ストレス

仕事が覚えられない原因と期間別の対処法

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では仕事が覚えれない原因とその対処法について記載しています。また、仕事を覚えれない事に関して仕事を始めてからの期間毎(1週間、1、2か月、半年から1年)に分け、対処法を記載しています。

仕事が覚えられない原因

メモを取らない・取り方がわからない

仕事を覚えられない人は、仕事について教えてもらってもメモを取らない、または取り方が解らないので仕事について理解が出来ないのです。メモを取らないのは「聞いただけで覚えられると思っているから」、メモの取り方がわからないのは「仕事の何が重要なのか判断できないから」でしょう。

見ただけ、聞いただけで仕事を覚えられる人はごく稀ですし、そういう人でも教えてもらった当日から数日しか記憶していない事が多々あります。完全に仕事を覚えるならば、いつでも見返せるようにメモを取っておいたり、自分専用のマニュアルを作る事が大切です。

部分的に覚えようとする

Aについての仕事の手順が1~5まであるとして、仕事が覚えられない人の場合は「1(最初)と5(最後)だけ覚えよう」と部分的に記憶しようとします。間の2~4が抜けおちていますから、当然の如くいざ仕事を始めても「あれ?これはこの後どうするんだっけ」と仕事に詰まってしまうのです。

これは仕事を覚えられない人が「取りあえず最初と終わり方だけでも覚えておいたら何とかなるだろう」と楽観的に考えて、仕事に無責任であるからでしょう。

[ad#a]

 

説明を集中して聞いていない

せっかく仕事についての説明を受けていても、その話の途中で違う事を考えてしまう為、説明を聞き逃してしまいがちです。「しまった、聞いていなかった」と思った時にはもう他の仕事の説明に移っていますから、結局解らない事が解らないままになっています。

そしてその解らない事を質問出来ないので、ますます仕事についてよく理解しないまま放置してしまいます。

業務に関しての知識がない

専門的な業務知識がないままその仕事を始めた人と、ある程度の事前知識があり仕事を始めた人では、後者の人の方が仕事を早く覚えられます。知識を持たないまま仕事を始めてしまうと見るもの、聞かされるもの、実演する事の全てが初めてなので、頭が追い付いていかないのです。

大抵の人は初めて携わる業種について事前知識を得ようとしますが、仕事が覚えられない人はその努力を怠るという事も理由の1つでしょう。

 

知識だけ得て実践をしていない

仕事についての説明を受け、知識だけは得たものの、しかしそれを実際に練習したり実演しないのでなかなか覚えられないという人もいます。これは仕事を教えている側が「まだ早いだろう」なんて実際にその仕事について練習なり何なりをさせないのも悪いでしょう。

しかし仕事を覚えられない人自身も、自らシミュレーションや練習をしようと行動に出ないので、いつまでも仕事が覚えられない悪循環に陥ってしまいます。

[ad#b]

 

1週間経過しても、仕事が覚えられないときの対処法

仕事をいち早く覚えるには最初の1週間が肝心ですが、この1週間で全く仕事を覚えられないまま過ごしてしまった人はメモを取っていない可能性が高いのです。また、メモを取っていたとしても、後から読み返しても何についてのメモか解らなかったり、手順が途中で抜けおちている事が多々あります。

1週間経ってからでも遅くはありませんから、マニュアルがあればそれを読む、聞ける人がいればもう一度仕事について詳しく教えてもらうようにします。そして自分が一番解りやすい自分専用のマニュアルを作って、手順通りに最初から最後まで通して練習を積み重ねましょう。

 

1か月から2か月経過しても、仕事が覚えられないときの対処法

仕事を始めて1~2ヶ月で、この先その仕事を続けていけるかどうかがある程度判断できるようになります。もしも「まだこの仕事を続けたい」、「後1ヶ月でも頑張ってみよう」と思うのであれば、解らないままにしていた部分を聞いて知識を増やしましょう。

人によっては「一度教えた事はもう二度と聞くな」という厳しい人もいますが、それを恐れていたらいつまでも仕事を覚えられません。正直に「すみません、どうしてもここの部分を覚えられないんで教えてほしいんです」と言って、素直な態度で教えを請いましょう。

他に仕事について詳しい人がいるならその人に細かい部分まで仕事を教えてもらいます、曖昧なままが一番いけません。

半年から1年が経過しても、仕事が覚えらないときの対処法

半年~1年経っても仕事が全然覚えられないのは、多くの仕事を一度に覚えようとしている場合が多いのです。解らない事を一度に聞いてもあまり理解できません、1つの仕事を完璧に覚えたら次の仕事を覚えるという順序が大切なのです。

Aの仕事を完璧に覚えた、もう誰に聞かなくても大丈夫だと自負できれば、次はBの仕事について覚えていきましょう。慌てず、焦らずにじっくりと1つずつ丁寧に仕事を理解していけば、初めての分野であっても自然と頭に入っていきます。

そして覚えていこうとしている内に解らない所が出てきたら、すぐに「ここをもう一度教えてください」と聞きにいきましょう。何年経っても何度でも納得するまで仕事を覚えようと努力をするしつこさと、恥を捨てる事が大事なのです。

 

どうしても仕事が覚えられないときは、転職を考える

努力しても仕事をどうしても覚えられない人は、周囲の人への罪悪感やクビになるのではないかと、びくびくしながら働いているケースもあり、さらにそれが悪循環になっているケースがあります。

人によって向いている仕事や、向いていない仕事もありますので、自分に合っていない仕事だと感じた場合、転職を考えてみるのも良いと言えます。

転職のプロである転職エージェントを利用することで、現在の悩みの相談に乗ってもらったり、自分に合った職種を教えてもらい、紹介をしてもらうことができます。

気軽に活用して、まずは悩み相談から乗ってもらい、現状の相談をしてみることをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月19日 08:20 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop