転職に成功する人と失敗する人の大きな6つの違い

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職はあるきっかけから考え始めて、自身で最後は決断するものです。転職は決断して、転職先に入社して終了します。その過程の中ではいろいろなことが起こります。

今勤めている会社でやるべきこともありますし、次の会社に向けての準備や様々なことをしなければいけません。しかし、その過程の中で何かことの大小に関わらず、誤りがあればその転職は失敗になってしまうでしょう。

そうであれば、失敗に陥りやすいことがあらかじめわかっていれば成功へと向かって行くと考えるべきではないでしょうか。ここでは、転職に失敗しないためにできることやすべきことなどを知ることにより、いい転職ができるようにしてみませんか?

転職で失敗する人と成功する人の違い

転職が成功したか失敗したかは皆さんの価値観に伴って決まることが多いのではないかと考えますが、あくまで一般論として考えた場合、成功失敗のポイントは以下の通りではないでしょうか。

転職する理由や目的が明確であるかどうか

失敗する人は転職理由が曖昧なことが多いです。言い方を変えれば、感情に流されて転職を決意してしまっていることがこういう方には多いので、実は冷静になって見ると、そんなに転職をするもしくはやめる理由はないのかもしれません。

退職理由とは、現職に対する不満の中でも、特に我慢できなかったことや、退職する決意に繋がった事柄を指します。こういった「何を自分は我慢できなかったのか?」というのは、転職に成功した人ほどハッキリと明確になっています。

なぜなら、この退職理由が次の会社を選ぶ際にとても重要な判断基準になるからです。労働時間が長いとか、上司と考え方が合わないとか、不満の内容は人それぞれな分、その退職理由自体には良い悪いもありません。

むしろ大事なのは、自身が前の会社で何が不満だったのかが曖昧になっている状況で転職活動は始めないことです。

新しい職場に変わってしまうと全てが変わったかのようなある意味錯覚に陥りやすいのですが、給料など待遇は良くなったけど、その他は何も変わらないとか、譲れない転職理由を無意識に譲ってしまう結果になっては元も子もありません。結果何も変わっていなかったということになってしまいます。

あなたにとって、理想的な会社に確実に転職するためにも、まずは退職理由を明確にして、「こういった職場には絶対に転職しない」というあなたの中の基準をしっかり設けておきましょう。

これだけは譲れないという条件を持っていて、明確であるかどうか

失敗する人は、譲れないと言いながら、そこまででなくいい加減でおろそかだったりします。転職活動を始めると多くの希望や願望が出てくるのが人間です。しかし、その中でも理由が明確な叶えなければならないものが「譲れない条件」になります。

例えば、奥さん子供を養い、家のローンも払っていかなければいけないからどうしても年収450万円以上は譲れない。

前職は残業が多すぎて、体調を崩してしまったから残業は月間20時間以下というのは譲れない。

などというようなものです。あなたにとってこれは絶対譲れないものならなんでもいいです。しかし、この譲れない条件だけは、転職活動が終了するまで絶対にブレさせたり、変更させたりはしないことです。

なぜなら、譲れない理由が明確だからであり、妥協して転職してしまっても後からご自身が後悔してしまうだけです。ですから、本来転職する目的がブレてしまわないよう、譲れない条件は叶えることができる会社以外の選択はしないようにしましょう。

最悪これだけは仕方ないということができる条件も持っているかどうか

失敗する人は、仕方ないという妥協もしくは諦めるべきは何かが把握できていません。叶えたいと考える願望の中には絶対に叶えないといけないという理由まではハッキリとしない、なんとなく叶ったらいいなというような願望もあるのではないでしょうか。

なんとなく叶ったらいいなというものは例えば、上場企業だったり、家から近所だったり、ある程度の責任あるポジションにつける、などのようなものがあるとすると、これらの叶ったらいいなという条件は、最悪諦めてもいいかなという条件と考えることもできます。

正直、希望が100%全て叶うのなら一番いいのですが、なかなかそうはいかないということの方が多いのではないでしょうか。ですから、なおのこと、先ほど触れた絶対に譲れない条件だけは叶えなければ意味のない転職になってしまい、結果的にあなたにとっては失敗というようになってしまいます。

応募する企業を複数にしているかどうか

失敗する人は応募企業を一つにしてしまいがちです。第一志望を持っていることはなんら問題はありませんし、むしろ目標が明確で非常に良い傾向です。しかし、本命を持っている人ほど、応募する会社はプラス2、3社がちょうどいいと考えます。

なぜなら、第一志望の企業を受ける前に、過去には受けたことのある面接かもしれませんが、そんな頻繁に受けるものでもありませんので、なかなか慣れてはいないはずです。1回目より2回目というように回数を重ねると面接自体にも慣れてきます。

ですから、第一志望の会社を受ける前に面接自体に慣れさせる意味も込めて、複数の会社に申し込みをかけるというのはいいことです。

一つの転職ツール(転職サイトなど)だけに頼っていないかどうか

今やネット社会となって久しくなりますが、転職をする際にもどれだけインターネット上にあふれている情報を目に触れているでしょうか。しかし、Aという一つの転職サイトだけに頼るのは情報源が限られてしまうということになるわけですから、視野は自ずと狭くなってしまいます。

それを防ぐには、別のBという転職サイトやCというエージェントに登録してみるとか色々なことをして幅広い情報を得ることが必要です。情報を得ることも必要ですが、思いもよらない会社に出会えるかもしれないというのもあります。

エージェントはあなたの希望から企業を探してくれるので、別の方法で探しながら、効率的に見つけて行くことがむしろ近道になるかもしれません。

内定をもらっても承諾する前に給与に関してはしっかり確認しているかどうか

これはお金の話なので、なんとなく話がしづらいと思いがちですが、しっかり確認をせずに入社してしまってこんなはずではなかったなんてことになったら、もう後戻りはできません。

こういう話は本来であれば、企業の方から話さなければいけないことなんですが、入社する方とすれば、少々弱い立場になりがちですが、裏を返せば、内定状態ではまだ入社してない訳ですから、この時に言うべきことを言っておかなければいけないと言うくらいに考えていてちょうどいいです。

ここで、しっかり確認して話が違えば断る勇気も必要です。特に給料ごこれだけは譲れないことであるならなおさらです。ここでの遠慮はいりません。

これだけではないでしょうが、一つの目安にはしてもらえると良いのではないでしょうか。

失敗する人はしっかりした考えと計画性がない

もちろん先述したことができるかどうかということも重要なのですが、基本的にはしっかりとした考えと、計画性がないと、絶対に成功はないでしょう。

考えについては、どういった転職をしたいのかと言うベースになるものにしっかりとした芯が通っているか、絶対に譲れないことにブレはないかなど転職に臨む姿勢の問題です。要するに、この転職の真の目的は何なのかが自分の中で腹落ちしていることです。

また、自分自身のことをよく分かっていることもしっかりとした考えを支える1つの要素です。強みを認識しているかは大切です。転職をするにあたっては、自分自身が商品であり、それをいかに企業に対して売り込みをかけることができるかがポイントです。

それには自分の強みをしっかりと相手に伝えられなければ企業も受け入れてはくれません。強みは資格などのようなものもあるでしょうが、日々の業務から得ることができた経験も大きな強みの一つです。

もう一つの計画性について、転職して成功する人は、前々からきちんとした計画を立てていることが多いです。この時期に転職するといった期間計画や、その仕事の内容等をしっかりと把握するまで調べたりするなど、念には念を入れるといったところが見られます。

計画性のないタイプの人は、失敗した時のことを念頭に入れていないため、必ず成功するものと思ってあまり下調べをしないもの。自分を冷静に見ることができていない証拠です。結果として、窮地に追い込まれた時の対応が、成功する人と失敗する人とでは差が出てしまいます。

転職に失敗しないために

これを守れば転職は失敗しないというポイントをまとめておきましょう。

①転職の目的を明確にする
なぜ転職をすることになったのかを自分の言葉で明確にして、それを軸にして転職活動を進めていきます。これがなければ、きっと何となく惰性で転職活動をすることになってしまうことになります。

②絶対に譲れない条件とここは譲ってもいい条件を区別しておく
これは、①にも通ずるのですが、譲れないイコール転職の目的と言ってもいいかもしれません。ここは、しっかりと持っておきましょう。あとは、ある程度妥協できる条件も挙げておくことも大切です。条件の優先順位をしっかりと決めておきましょう。

③できるだけ幅広く転職サイトなどのツールを最大限利用する
ひとつの転職サイトだけではなく、いろいろなサイトはもちろん、エージェントやスカウトサービスなども有効活用しながら、自身が一番納得できる形を見つけられるように出来ることも大切です。

サイトで文字になっているものをじっくり読みこむことも大事なことですが、エージェントなど専門家からの生の声を聞くことも一人で考えているだけでは気づかなかったり見つけられなかったりすることもあったりしますので、意外なヒントもわかったりするかもしれません。

転職の成功は転職先の問題だけではない

転職先のことを優先的に考えることは決して間違いではありません。しかし、大事なことを忘れていませんか?それは、退社する会社に対しての礼儀です。先のことを考えるがあまりについつい忘れてしまいがちです。

なぜ、退社する会社の礼儀なの?と思われるでしょうが、これはかなり大事なことです。

退社してしまうわけですから、その後のことは知ったことではないとなるのは決してわからないわけではありません。当然、何かしら会社に不満があったから転職をしようと決心したわけですからそうなるかもしれません。しかし、退社することで何らかの影響があるのはその会社内だけでしょうか?

それは全てとは言いませんが、違います。なぜなら、働いていれば取引先やお客様が必ずいます。そうでなければ、会社に収入はありません。退社するあなたが、今後その取引先の方やお客様と全く関わらないとは言えません。同業他社に転職するならなおさら関わる可能性が高いかもしれません。

また、車内に提出する書類なども期限内に確実に提出するということで、悪い印象で退社しなくてよくもなります。「終わり良ければすべて良し!」なのです。

しっかりと礼を尽くして退社時にご挨拶することは忘れずに、社内での業務の引き継ぎもしっかりと忘れずにして新しい職場でも頑張れるというものです。これができない人はきっと転職は失敗という風になるといっても過言ではありません。

転職に失敗してしまうとこの先の仕事も満足できなくなるかも

いろいろとあげましたが、せっかく転職を目指していくのならば、失敗という結果はどなたでも望んでいないはずです。むしろ、成功させるためにさまざまな動きをしていくわけです。ただ、それぞれに迷ったり、考えたり、悩んだりすることは多く出てくるでしょう。

そういった場面でいかに間違った判断や答えを出さないかが重要です。しかし、答えを導くにあたって、これを誤ったら、間違ったらどうなってしまうのかということを常に考えながら行動をしていけば、おそらく失敗をする確率は大幅に減らすことができるはずです。

ですから、何度も触れてきましたが、転職の目的を明確にできていなければその時点でもうその転職は失敗になることは間違いありません。断言してもいいです。ちょっと嫌なことがあって転職を考えているという人は、どうか一度冷静になってゆっくりと転職の目的や理由を考えてみませんか?

そうすることで、しようかどうしようか考えている転職が失敗せずに済むかもしれません。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月18日 08:41 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop