メリット

【転職して1か月で退職】失業保険はもらえる?退職理由の話し方や履歴書の書き方のポイントは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、転職して1か月で退職したというケースについて、失業保険はもらえるのか、退職理由の話し方、履歴書の書き方のポイントなどについて記載していきたいと思います。

 

転職して1か月で退職した場合、失業保険はもらえる? 

希望を持って転職を決めたけれど、その社風が自分に合わなかった、また仕事の内容が期待しているものと異なっていたなどの理由で、転職をして早期に退職をしてしまうこともあります。

就職をした時には、いろいろな社会保険の手続きをしますが、その中の1つに雇用保険というものがあります。

この雇用保険とは、国が行っている保険事業の1つであり、急に仕事をなくした人などに給付をするためにかける物なのとなっています。

そのため失業保険とも呼ばれます。もしも転職後1か月で仕事をやめて、職がなくなったらこの失業保険はもらえるのでしょうか。

答えはもらえる場合ともらえない場合があります。なぜなら、失業保険、つまり雇用保険を受給できる条件が決められているからなのです。

その条件の1つが、退職日以前の2年間に雇用保険に加入していた期間が1年間以上なくてはいけないというものです。

つまり転職後に1か月で退職をしてしまったら、この条件をクリアすることが出来ないのです。その点から、失業保険はもらないということになります。

また雇用保険に入ると受給資格というのがもらえます。もしも転職をした職場で、受給資格をもらう前に退職した場合は少し手続きが変わってきます。それは前回退職した会社のものを引き継ぐことが出来る可能性があるためです。

前回退職した時の給付日数が残っていれば、失業保険をもらえる可能性があります。通常失業保険の受給期間は1年間です。そのため前の職場を退職して1年以内に起こった出来事であれば、受給できる可能性もあるので確認すると良いと言えます

[ad#a]

 

転職して1か月で退職した場合の退職理由の話し方のポイント

なぜ入社しようと思ったのかという段階から説明する

これまでの職業をやめて転職をするという時には、とても勇気がいることだったのではないでしょうか。しかしせっかく入社した会社でも自分の目指したいことが出来なかったら、やはりここにいる意味はないと思ってしまいます。

退職理由を聞かれた時には、なぜその会社に転職をしたかということからまず話し始めることが大切です。「どんな希望を持ってその会社に入ることを目指したのか?」、「どんなことをやりたいと思っていたのか?」を説明します。

そのような熱意ややる気を持っていたことを証明できれば、退職をした理由を話しても、印象が悪くなりません。会社と求める物のギャップがあったと理解することができます。

 

人間関係などが原因であっても、特定の人や会社の悪口を言わない

残念ながら転職して1か月で退職をすることになっても、その会社のことは悪く言わないというのが大きなポイントです。

例え、社風や仕事に不満があっても、自分には合わなかっただけ、価値観が違っただけという理由で、会社自体の批判をすることはやめておきましょう。

また人間関係で悩んだとしても、上司の悪口などは口外しない方がいいです。そのような悪口を言うと、自分の印象が悪くなりますし、この人はどこに行っても結局満足しないな、どこでも悪口を言われるなという印象を持たれかねません。

[ad#b]

 

転職して1か月で退職した場合、履歴書の書き方のポイント

試用期間退職の場合、履歴書に記載しなくてもかまわない

会社には、試用期間を設けているところもたくさんあります。もしも1か月で退職をする場合には、規則をもう一度振り返ってみましょう。もしかすると自分が辞めた時期が試用期間であることも少なくありません。

その場合は、試用期間中に自分がこの会社に合っているかどうか、また今後長く働いていけるかどうかを見極めて辞めたということになるので、悪い印象にはなりません。

また試用期間であれば、履歴書に書く必要もありません。そのため、まずは規則をもう一度確認をすることが大切です。また、1か月足らずに職歴は書かなくても良いと言われる場合もあります。

そのため履歴書に書くべきかどうか判断に迷った時には、転職エージェントなどの転職のプロに相談してみることが大切です。

 

履歴書に記載する場合は、「一身上の都合で退職」と記載する

履歴書に書く場合には、会社名を記入後、一身上の都合で退職と記入をします。通常履歴書には、退職理由として一身上の都合という言葉をよく使用します。

詳しい退職理由は、企業側が興味があれば、面接で聞かれることになると思いますので、履歴書には詳しく書かず、面接で納得してもらえるような説明をすることが大切になってきます。

 

まとめ

今回の記事では、転職して1か月で退職したケースについて、履歴書の書き方や退職理由の話し方のポイントについて解説してきました。

短期離職は通常好ましくないため、次の転職が難しくなってしまう可能性もあります。

転職のプロである転職エージェントを使用することで、特に重要になってくる退職理由の説明をどうするのかということなどについて、一緒に考えてもらえたり、サポートしてもらうことができます。

無料で利用でき、サポートも充実しているため、うまく活用していくことをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 11:40 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop