リスト

事務職に資格が必要な理由と取得するべき資格【男女別・パソコン】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、事務職に資格は必要である理由、取得するべきおすすめの資格、男女別のおすすめ資格、パソコンを使う場合に役に立つ資格などを記載してあります。事務職に就職・転職希望の方には有益な情報となっておりますのでぜひご覧になってください。

事務職に資格が必要である理由

前向きな姿勢であるとアピール出来る

資格を持っている人のほうが仕事に対して現実的で前向きな印象を持ちます。人事も仕事をしてもらうにあたり、仕事への具体的で鮮明なイメージを持つことが出来ます。事務職に対しての本気度をアピールする為にも資格は持っていたほうが良いでしょう。

 

専門分野に通じる資格があると有利

事務職には様々な事務があります。医療事務、一般事務、総務事務や、経理事務や営業事務、貿易事務など業務も業種によって違います。

医療事務には医療事務検定、貿易事務では英語検定など、専門に通じる資格を持っていたほうが仕事をするのに有利になりますよね。自分のやりたい事務に通じる専門分野の資格を持っておくと良いでしょう。

 

事務職が取得するべき資格

日商簿記検定

個人商店から大企業まで、会社は全てお金の動きをコントロールしながら成り立っています。このお金の動きを記録することを簿記といいます。

企業で日々行われる取引を一定の基準に従い帳簿へ記録し、社内外へ提出できるようにします。受験資格は一切無く、4級から1級までランクが分かれています。

最も基礎的なのは3級で、確定申告などの書類も出来るようになります。2級を持っていれば経営状態を把握し分析ができるでしょう。就職活動にも有利です。1級ともなれば社会的価値は高いですが、合格率は10%ほどとなっています。

 

ファイナンシャルプランナー

お金にまつわる知識を基礎として、顧客が望む人生設計を実現するためコンサルティングを行いライフプランの総合的なアドバイスを行います。

ファイナンシャルプランナーは、お金に関する分野をフォロー出来る資格なので、金融、不動産業、保険関係の事務への就職が有利になります。

3級であれば合格率は70%を推移しており、仕事の合間を使っても勉強しやすい内容の試験となっています。日商簿記を取得した人が次に受ける資格としても人気だそうです。

 

文書情報管理士

インターネットの普及、マイナンバー制度が始まり、企業の情報漏えいのニュースが世間を騒がしていますよね。最近では個人情報を保護するにはどうしたら良いか、文書を管理する工程における大切さが大きく求められています。

電子書類を安全な状態で保管するにはどうしたら良いのか、文書の電子管理が会社の存続にすら関わることがあるその理由、個人情報はなぜ外に漏れてしまうのかなど、文書を管理する工程の法律や規格などの知識を身につけ、書類の最善な電子保存の仕方をよく理解し、文書保存の大切さを伝えるエキスパートな資格なのです。

電子文書を取り扱うことの過程など事務仕事の一般常識としても大切な内容が多々含まれています。

[ad#a]

 

事務職におすすめのパソコン関係の資格

MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)

国籍や年齢を問わずに誰でも挑戦することができます。そして多くの企業でMicrosoft Officeを使用しているので、企業やハローワークでの受けが良く、事務関係・営業関係の就職に有利となっています。「自分はワード、エクセルを十分に扱うことができます」という意味になるのです。

短期間に取得できる履歴書に書ける資格としてお勧めします。ただし、アプリケーションのバージョンに即しているために取得できたとしても、残念ながら永年として活用できる資格ではないことを承知してください。あくまで就職のための一時的な資格と考えたほうが良いでしょう。

 

日商PC

上に書いたMOSはワードやエクセルなどの機能や操作を理解しているかどうかの試験ですが、こちらはビジネス文書などの実務に即したパソコンの使い方の試験です。

内容はビジネス文書を意識して指示内容に従い答えを作成します。有名度はMOSのほうが上ですが、日商PC検定は実務的な知識と操作を求められるため、就職、転職はもちろんのこと実際に働いてからも役に立つでしょう。

[ad#b]

 

男性の事務職におすすめな資格

社労士(社会保険労務士)

社会保険労務士とは、会社と従業員の間の労働紛争を未然に防ぐことや、争いごとが発生したときの相談、和解するための交渉などを、当事者の代理で行なうことができる資格です。大企業などでは一般事務のみの雇用になると思われますが、小規模や零細企業になるといざという時に様々な事ができた方が重宝されます。

給与の計算、就業の規則内容の変更もできる、法人税の申告、法務の対策、など色々なことが出来るということは男性としてはかなりの強みになります。1000時間勉強が必要とされるという難しい試験ですが、事務職に就きたい男性が取っておくのに向いている資格と言えます。

 

女性の事務職におすすめな資格

秘書検定

秘書として必要な社会常識、資質、企業のしくみなどの一般常識、お客様対応などのマナーなどの技能を認定する試験です。企業の重要なポストにいる人に就き、仕事を幅広くサポートします。

身の回りの世話、メールや電話対応、来客時の接遇、スケジュールの管理、書類作成まで行います。秘書を目指す人だけでなく、あらゆる職業や年齢に関係無く仕事に必要な知識や社会人のとしての常識を学ぶことができるので、事務職を目指す人の人気の資格となっています。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月21日 03:32 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop