資格なしで始められる介護職のメリット&有資格者との待遇の違い

0 コメント
twitter
はてな
facebook

「仕事をするのは何のため?」と聞かれたら、多くの人は、「お金を稼ぐため」と答えるでしょう。やりがいや生きがいもあるでしょうが、生活のためにお金を稼がなくてはいけないというのが、現実的な理由ですよね。

ですが、「仕事をするためにお金をかけるのは、極力避けたい」という方も多いでしょう。ここでは、無資格からから始める介護の仕事についてご紹介します。

専門性の高い介護職。無資格でも始められる理由とは?

専門職である介護職には、初任者研修や実務者研修など、専門的な資格が定められています。資格取得には、当然お金がかかります。介護の仕事が向いてるかどうかもわからないのに、最初にお金をかけて資格をとるのは、ハードルが高いですよね。

それならば、まずは無資格から初めてみてはいかがでしょうか。介護職は、専門性の高い仕事です。ですが、無資格からでも介護の仕事に携わることは可能です。

介護職の仕事は、自力ではご自身の身の回りのことをするのも難しくなった方々のお世話です。その仕事内容は、排泄や入浴などの身体介護から、洗濯や掃除などの日常的な家事にいたるまで、多岐に渡ります。

ですから、介護職の仕事のなかでも、介護職としての専門的なスキルを必要としない仕事があるのです。

入所施設では得に、家事に関する仕事が多くあります。掃除や洗濯、衣類の整理、物品の在庫管理、配膳などです。こういった仕事も、入所者が生活する上では重要ですが、特別な介護知識や技術は必要ありませんよね。

慢性的な人手不足の介護職では、資格がなくてもできる仕事を任せるため、無資格者の採用を積極的におこなっている企業も多くあります。

これが、無資格でも介護の仕事を始められる理由です。

有資格者との違いを知っておこう

無資格でも介護に携わる仕事はできます。ですが、持っている資格に差がある以上、有資格者と全く同じというわけにはいきません。

入職してから不当な思いを味わわないためにも、無資格者と有資格者の違いをきちんと知っておきましょう。

できる仕事は限られる

介護職は、専門職です。定められた資格には、れっきとした意味があります。初任者研修や実務者研修では、介護や福祉に関することや、加齢による病態・生理なども勉強するのです。当然、身体介護に関わる実習もあります。

無資格者は、そういった専門的な教育を受けていないということになります。したがって、要介護者の体に直接触れるような仕事には、ほとんど関わることができません。

たとえ身内の介護経験などがあったとしても、資格がない以上は、仕事としてそのスキルを使うことは難しいでしょう。有資格者と無資格者では、大きな隔たりがあるということを覚えておきましょう。

給与などの待遇は劣る

仕事内容の違いは、給与などの待遇面にも如実にあらわれます。

有資格者の仕事と無資格者の仕事では、要介護者に関わる責任の重さが違います。

もちろん、「掃除や洗濯などの家事には、仕事としての責任がない」というわけではありません。ですが、排泄や食事の介助、入浴の介助などの身体介護と比べてみると、要介護者に与える影響は段違いですよね。

仕事内容が違うということは、勤務時間も違ってきます。

有資格者の仕事は、要介護者が生きるために関わる行為全般の介助です。入所施設であれば、24時間365日必要な仕事になります。ですが、無資格者のメインの仕事である家事は、主に日中おこなわれる作業ですし、毎日は必要ない場合もあります。

仕事内容や勤務時間の違いを考えると、無資格者と有資格者で待遇が異なるのは、仕方のないことだと言えるでしょう。

有資格者に比べて立場が低い

多くの職場では、無資格者は有資格者に比べると、立場が低く扱われています。時に、その立場の違いは、人間関係にもあらわれることがあります。

できる仕事の範囲が少ない無資格者は、職場の中でも、有資格者から下に見られてしまいがちです。有資格者と無資格者で作業分担がされているはずなのに、「有資格者から小間使いのように扱われ、無資格者が嫌な思いをする」なんて話もあります。

また、そういった人間関係は、要介護者にも意外なほどよく伝わります。人によっては、介護職内での序列を理解していて、いじめや嫌がらせに加担される場合もあります。

仕事内容や責任の重さの違いを考えると、仕方のないことなのかもしれません。こういった人間関係は、職場によっても大きく違います。入職のときには、ぜひ気をつけておきたいポイントです。

無資格者から有資格者へのスキルアップも考えよう

無資格者のままで勤務を続けるというのも、悪いことではありません。職場によっては、掃除や洗濯などの家事だけを担当とした、無資格者専門の部署がある場合もあります。

ですが、介護職として携わるうちに、「もっと専門的な部分も、仕事としてやってみたい!」と思う方もいるでしょう。そのような場合には、無資格者から有資格者へのスキルアップをおすすめします。

無資格者の求人を出している職場では、資格取得のための支援制度を設けているところがあります。資格取得のための費用を補助してくれたり、資格取得のための休みを都合してくれたりするのです。

もちろん、支援制度の有無や支援内容には、職場によって差があります。支援制度自体がなかったり、支援はあっても条件付きだったりする場合もあるでしょう。資格取得を目指すなら、この点は職場に確認をしておきたいところです。

入職の時点から「無資格で就職をするけど、いずれは資格を取りたい」と考えているのなら、職場選びの際に、資格取得についての補助があるかどうかを気にしておくとよいでしょう。できれば、採用面接の時に聞けるようにしておくと良いですね。

▼介護職の資格について興味をもたれたら、どうぞこちらもご参照くださいね。
介護職で必要な資格2つ。それぞれの特徴と違い、メリットとは

無資格での就職。そのメリットを最大限に活かそう

ここまでお話してきたとおり、無資格での介護職への入職には、メリットもデメリットもたくさんあります。無資格から介護職を始めることのメリットは、なんといっても、資格取得のための最初の資金が要らないことにあります。

他職種からの転職などで、介護職に初めて就こうとされている方にとっては、介護の仕事は未知の世界です。未知の世界に足を踏み入れるときには、不安もたくさんありますよね。

そんな時に、「多額の費用をかけて資格をとってから入職する」となれば、ハードルがぐっと高くなります。ですが、なんの準備も勉強もせず、無資格で応募できるのならば、楽な気持ちで飛び込むことができるでしょう。

「ちょっと介護の仕事をやってみたい」という気持ちでもいいのです。「やってみて、向いていると思ったら、資格をとってみようかな」と考えてみてください。それができるのが、無資格での介護職入職の、最大のメリットです。

無資格での介護職入職は、現在無資格で、介護職への転職を考えている方だけに与えられた選択肢です。メリットとデメリットをしっかりと比較して、選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月19日 11:11 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook
pagetop