施設介護につきものの夜勤。仕事内容とメリット・デメリット

0 コメント
twitter
はてな
facebook

入所施設の介護職といえば、切っても切れないのが夜勤勤務です。

ここでは、入所施設での介護職の特徴である、夜勤についてご紹介します。入所施設への転職を考えている方は、ぜひ一度目を通して見てください。そう遠くない未来に直面するであろう現実が、今目の前に見えてくるはずです。

今夜勤がつらくて悩んでいる方は、ぜひ、この記事を読みながら自分の問題点を整頓してみてください。解決の糸口が、きっと見つかるはずですよ。

夜勤の仕事の基本はこれ。仕事の内容を把握しておこう

まずは、夜勤に入ってから終わるまでの流れを把握しておきましょう。多くの施設は二交代制です。夕食前から翌日の朝食後までと考えれば、ひとつの目安となるでしょう。時間の流れがつかめるように、3つに分けて考えてみましょう。

夜勤に入る日の夕方から、夜中にかけての仕事内容

16時頃に出勤し、入所者の状態や注意点などの情報を集めます。申し送りを受けたら、夕食のための移動や介助をおこない、食後は就寝のための更衣や口腔ケア、ベッドへの移動介助をします。このあたりは、遅番と連携をとることになるでしょう。

消灯後の業務は、主に見回りと安否確認です。夜間の見守りやトイレ介助、眠れなくて起きてしまう入所者の対応をします。合い間に記録をしたり、必要があれば眠前薬などの介助もおこないます。

夜中から夜明けにかけての仕事内容

大部分の入所者が入眠すれば、施設内は穏やかな時間を迎えます。仮眠時間が設けられている場合には、この時間帯にとることになるでしょう。誰かが仮眠に入っている間のフォローは、残りのスタッフがおこなうことになります。

夜勤帯では、日勤帯ではおこなえない雑用をする場合もあります。入所者の対応が優先となる日勤帯では、裏方の作業に手が回せません。比較的手の空きがある夜勤帯に、物品の補充や在庫チェック、スタッフが使用する場所の掃除などをします。

夜明けから日勤帯へ引き継ぐまでの仕事内容

朝6時頃からは、起床のための介助が始まります。入所者を順番に起こし、更衣や口腔ケアをおこなって、食堂へと誘導していきます。朝食の介助からは、早番も加わってくれることが多いですね。

朝食が終わって、口腔ケアをおこなったら、あとは日勤帯に引き継ぎましょう。夜間に変わった様子が見られた方や、朝起きられなくて朝食が食べられていない方など、しっかり申し送っておきましょう。

記録が順調に終わっていれば、9時頃に夜勤の仕事が終わりになります。事業所によって多少のずれはあるかもしれませんが、大きな流れはこのような感じです。

夜勤のリスクとデメリットを知ろう

日勤と夜勤では、さまざまな点が異なります。日勤に慣れていたとしても、時間帯が違えば、雰囲気が大きく変わります。初めて夜勤に入るときには、戸惑うことも多いでしょう。実際に夜勤に入る前に、その特徴を押さえておきましょう。

今まさに「夜勤がつらい」と思っている方は、どのような点がつらいポイントなのか、気付くことができるはずです。なにがつらいのかを自覚することができれば、問題の解決に向かいやすいですよ。

スタッフ数は日勤よりも少ない

夜勤は、どこの施設でも、日勤帯よりも各段にスタッフ数が少ないものです。人間は、夜は眠るものです。眠っている人のお世話は、それほど手のかかる者ではありません。ですからその分だけ、人手を減らされているのです。

夜間のスタッフ人数を手厚くすることによって、報酬の加算を算定している事業所もあります。ですが、多くの場合は、ワンフロアに1人、ワンユニットに1人などの体制となるでしょう。

昼間に比べると、入所者の活動量が少ないので、スタッフ人数が減っていてもそれほど苦労はしないかもしれません。ですが、眠ってくれない利用者が多かったり、それに伴ってナースコールが増えたりすると、途端に夜勤がつらいものになります。

日中には体調が落ち着いていた入所者が、夜間に突然病気の徴候を見せることもあります。また、介助を呼ばずにトイレに行こうとして転び、巡回時にケガをしているのを発見するなんて場合もあります。

変化があれば、それだけ対応に手間がかかり、大変な夜勤になります。穏やかな夜勤になるか、それとも大変な夜勤になるかは、日勤帯の影響もあるので、一概に読めるものではありません。

協力体制がとれるスタッフが少ないのは、夜勤がつらいポイントのひとつですね。

緊急時の対応は、現場の判断と観察が重要になる

最近では、看護師が勤務している施設が増えました。自宅や病院での看取りが減り、施設入所をされるケースが増えている影響もあるでしょう。

ですが、日勤帯は看護師がいても、夜間帯は看護師がいないという施設がほとんどです。その場合、施設からの連絡が受け取れる携帯電話を看護師が持つ、オンコールという体制をとることが多いようです。

オンコール体制には、介護職の観察と適切な報告が重要となります。入所者の不調を発見して看護師に連絡をしても、「様子を観察して」と指示されることもよくあります。その場合、観察すべきポイントはどこなのか、分かっていなくてはいけません。

オンコールには、「いつでも看護師に連絡ができる」という安心感はあります。ですが、実際にその場に看護師がいるわけではありません。いざという時に備えて、自分が何をしなくてはいけないのか、理解しておく必要があります。

夜勤では、人の命に対する責任感が重要になっていきます。そのプレッシャーの重さも、夜勤が重荷に感じるポイントですね。

生活リズムが周囲と合わなくなる

夜勤をするようになると、家族や一般職の友達と、生活リズムが合わなくなりがちです。そのために、家族と一緒に買い物や外出などがしにくくなったり、友達と疎遠になったりすることがあります。

夜勤に入るためには、昼間に睡眠をとらなくてはいけません。夜勤が明ければ、その日の残り時間は自由ですが、繊細な人は、夜勤中の仮眠が満足にとれず、夜勤明けには疲労困憊になっていることもあります。

また、多くの場合は、夜勤だけではなく日勤や早番・遅番も組み合わせたシフトを組まれます。一度夜勤に入った後は、次の勤務に備えて朝きちんと起きられるようにしなくてはいけません。夜型のままでいる訳にもいかないのです。

仕事のための生活リズムを整えていると、自然と周囲と同じ時間帯に活動することが難しくなっていきます。施設勤めの介護職は、ただでさえ週末に休みをとることはできないものです。周囲とのズレが出てくるのは、仕方がないことかもしれません。

いったん生活リズムが崩れると、なかなか立て直せない方もいます。この点も、夜勤が負担になるポイントですね。

デメリットばかりじゃない。夜勤のメリットも教えます

ここまで、夜勤のリスクやデメリットについてご紹介をしてきました。ですが、夜勤勤務は悪いことばかりではありません。夜勤ならではの特徴に、生活スタイルをうまく合わせれば、日勤帯の勤務より時間も有効に使うことができるのです。

夜勤を負担に思っている方も、今一度、夜勤のメリットについて見なおしてみてください。「やっぱり、夜勤があってもいいのかもしれない」と思えるかもしれません。

夜勤手当がつく

夜勤のメリットといえば、何といっても夜勤手当がつくことです。薄給で有名な介護職ではありますが、夜勤に入った分だけ手当てが上乗せされるのであれば、それなりの額を稼ぐことも可能になります。

夜勤手当は、施設によって差がありますが、5000円程度が相場でしょうか。夜勤に入ることを前提として採用された場合は、最低限の夜勤の回数は基本給に組み入れられている場合があります。採用面接の際に、きちんと確認しておきましょう。

夜勤あけの休みを活用できる

夜勤は、多くの場合、9時くらいまでの勤務を終えれば、そのあとは自由です。その日は出勤していた扱いですが、実質は、日中の大半が休みという状態になります。また、夜勤の次の日は、休みに設定されているはずです。

夜勤明けと、夜勤あけの次の日の休みを利用すれば、まとまった時間をとることができます。この休みを利用して、プチ旅行などの計画をたてたり、習い事や趣味に時間を使うなんて方もいます。

どんな場所でも眠れる方ならば、夜勤中に与えられた仮眠時間にしっかり眠れるでしょう。短い時間でもしっかり眠れれば、翌日の疲れも違います。「もともと睡眠時間が短くても平気」というショートスリーパーな方にも、お勧めかもしれませんね。

夜勤専門なら夜型の生活リズムがつくれる

「夜勤は苦にならないけれど、日勤と夜勤の組み合わせがつらい」という方もいるでしょう。そういった方には、夜勤だけを担当する夜勤専従という働き方をしてみてはいかがでしょうか。

夜勤だけという固定されたシフトだけで業務に入るので、昼間の仕事内容を覚える必要がないのもメリットです。同時に夜勤に入るスタッフの人数は少なく、夜は談話もあまりしないので、面倒な人間関係に煩わされることもありませんね。

もちろん、入所者の昼間の様子を見られないというデメリットはあります。寝ているところしか見られないので、その人の性格を知ることも難しかったりするでしょう。ですが、その代わりに、夜間の様子については熟知することができます。

夜勤だけの勤務であれば、ある意味ではとても規則的な生活をすることができます。それを利用して、日中は専門学校に通うという方もいますね。

自分の生活スタイルに合わせた仕事を選ぼう

自分が希望する仕事に就けるかどうかは、景気や世の中の需要にも左右されます。たとえやりたいことが他にあったとしても、希望する仕事を選んで続けていくことが難しい場合もあるでしょう。

だからこそ、自分に合った仕事を選ぶことが重要です。

この記事を読んで、「夜勤はデメリットが大きいので避けたい」と思った方は、自分の生活スタイルに合う他の仕事を選んだ方がいいのかもしれません。

「介護職以外の仕事に転職したい」と考えている方は、こちらの記事を読んでみるのもお勧めです。介護職以外にも、選択肢がいろいろとあることに気付けるでしょう。

「介護職自体は続けたいけれど、夜勤だけはきつくてもう無理」と思っているのなら、介護職というカテゴリーのなかでの転職を考えてみてはいかがでしょうか。

介護職のなかでも、勤務形態はさまざまなものがあります。

介護職はやりがいのある仕事ですが、体を壊してしまっては、元も子もありません。夜勤がつらいと思うなら、夜勤のない職種に変更して、介護職を続ける選択肢もあるのです。

夜勤の仕事には、メリットもデメリットもあります。

「施設の介護職は夜勤がつらい」と言う方もいますが、生活スタイルによっては、自分の時間を有意義に使うことができる働きやすい仕事になるかもしれません。自分の生活スタイルを冷静に分析して、働きやすい勤務形態が見つけられると良いですね。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:29 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop