僕の適性年収はいくら?元大手電力会社勤務の僕が年収診断をやってみた。

0 コメント
twitter
はてな
facebook

自分の適性年収って、いったいいくら??

今回の記事では、自分の適性年収を知ることができる、@typeという転職サイトの年収、市場価値診断テストを使って、年収診断をやってみたので、そのやり方と僕自身の結果について、書いていきたいと思います。

 

自分の今の年収が少ないのではと疑問に思っている人は、特に診断で検証してみていただければと思います。

 

まずは必要項目の入力

 

@typeのトップページのかなり下の方に、市場価値診断テストという項目がありますので、そこから診断を始めることができます。

type1  

診断の結果を出すためには、いくつか必須項目を入力する必要があり、まずは上の写真のように、個人プロフィールと学歴を入力していきます。

 

個人プロフィール、学歴の入力が完了すると、パーソナリティの入力画面に移動することができるようになります。この項目では、自分の好む会社の雰囲気など、趣味、志向について入力していくことになります。

type2

 

この項目は、年収を査定する上で必要ないように感じますが、@TYPEの診断では、適性年収だけではなく、性格特性というものを診断してもらえるようで、その診断に使用する項目のようです。

 

次にスキル、経験の項目を入力します。

type4

 

これまで挙げてきた全ての項目の入力が完了すると、いよいよ自分の適性年収が表示されることになります。

 

 

TYPEの適性年収の結果

type5

僕は、あえて今の情報ではなく、以前大手電力会社に勤めていたときの情報を入力してみました。

その結果、僕の当時の適性年収は440万円であることが分かりました。もちろん福利厚生などの他の要素を加味して判断する必要はありますが、当時、僕の年収は約300万円であったため、給料をもう少しもらっても良かったということが判明しました。

また、これは想定年収を見たときの正直な感想なのですが、他の会社に就職した大学の同期の多くが、1年目から500万以上の年収を得ていたため、現状の給料よりはかなり高いけれども、もう少しあって欲しいと思いました。

(目標額に想定年収が届かなかった理由は、スキルの不足していたということが挙げられると思います。当時勤めていた大手電力会社は、汎用性のあるスキルが身につかない環境であったため、当時の僕には、社外で通用するようなスキルが身についていませんでした。)

 

このように年収診断をすることにより、自分の市場価値を表す想定年収を知ることができます。想定年収と実際の年収を比較することで、年収を上げるための指針(現状が高水準ならば維持するための指針)を見出すことができます。その内容を今から詳しく書いていきたいと思います。

[ad#a]

 

適性年収と実際年収の比較によって、これから取るべき行動が分かる

 

実際年収≧適性年収の人

 

このパターンの人は、現状では市場価値以上に会社から給料をもらっている人になります。

自分のスキルやスペック以上の給料を得ることができている良い環境に言えるので、特に給料面からは、転職を考える必要はないと言えます。今勤めている会社で、働き続けるのが賢明と言えます。

ただし、恵まれた環境に満足して努力を怠ると、リストラや倒産などの万が一の事態に、大きなピンチを迎えることになります。スキルや経歴が給料に見合っていないため、転職をして給料を維持することは難しいと言えます。

リスクヘッジのためにも、現状に甘んじることなく、給料に見合ったスキルを身に着けておくことをオススメします。

 

 

実際年収<適性年収の人

 

このパターンの人は、今の給料に不満を持っても仕方がない人になります。会社を選ぶ要素は、給料だけではなく、様々な要素があるため、給料が安いというだけで、転職を考えるのは、短絡的な考え方かもしれませんが、給料にどうしても納得できない場合は、転職を考えてみるのもありであると思います。

 

僕自身も、電力会社の給料や勤務地に不満があったこともあり、転職をし、給料を上げることができました。

ただ給料を上げるためだけの安易な転職は、失敗に終わることも多いため、リクルートエージェントなどの転職エージェントに相談して、自分に合った求人があるのかどうかの確認から、始めてみるといいと思います。

 

 

@typeの年収診断についてのまとめ

 

今回の記事では、適性年収を知ることができる、@TYPEの市場価値診断テストの体験記事を書いてきました。

自分の市場価値を表す適性年収を知ることで、これから取るべき行動が分かってくるため、特に年収が少ないのでは?と悩んでいる人は、是非自分の適性年収を検証していただければと思います。

 

こちらの記事も参考にどうそ

給料が上がらない理由。転職を考える基準とは?

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月17日 09:46 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop