謙虚な人

謙虚な人の特徴や心理|仕事や恋愛における特徴9選

謙虚な人は常に低姿勢で、誰からも好かれる存在であるため、そうなりたいと憧れる方も多いのではないでしょうか。ここでは、謙虚な人の性格的特徴や、仕事及び恋愛面での特色等を考えてみたいと思います。

謙虚な人の特徴や心理

腰が低い

謙虚な人は誰に対しても腰が低いという傾向があるようです。少々極端かもしれませんが、自分以外は皆師という意識があり、相手の良いところを見つけリスペクトする事で、それを自分の糧としているようにも見えます。

人間は良いところもあれば悪いところもあるものですが、謙虚な人は、相手の良い部分にフォーカスするのが上手なのかもしませんね。

あまり自己主張しない

謙虚な人はあまり自己主張をしない傾向があるようです。自己主張というのは、過ぎれば逆に当人の評価を落としてしまうリスクがありますので、謙虚な人は大きく自分の評価を落としてしまう事は少ないと言えるでしょう。

ただ、どうしても自己主張や自己アピールが必要な場合もありますので、そういう時だけはちょっとだけ頑張った方が良いのかもしれません。

我慢強い

謙虚な人は非常に我慢強いという傾向があるようです。他人から不愉快な言葉を投げかけられたり、揶揄されたりしたとしても、それに対して激怒するという事はあまりないように見えます。

自分という人間をよく理解しているため、同時に感情のコントロールも上手にできているのかもしれませんね。

他人の悪口を言わない

謙虚な人はあまり他人の悪口に精を出すという事がないようです。謙虚な人は、自分以外の人間には全て見習うべきところがあると考えているため、相手をリスペクトして、良いところを学ぼうという意識があるのではないでしょうか。

勿論、人間良いところもあれば悪いところもありますので、謙虚な人は、他人の悪いところにはあまり興味がないのかもしれませんね。

自分の身の程を知っている

謙虚な人は、自分に対する客観的な自己分析ができているため、自分という人間の分を知っていると言えるでしょう。

ですので、高望みをする事は少ないかもしれませんが、自分の強みや弱みを的確に判断し、自分よりも相応しい人間がいると感じたら特に拘る事なくポジションを譲ったりする等、組織の効率性を高める手助けをしてくれる事もあるようです。

他人のせいにしない

謙虚な人は、物事が何か悪い方向に進んでしまった時でも、あまり他人のせいにする事はないようです。他人よりもまずは自分に何か至らない点はなかったか等を考える傾向があるため、良くも悪くも自己責任が強いと言えるのかもしれません。

[ad#a]

謙虚な人の仕事のやり方での特徴

潤滑油になれる

謙虚な人は基本的に他人に嫌われるという事が少ないため、リーダー等どうしても嫌われなければならない人と、それ以外の人を繋ぐ潤滑油的な役割を果たす事に適性があるようです。

人間というものは「まぁあの人が言うなら・・・」という事で収まる感情もありますので、どうしてもリーダーが嫌われ役にならなければならない場合、そのフォロー役として非常に適切と言えるでしょう。そういう意味では、もしかしたら謙虚な人は出世しすぎない方が良いのかもしれません。

自分の利益よりも全体の利益を考える事ができる

謙虚な人は、自分一人だけが良ければ良いという考えではなく、できれば周りの人間にも利益を得てほしいと考える傾向があるようです。

確かに、自分一人で独占できる利益はいずれ尽きてしまいますので、周りの人間にも利益を分け与える事で、将来的に目に見えない財産を築いているという事にもなるでしょう。そして、それは組織全体の反映にも繋がりますので、謙虚な人がいる組織は長期的に繁栄していくのかもしれません。

[ad#b]

謙虚な人の恋愛における特徴

自分の意見より相手の意見を尊重する

謙虚な人は自分の意見より相手の意見を尊重する傾向があるため、優しい人だと思われる傾向があるようです。

優しい人は大変に人気がありますので、モテるという事もあるのかもしれませんが、あまりに相手の意見ばかりを尊重しすぎると、今度は優柔不断な人だと思われてしまう事もありえるので、その点は注意が必要かもしれません。

自己主張は苦手

謙虚な人は自己主張や自己アピールといったものが苦手な傾向があります。基本的にはそんな事をしなくても好かれる人柄をしているのでしょうが、場合によっては自己アピールが強い人の方が有利になる事もあるでしょう。

特に、恋愛において、相手に気持ちを伝えるという事は非常に重要ですので、ここぞ!という時には、少しだけ普段の謙虚さを捨てて、バッチリ決めていきたいものですね。