インテリア

離職率の低い業界ランキング(特徴・ホワイト企業・業界)

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事は離職率の低い業界のランキングをご紹介します。

離職率の低い企業に共通する特徴や理由や、ランキングの業界の今後なども記載していますので、是非参考にしていただければと思います。

離職率の低い業界の特徴

福利厚生や年収などの待遇面が充実しており、労働環境が良い

離職率の低い企業はなにより会社側が社員にやさしい企業が多いでしょう。ひとつに福利厚生の充実していることがあげられます。

代表的なものには出産・育児に関する育休やなかには介護に関する制度を設けている企業もあります。

また、時間短縮業務や在宅勤務制度などそれぞれ社員が働きやすい環境を企業側が整えてくれることによって社員の定着率の高さにつながります。

もちろん、年収面など収入の良さによって離職しないケースもあるでしょう。

 

ホワイト企業が多く、新卒の就活生や転職希望者に人気がある

新卒の就活生や転職希望者は特に現在世間に定着したいわゆるブラック企業にはとても敏感です。

ホワイト企業の場合、企業説明会などでよく調べてみると仕事内容も充実しさらに社員をサポートしてくれる企業に魅力を感じ、就活生などが自然と多くエントリーする企業となっていきます。

離職率の低い企業は、単純に企業のブランドや人気だけでなく内情を理解した就活生や転職希望者が判断し、就職したら結果的にホワイト企業である事が多いです。

 

安定した業績やシェアを確保している業界や企業

その分野において安定した業績やシェアを確保している会社は離職率が低い傾向にあります。

この背景には安定した業績から生まれる社員への還元(収入面など)も高く、会社自体にゆとりのある雰囲気があります。

そのゆとりは福利厚生や年収だけでなく「人間関係」が温和になることが大きな要素です。

この場合は大企業でも関係なく中小企業でも大企業以上に居心地の良い企業もあり、それらの企業も非常に少ない離職率が印象的です。

[ad#a]

 

離職率の低い業界ランキング

電気・ガス・熱供給・水道業

電気・ガス・熱供給・水道業は非常に低い離職率となっている業界です。

平成27年度厚生労働省発表の雇用動向調査結果においては離職者数は21.9 (千人)

※電気・ガス・熱供給・水道業合算

離職率は7.8%となっています。

背景には特に電気やガスなどは高く安定した収入など待遇面の良さもあるでしょう。

また、これらインフラ系業界は時に夜勤などもありますが、しっかりとした管理された労働時間なのでブラック企業の様な労働時間とは質が異なります。

さらに、それら夜勤や時間外手当も収入に反映されるのも大きなポイントでしょう。

業界自体も安定的なので、今後も低い離職率を維持していく業界でしょう。

 

複合サービス事業

複合サービス事業も低い離職率となっています。

平成27年度厚生労働省発表の雇用動向調査結果においては離職者数は27.1 (千人)

離職率は8.1%となっています。

複合サービス事業とは郵便局や各種組合系のなどが該当する業界ですが、この離職率の低さにはもともと入職者数の少なさもあります。

大量採用をしているわけではないので、一度入社すると簡単に離職しない背景もこの離職率に表れているかもしれません。

仕事先によってはホワイト企業並に働きやすい環境もあるでしょう。

[ad#b]

 

金融業・保険業

金融業・保険業も他の業界と比較すると低い離職率となっています。

平成27年度厚生労働省発表の雇用動向調査結果においては離職者数は122.8 (千人)

※金融業・保険業合算

離職率は8.7%となっています。

銀行や保険会社などの金融系は高い年収を得ている企業も多く、また福利厚生なども充実している企業も多く、新卒者にも人気の高い業界となっています。

ただし、金融業・保険業も業務は幅広く配属先によってはノルマやストレスの多い部署もあるのも事実です。

それらの部署のなかには離職はしていませんが、休職している方が多いのも現実です。

 

建設業

建設業も比較的低い離職率となっています。

平成27年度厚生労働省発表の雇用動向調査結果においては離職者数は264.7 (千人)

離職率は9.5%となっています。

背景には建設業ならではの業務内容にあるでしょう。

建設業の業務は多岐にわたりますが、どれも他の業種で活かせる仕事内容ではありません。

つまり、建設業経験者は転職先も建設業のため、離職してもさほど環境や収入面も大きく変動しないことも関係している可能性があります。

 

鉱業・採石業・砂利採取業

鉱業・採石業・砂利採取業も全業界の中では低い離職率となっており、平成27年度厚生労働省発表の雇用動向調査結果においては離職者数は2.3 (千人)

離職率は10.0%となっています。※鉱業・採石業・砂利採取業合算

この離職率は低く感じますが、背景には鉱業や採石業自体を営む事業者の数自体現在は非常に少なく、募集がほとんど無くなっているのも現状です。

その為、数字上では離職率の低さとして表れています。日本の高度経済成長期、鉱業や採石業が盛んだった時代であれば、危険も伴うこの業界の離職者数はかなり多い業界であったでしょう。

海外から安い石材や鉱業製品が輸入されれば、この業界の数字上の離職者数はさらに少なくなるでしょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 14:52 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop