フリーターと正社員の雇用形態の比較。安定した福利厚生か、自由度か

0 コメント
twitter
はてな
facebook

フリーターと正社員、経済不安定の今どちらが正解なのか。一昔前なら考えられなかったかもしれません。

今の時代、あえて正社員ではなくフリーターの道を選ぶ人がたくさんいます。

一体どちらが正解なのでしょうか、正社員とフリーター両方のメリットとデメリットをまとめてみていきましょう。

そしてフリーターから正社員を目指す人へ、就職を成功させた2人のインタビューを交えて、その成功の秘訣を紹介します。

フリーターの割合は増加傾向

年々、フリーターの割合が増加傾向にある現代。

正社員で何十年も同じ会社に勤めるのが一番だという時代は終わりを告げたのでしょうか。なぜ安定感のないと思われがちなフリーターが増加傾向なのでしょうか。

その移り変わりの要因に触れていきます。

日本経済が不安定、正社員でも安定ではない

まず第一に日本経済が不安定になってきていることが大きいです。

正社員に就職すれば安心、という時代ではなく、リストラや倒産などのリスクを常に考えなければならなくなってしまいました。

大手企業であってもそのリスクは消えることがないという印象が強まってしまった現代では、そもそも正社員を目指すという人が減ってしまったという背景があります。以前ほど、安定感の無くなってしまった正社員、退職金制度がない企業も増えたりと、これならフリーターで稼いだ方が良いと思う若者が増えるわけですね。

ですから逆にここからの時代で、正社員になることのメリットが上がっていけば、またフリーターが減り始める可能性はあります。

景気が良くなっていくかどうかとフリーターの率は比例しているとみてよいでしょう。

個人で稼げる手段が増えている

今は昔に比べて個人で稼げる手段が大変に多くなっています。

学生の内から在宅でできる仕事も沢山ありますし、クラウドソーシングサービスを使って企業から簡単にお仕事をもらえるようにもなりました。

パソコンを用いた、ウェブデザイン関係や映像制作関係、ライティング系も含めれば仕事は今かなり溢れている状態と言えますからね。

わざわざ正社員という狭い道を選ばなくても、沢山の会社とやり取りをして実績を作っていった方が、将来的な道が広がると考える人もいます。

IT関係の技術の発展や浸透率の高さが、世の中の不景気の流れと重なり、フリーターを増加させているということです。

なにかあった時にすぐにその会社を切れるのも、フリーターでいることの利点でもありますから、こういったIT関係で個人で稼ぐ人と言うのはこれからも増えていくことでしょう。

自由な時間を持ちたい

正社員として会社に勤めるということは、決まった時間、決まった日数を会社に費やさなければいけません。会社によっては長い拘束時間があったり、お休みの融通が利かなかったりもするでしょう。

その点フリーターはどれだけ働くか、どれだけ休むかは割と自分で決めていけます。

アルバイトをしていたとしても、大抵の企業は休みが欲しいと希望がでれば休暇やシフトの変更を許可しますし、個人で稼いでいる人なら「この日はもう働かない」と好きなように決められます。

社会的ストレスを大きく感じずに済むというのは、フリーターの大きな利点であり、魅力なのかもしれませんね。

フリーターでいることの問題点

ここまでフリーターの良いところを書き起こしてきましたが、もちろんフリーターでいることで起こる問題点も複数あります。

同時にそれは、まだ正社員を目指すメリットがあるということですから、フリーターでいるか、正社員を目指すか悩んでいる人はここを大事に読んで欲しいと思います。

年金や保険の支払い

フリーターであっても、正社員であっても、働いて賃金を得るということは、年金や税金、保険の支払いの義務が発生します。

正社員の場合は社会保険への加入が義務付けられていて、税金の支払いや保険、年金の支払いも会社が全部やってくれますので、税金未納ということは起こりません。

また、面倒な確定申告も会社が年末調整をしてくれますので、必要ない場合が殆どです。

ただフリーターの場合は税金や年金は自分で納めなければなりません。支払い忘れるリスクも増え、一度で多額の支払い勧告が届くなんてこともあり得ます。確定申告も自分でしなければいけないため、トラブルが起きやすいです。

しっかりとその辺りを管理できるというのであれば良いのですが、不安があるという方は正社員を目指した方が間違いはありません。

在宅であればコミュニケーション能力が欠如しがち

フリーターの中でも、在宅ワークなどで給料を得ている人は、人との関わりが極端に減るためコミュニケーション能力にやや不安が残ります。

人と話していないと、思ったように会話のキャッチボールが取れなくなります。今はそんなことないと思うかもしれませんが、実際に例えば久々に外で打ち合わせがあるという時に話せなくなるパターンは多く存在するのです。

社会的に見て、コミュニケーション能力が欠如してしまうと正社員への復帰が難しくなる傾向があります。面接などで不利になってしまいますからね。

ですからフリーターとして、在宅でのお仕事をするのであれば、仕事以外でも良いのでコミュニケーションをとれる友人との付き合いを大事にした方が良いです。

成功と失敗の差が激しい

フリーターでも何十万という報酬を得ている人は世の中にたくさんいます。

そういった方々が正社員として勤めるなんてばからしいと思ってしまうのかもしれませんね。安いお給料で正社員だったら、フリーターで高い給料の方が良いという意識です。

ただ逆にアルバイトで生活をやっと切り抜けているというフリーターも沢山いるのが現実です。個人で収入を得るというのはなにかしらスキルがないと難しく、一時は上手くいっても安定感がありません。

成功と失敗の差が激しいのも、フリーターの難しいところと言えるでしょう。

家庭を持つ時に不安

ひとりで暮らしていたり、実家暮らしの人はまだなんとかフリーターでも生活できるかもしれません。

ですが20代が終わり、30代、40代となった時もフリーターのままだった場合、家庭を持つのが年が経つごとに難しくなっていきます。

連れ添う方の気持ちを考えてみるとわかるのですが、自分のパートナーがフリーターで給料が安定していない方だったら、将来性が見出しにくいと考えてしまうでしょう。子供を産むとなったらなおさらですね。

将来家庭をしっかり持ちたいと思うのであれば、フリーターでいるとしても安定した収入源を早めに見つけた方が良いです。

正社員の大きなメリット

正社員になることで得られるメリットも大変多くあります。

それはフリーターでいることは得られ辛いものが殆どですから、どういったところが優れているのかをあらためて見ていきましょう。

福利厚生がしっかりとしている

上記の方で、社会保険などが付いているのが正社員だと書かせて頂きました。

それを含め、各種保険や退職金制度、カウンセリング、交通費や残業代の支給など、福利厚生がしっかりしていることが正社員の魅力です。

突然病気になった時なども、会社が保証してくれる場合がありますから、予想外の事態に強いのが正社員だと言えますね。

フリーターでいると各種費用がかさんでしまいますが、正社員だと支給される場合が多いので、余計な出費を抑えられるのも大きな魅力です。

社員食堂などを設けている会社もありますから、たとえお給料が額面で少ないと感じても、食費を抑えられたり、リスクマネジメントされていたりと安心です。

収入が安定している

正社員の最も大きなメリットとしては、収入が安定していることです。

固定給である会社が多いですから、毎月決まった金額がしっかりと入ってくれますし、なによりもボーナス制度がありますから、月のお給料がフリーターの人と同じ金額だとしても、年収で見ると大きな差になることが多いです。

ボーナス制度があると、必然的に貯金もしやすくなります。まとまった金額が給料と別に年に二回入るとしら、それを貯めていくだけで将来の資金にできるでしょう。

毎月1万、頑張って貯金する…というのも出来ますが、ボーナス制度をうまく活用している人に比べれば大変さはやはりフリーターの方が大きいですね。

最低休日日数が決まっている

年間最低休日日数というのが会社ごとに設けられているのも大きいです。

土日祝日休みであれば、月に8日~10日ほど休みが出来ますし、夏季休暇や年末年始休暇を含めるとお休みの数は安定してありますね。

しかもお休みの数は多くなってもお給料は変わらない会社が殆どですから安心です。

フリーターですと休んだだけ収入は減ってしまいますし、好きな時に休むことは出来ますが、逆にずっと働き詰めになってしまう可能性もあります。自分がどれだけ収入が欲しいかにもよりますが、休みと収入のバランスで考えると正社員の方が強みがありますね。

フリーターは社会的信用を得にくい

例えば引っ越しをするとしましょう。その際仮にアパートに引っ越すとしたら、年収やどこで働いているか、形態は何かなどの情報が必要になります。

正社員の場合は年収は月収x12+ボーナスで計算できるかもしれませんが、個人で仕事をもらっていて月収がその月によってバラバラになる場合、前年度収入などを提出しなければなりませんし、アルバイトですらないので印象が良くありません。

家賃保証会社などを利用するとしたら、その際の審査にも年収や正社員かどうかの形態は大きく関わってきます。

引っ越しを例に出しましたが、他にもフリーターが不利なことは沢山ありますのでまとめていきましょう。

ローンの審査に影響

先ほど引っ越しの際の審査の話をしましたが、大きな買い物をする際のローンが組めるかどうかの審査や、クレジットカードの審査にもフリーターか正社員かで大きく変わってきます。

例え年収が同じでも、フリーターだから組めなかった、なんてことあり得ない話ではないんです。時計や車など、いざ買おうと思って意気込んでお店に行ったのに買えなかったなんてとても悲しいですね。

正社員と同等の価値をフリーターで示していくには、相当な年収や実績を叩き出さなければならないというのは覚えておきましょう。

長いフリーター期間後の正社員雇用の道

フリーターの期間が長くなり、そろそろどこかに勤めて落ち着こうかなと思ったとします。

ですがなかなか就職活動が上手くいきません。それは当然のことです。5年間フリーターだった人をいきなり正社員で雇えるかと言ったら、相当なアピールがされないと難しいでしょう。

フリーターである期間が長ければ長い程、正社員雇用は難しくなると考えておいてください。ただし、フリーター期間中に個人で仕事をもらったところからコネを作って正社員として使ってもらう、なんて道もなくはありません。

フリーターから正社員になるなら、携わった仕事にアプローチをかけるのが一番近道かもしれませんね。

仕事の幅が狭くなりがち

どうしてもフリーターとして生活していると、多くのことに手を出しにくくなります。

コンビニでアルバイトをして、その収入で生きているのであれば、その仕事自体は続けていけば続けていくほど詳しくはなるでしょう。

ただあくまでそれはアルバイトが出来る範囲の知識です。責任が必要ない立場で任される仕事は決まってきますから、どうしても仕事の幅が広がりません。

正社員であれば部署内異動などもあり、同じ職場でも多くのことに携われる機会がありますし、その際は未経験であっても手厚い研修制度があるところも多いですから。

フリーターをしながら多くの事を出来るようになるのは大変なことです。

フリーターでもメリットはある

では正社員になるのが安定した生活が出来て正解なのか。

と言ったら実はそうとも言い切れません。正社員で会社に勤めるということは、時間をその会社のために費やしてお給料をもらうということです。

それはもしかしたら退屈でつまらないことかもしれません、そういった時フリーターであるメリットは大きく活きていきます。

退屈な人生ではない

フリーターとしての暮らしは決して安定はしないかもしれません。いろんな職場を転々とするかもしれません、個人でお仕事がもらえないかもしれません。

苦難は続いたとしても、でも決して退屈な人生では終わりません。どちらかと言えば生きるために波乱万丈な人生に足を踏み込む可能性の方が大きいんです。

ただただ会社に勤めて、事務作業をして25万貰うよりも、人によってはそっちの方がずっと価値のあるものになるでしょう。

退屈な人生を嫌う人にとっては、フリーターが正解の道ということもあるのです。

会社のために働くのではなく、自分のために働ける

フリーターは自分個人で稼いでいかなければなりません。正社員は会社のために努力を尽くし貢献して、その対価としてお給料をもらいます。

それは自分のための努力ではない場合が多いです、フリーターは逆に全部自分のための努力になります。ひたすら自分にできる事を模索し、伸ばしていきたいという向上心を大切にしたいのであれば、フリーターで暮らすのは大いにありだと思います。

逆に自分に対してのモチベーションが低く、働ければなんでもいい…くらいの気持ちでいるなら正社員の方が良いでしょう。

自分のペースでスキルアップを図れる

正社員として会社に勤めれば否が応でも時間を拘束されます。そしてその拘束時間は8時間以上であることが多いでしょう。

対してフリーターは自分で働く時間を決めていけます。収入のペースも自分で調節できますから、無理に稼ぐことなく余った時間をスキルアップに費やせるんです。

資格を取得するのもいいかもしれませんし、単純に技術を学ぶのも良いでしょう。新たな趣味に打ち込める時間もあります。

そのスキルを使って個人でさらに仕事を集めてくることも可能ですから、自分磨きをしながら働いていける楽しさがあるのはフリーターのメリットと言えますね。

フリーターから正社員への就職を成功させた2人の体験談

フリーターから見事正社員に就職することに成功した2人の方の転職体験談をインタビューしまとめました。

それぞれ転職エージェントとハローワークをうまく活用したことで正社員への就職を成功しています。

転職エージェントをうまく活用し、正社員に就職したAさんの事例

私は20代でフリーターから正社員に就職が成功しました。その時はまず、就職サポートセンターという、自治体の就職支援サービスを使いました。

さらには転職エージェントを利用し、実際に企業とマッチングしてもらい、書類選考を行ったり面接のための対策を取ってもらったりしました。

きっかけは、そろそろ年齢も年齢ですし、フリーターから正社員の職を決めたいと思ったことからでした。そこで就職サポートセンターや転職エージェントを利用したりしたのですが、苦労の連続でした。

私はおもに書類作成や面接のアドバイスを中心に行ってもらったので、非常にためになりました。

1.応募書類の作り方から指導してもらう

まずは履歴書や職務経歴書といった応募書類の作り方から指導されました。履歴書の職歴欄はただ入社・退職日を記載するだけではなく、どの部に配属されたか、配属された先で何をやっていたかまで書くといいということを指導されました。

2.職務経歴書は簡潔に、含みを持たせて記入する
職務経歴書は2枚にする人もいますが、大抵は1枚で、しかも「含みを持たせる書き方をするといい」ということを言われました。

どういうことかと言うと、書類を閲覧する人というのは、封筒から出して読むときに、「読みやすさ」を第一に考えるのだそうです。

ですからあれこれと書いてある文書はNGであり、簡潔に書いてある文書ほど読まれるのだという指導を受けました。

3.箇条書きで書かれた書類は読みやすい

これは面接セミナーで企業担当者に直に聞いたことなのですが、職務経歴書は箇条書きのような感じで、「通算○年」のように簡潔に書いてあるもののほうが圧倒的に読みやすく、あれもこれも全部書いていない書類のほうが端的に読めるため、面接に呼んでみようという気になるのだということを聞きました。

書類上で自分のことを全部言いたくなる人というのがいるそうで、実は私がそうだったのですが、書類で全部書いてあると、面接に呼んで聞くことがないと判断され、呼ばれないこともあるというのを聞いたとき、あまりに全てのことを書くのも良し悪しだなと感じたことを覚えています。

事実、その書類の作り方に変更してからというもの、書類選考の通過率が圧倒的に上がりました。

4.面接練習により、基本を教えてもらう
書類が終わったら次は面接の練習です。これも正社員面接ということで、フリーター時代のものとは一線を画していました。

入室時のおじぎのやり方にもルールがある
まず、入室後は「失礼します」と言ってからおじぎを3秒間するということも知りませんでしたし、「失礼します」の言葉と同時におじぎをすることもNGだということがわかっていませんでした。

話すときには相手の目を見るのはもちろんですが、「聞かれたことに答える」ことを主にし、簡潔に行うということを心がけるようにしました。

特にこれも企業担当者に直に聞いたことなのですが、面接時は緊張しているだろうなということは織り込み済みで面接をするということでした。

しかしながら、面接中盤を過ぎても緊張しているようだと疑問符が付くということも仰っておられましたので、ずっと緊張していても良くないようです。

フリーターから正社員へ転職するのは難しいかもしれませんが、きちんとした指導や転職エージェントを利用すれば、きっと未来は拓けますので、決して諦めることなく頑張ってください。

ハローワークを活用したBさんの再就職体験

もともとは、専門学校をしたあとに新卒として印刷会社で約5年間働いていました。

デザイナーのポジションにおり、好きなことをやっていたつもりではいましたが5年も同じ会社で働いていると不思議なもので、何か別の職種もやってみたいな…と漠然とした夢を抱くようになりました。

そしてそこを辞めたあとに、すぐさまアルバイト先を探して販売のお仕事につきました。今までパソコンを使って仕事をしてきた私にとって、それはまったく違う環境で働く冒険のような転職でした。2年の間に、2回ほど場所を変えました。

仕事内容はそこそこ面白かったし、充実して楽しかったように思います。

ただ、何か思ったとすれば、責任感というものから開放された自由さとともにちょっとした寂しさのようなものも感じていました。

1.正社員の方がアルバイトよりも優れているポイント
正社員の頃は、1年もしないうちに自分ひとりで案件を任されるようになり営業とうまくやりながら仕事をすすめていました。

しかしアルバイトはどうでしょう。シフトもある程度は自分の融通がききますし、そんなに重要な業務を任されるということもありません。

お給料でいえば、もちろんアルバイトの方が賃金が安いことは覚悟のうえでした。

が、いちばん大きかったのはボーナスがあるかないか。

夏と冬にポロッと入ってくるあのお金は大きかったな、なんて思うようになりました。

そこで、また正社員になりたいと考えるようになったのです。

2.ハローワークに行き相談
まずは、ハローワークに行きました。実際にハローワークに出向き、欲しい条件で絞り込み、相談を繰り返しました。そのあいだにもネットで求人を探すこともし ましたし、新聞と一緒に入ってくる求人広告や、いろんなお店の店頭に設置されている求人情報誌を持ち帰って見るようにしました。

そのときは、たまたま求人情報誌から応募したものが条件がよく、すぐさま応募。

選んだ仕事はやはり、パソコンでデザインなどをする業務でした。

座って仕事ができるありがたさや、物づくりがやはり好きだったのだということを再確認しての選択でした。

書類審査を通過し、採用担当者との面接も無事通過して合格しました。

3.フリーター時代の経験も無駄にはならない
これは会社に入って人事の人にあとから聞いた話なのですが、じつはこの採用、面接の決め手は能力どうこうというよりは私の愛想のよさやコミュニケーション能力の高さだったそうです。

それらは、販売のアルバイトで培ったものでした。とてもパソコンの前にいて仕事をし続けていた頃の私には足りなかったものだと思います。

気まぐれで正社員からフリーターになった時期の、アルバイトの経験のすべてが無駄になったわけではなかったのです。

フリーターであった時期の経験も、正社員として採用されるための良い材料になったのだと知り、うれしくなりました。

転職は正社員から正社員へ、これがベストなのだと思っていたし、そうじゃないと採用も難しいのではと思いこんでいた時期もありましたが、すべては無駄ではない。とても良い人生経験をしたと思います。

フリーターを選ぶか、正社員を選ぶかは、自分が何を目指すかによる

結局のところ、どちらにもメリットはありデメリットもあります。

どちらが正解かどうかは、あなたがどんな人生を歩みたいかによって変わってきますし、正社員から一度フリーターを経由して独立する、フリーターから正社員として勤め地位を築く、と言った道だってあるんです。

大事なのは人生設計ですから、自分がどうしたいかをしっかりと考えていきましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月19日 22:18 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop