1年程度で理解できるものではありません。また、どんなにつらい状況であったとしてもある程度働くことで体や感覚が慣れてきます。

そういった観点からも短期でやめるべきではなく、目安として3年くらいは最低働いたほうが良いというのは大方間違っていないですし、世の中の人事職、また営業現場の責任者もそのように考えています。

その一方、1社で3年働いていない第2新卒層の採用ニーズがないかというとそういうわけではありません。なぜなら、いま空前の売り手市場と呼ばれ、特に中小企業を中心に新卒採用には非常に苦労しています。

そのため、新卒採用枠を埋められない企業が多く存在しています。これらの企業の新卒採用枠は、第2新卒の採用で補うケースが多いです。

また、そもそも3年経たずとも今やっている仕事を3年やるだけのモチベーションがどう考えても生まれないということが分かることもあるでしょう。

それなのにいたずらに3年間ただ我慢するだけの仕事をするというのは時間の浪費といっても過言ではありません。そのような浪費をするくらいなら、思い切って転職をしたほうがあなたにとってメリットが大きいです。

では、どのタイミングで転職をすべきなのかということですが、結論から言えば会社を辞めたい理由と、どのような仕事をしたいのかおぼろげでもよいのでしっかり語れるようになったタイミングです。

それは、ただ過重労働で体力がもたないという理由であったとしても、自分が目指す仕事とかい離があったという理由でも問題ありません。

どういう働き方をすればあなたは長期で働けるのか、それを現職で働いて転職したいと考えたことを踏まえて結論を出すことが重要です。

とはいえ、そのような答えが出せるかどうか分からないという方は転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントのキャリアアドバイザーに、客観的な意見を聞き、判断するというのが重要です。

一番売れっ子?20代中盤の転職にニーズがある理由

次に3年以上働き、初めての転職をしようとしている方についてですが、実は中途採用で人材を採用を考えている各社が一番ほしい層はこの層です。

なぜこの層が欲しいのかというと、その理由は主に3点あります。

  • 会社の将来を担える若い世代を採用したいというニーズがある
  • 採用にかかる、また採用後のコストが安い
  • 一定の社会人経験があるため独り立ちが早い

ではそれぞれ詳細にご説明をさせていただきます。

会社の将来を担える若い世代を採用したいというニーズがある

会社員に限らず、組織にとって若い人材を入れるというのは組織の活性化という観点において非常に重要です。

実際にプロ野球の世界においても、ドラフト会議という場を利用し、若手のプレイヤーの採用を進めています。

また、最近においてはFAという自チームの優秀な人材を他の球団に引き渡す代わりに獲得できる人的補償 で若い優秀な選手を獲得がなされているケースも増えています。
若手の人材というのは野球でもビジネスの世界でもそうですが、果てしない伸びしろがあります。その伸びしろを信じ、将来的に自社を活性化させる人材を採用したいというニーズは常にあります。

そういった観点で入社3年以上の若手の採用というのはこのターゲットとして合致しています。

採用にかかる、また採用後のコストが安い

若手社員の採用のメリットというのは、ベテランの高年収層と比較すると年収という観点でも採用にかかるフィーという観点を見てもはるかに安くで納めることができます。

採用予算は常に限られているので、なるべく安くで高い効果を上げたいというのは採用側が当然考えていることです。その効果を上げるにあたって、入社3年以上の若手というのはその効果が期待できますし、成長次第でそれ以上の効果も挙げられます。

費用対効果を上げるという意味でもこの世代は採用のメリットがあると採用側は考えているのです。

一定の社会人経験があるため独り立ちが早い

3年以上の就労経験のある若手というのは、あらゆるビジネスマナーであったり、営業職の方であればクライアントとの商談の一般的な流れを知っている方が圧倒的に多いです。

しかも一定期間就労した経験があるため、長期で自社で働いてくれる可能性を感じることと、準即戦力として、自社の製品・サービスに関する教育だけすればすぐ一人立ちができる見込みが立ちます。

上記の背景からも、3年以上就労した経験のある方は採用しやすいと採用側は感じています。

なお、業界、職種においても横断的に転職をすることが可能です。

もしも、働きながら今の会社から将来転職をしたいと考えていて、かつ、今の会社で学ぶことが多いなら3年間しっかり在籍し、ビジネスマンとしてのスキルを醸成させて転職を実現させましょう。

未経験業界最後のチャンス!?30歳前後の転職

20代後半から、30代前半というのは、未経験業界、業種に転職できる最後のチャンスです。場合によっては遅いとみなされるケースもあります。
代表的な例としては、20代後半の女性で結婚をこれからしたいため、営業事務等の職種で仕事を探している方が挙げられます。

なぜなら、どの会社においても産休というのは本音で取得をしてほしいと思っていません。
せっかくお金をかけて採用した人材が一年前後で機能しなくなることを考えるとそう考えるのも合理的です。

また、30代前後で未経験業界、職種にチャレンジする場合、大幅に年収が下がるケースも少なくありませんし、選考ハードルも上がります。

30前後というのは、採用側から即戦力としてすぐ活躍して欲しい世代に突入して来るという点からも未経験業界、職種にチャレンジしたい方はそれなりの覚悟が必要です。

その一方、一社で、もしくは二社経験くらいで同じ業界・職種でキャリアを積んでこられた方においては、同業各社において、採用ニーズが上がります。

現職に残ることで社内のキャリアアップも見込めますので、同業、同職種へ転職しようか迷われている方はその点と天秤にかけて考えてみましょう。

考える材料がない場合は転職エージェントに相談してみるのも手だと言えます。

転職エージェントを通じて年収相場、現職で長期で働く以上にメリットのある転職先はあるのか、また自分のやりたいことが他社で実現できるのかなどエージェントに相談し転職先における解決の糸口を見つけてみましょう。

35歳限界説はあるの!?30代中盤の転職

35歳限界説という言葉が転職の世界では言われています。転職をするのは35歳までが限界であるという考え方です。
まずこの考え方は正しいのかどうかというところですが、あながち間違っていないというところです。事実35歳限界説のことは、採用側も当然認識しています。

そのため、営業職を中心とした各種求人において、募集年齢が35歳までという要望を転職エージェントに依頼するケースも多いです。

しかし、実際の企業側の話を聞いてみると、本当は35歳以上の即戦力を採用したほうがいいなど、35歳限界説に引っ張られて本質的な採用をしようとしていないケースも非常に多くあります。

転職エージェント、特にベテランの転職エージェントはそのことをよく知っています。実際、上記のような35歳までの人材を採用したいという企業に対しては、本当に35歳までの人材が適しているのかということについて確認を取ります。

そして、実際にヒアリングを知ってみると、35歳までの方の方にとどまらないで採用を進めたほうが良いケースもありますし、場合によっては40歳以上の専門性の高いベテランを採用をしたほうが良いケースというのも少なからずあります。

実際、ある会社の購買職においては、30前半の方を採用したいというニーズで採用を進めていたのに、ふたを開けてみれば40歳過ぎのベテランを採用したという例もありました。

以上のことから考えると、採用側の考えとして35歳限界説を前提として採用活動を行っている会社は多いため、あながち間違いではありませんが、本質的に35歳は転職できないというわけではありません。

未経験業界・職種への転職というのは現実ではありませんが、同業界出身であなたの経験を買いたいという会社は潜在的・顕在的に存在するのです。

特別な人しかできない?45歳以上の転職

45歳以上の年齢となると、業界経験者であってもなかなか転職は簡単ではありません。事実どんなに採用ポイントに合致する人材であったとしても、年齢だけで書類選考が見送られるケースが多発しています。

なぜ、45歳以上の方は年齢で選考に進まないのかというと採用に対し高いコストがかかるうえ、活躍年数という点でも若手人材と比較しても劣ることは言うまでもありません。

では、45歳以上の方を採用するメリットというのは何かというと、大前提として相当の能力があることが前提となりますが、短期的に成果を出したいという場合となります。

何かしら新しいプロジェクトを行う際、そのプロジェクト、もしくはそのプロジェクトを推進した経験やノウハウを持ってている方であれば、そのプロジェクトを早期に軌道に乗せることができます。

また、マネージャーとなる人材が不在の場合も、外部から採用することでビジネスを継続をすることができます。

この通り、長期的な目線に立つと45歳以上の方の採用というのは大半の企業で敬遠されます。

しかし、長期的な目線はともかくとして、短期的なマネジメントができたり、新しいプロジェクトを推進するための人材といった、短期的に結果を出さなければならないといった場合、45歳以上の方でも採用をされるケースはあるのです。

転職は原則若いうちに終わらせよう!定着が大事

このように、転職というのは社会人経験3年以上の人材が最も企業がほしがる人材であり、それ以上年齢を経ていくことにより、採用ニーズは徐々に下がってきます。

しかし、形成してきたキャリアというのは決して無駄になることはありません。むしろ、あなたが形成してきたキャリアに対し、ピンポイントに採用したいという会社はこれから出てくるでしょう。

中途採用というのは、いわば戦力補強です。足りない戦力というのはどこかしらで補強しなければなりません。社内で補てんできない場合は外部の力を借りて転職を受け入れる必要があります。

転職するしないにかかわらず、上記のような戦力補強を行う際にキャリアの形成というのがあなたのビジネスマン人生に大きくかかわってきます。

そのため、どの世代の方に共通することは、今の仕事にひたむきに取り組み、成功も失敗も積み、経験を積むことです。その経験の積み重ねがキャリアの選択を可能にします。

そのような経験の積み重ねをし、キャリアの選択を行えるようにするためにも安易な転職や、退職をしてはなりません。特に次に行く会社が決まっていないのに退職をするということは、キャリアの積み重ねを止めることとなります。

安易な転職を控え、年齢に応じた転職をしていきましょう。そのためには、会社がそれぞれの年齢に対しどう考えているか知り。そのうえで自分がどうしていきたいのか判断をしていくというのが重要なのです。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月23日 23:26 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop