辞めたい

30代薬剤師の転職における成功のポイント、注意点、年収とは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

30代の薬剤師が転職する際に気をつけるべきことには、どんなことがあるのでしょうか。

今回は30代薬剤師の職種ごとの年収相場や転職成功のポイント、未経験の職場に転職するときの注意点に関して詳しく見てみましょう。

30代薬剤師の職場ごとの平均的な年収

病院薬剤師の場合

30代の病院薬剤師は、他の職種と比較すると年収は安く、400〜500万円程度が一般的でしょう。病院の給与は年功序列で設定されていることが多く、その人のスキルや実力によらないことが多いです。

そのため、他職種から転職する場合は、年収が下がってしまうことも想定しておきましょう。

 

調剤薬局の場合

30代の調剤薬局薬剤師の年収は、幅はありますが450〜700万円程度に収まることが多いでしょう。30代で管理薬剤師やエリアマネージャーの役職につく人も多いため、役職によっては30代後半で年収700万円も目指せます。

年収を重視した転職をする場合は、役職につくためにかかる年数や昇級率も意識して考えると良いでしょう。

 

ドラッグストアの場合

30代のドラッグストア薬剤師の年収は、他職種と比べて高めに設定されています。おおよそ年収は500〜750万円程度になることが多いようです。

もちろん750万円は一人薬剤師や管理薬剤師、エリアマネージャーなどのポジションに就いたり、週20時間以上の残業をするなどしたときにもらえる額になります。夜遅い時間の対応や多店舗のヘルプなどができる薬剤師には、給与も高めに提示されています。

 

企業に勤める薬剤師の場合

30代の企業薬剤師の年収は、その就業先によってかなり違いが出てきます。その幅は450万円〜1200万円程度でしょう。医薬品卸会社や、製薬会社の品質管理・品質保証などの職種は450〜550万円程度、一方で製薬会社のMRは700〜1200万円になることもあります。

地方の工場勤務から海外出張のある職種まで企業によって働き方も全く異なるため、企業の年収帯はかなり幅があるでしょう。

参考記事:薬剤師の年収相場(勤務先別)と、年収を上げるための3つの方法

[ad#a]

 

 

30代薬剤師が転職を成功するためのポイント

薬剤師専門の転職サイトに登録する

全国には、薬剤師専門の転職サイトが数千〜数万個あると言われています。

その中で、少なくとも3.4社には登録するようにしましょう。

転職サイトに登録すると、あなた専任のキャリアアドバイザーが決まり、転職活動全般をサポートしてくれます。

特に30代の薬剤師は社会人としても中堅の位置に差し掛かってきます。今までのキャリアを生かしながら、今後どうなっていきたいかを決める大事な時期といえます。

自分が定年退職するまでの今後約30年のキャリアについて、まずは担当アドバイザーに相談してみるとよいでしょう。

参考記事:薬剤師転職サイト・求人サイトランキング

 

自分でも転職について真剣に考える

結婚や出産などのライフイベントが多いのも30代でしょう。

家計を支える収入が得られる会社に転職する、子育てに対する理解や支援制度がある会社に転職するなど、今後のライフプランも考えながら転職を捉える必要があります。

転職アドバイザーによっては、募集の緊急度が高い企業を積極的に推してくるようなアドバイザーもいますが、そのような提案に惑わされないよう、自分でもしっかりと意志を持って転職活動に望む必要があります。

[ad#b]

 

30代薬剤師が未経験の職場に転職するときの注意点

求人によっては、30代が転職のラストチャンスとなることを認識する

特に企業求人は35歳までの人材を募集要項としているところも多く、転職するなら最後のチャンス、という求人もちらほら出てくるのが30代という時期です。また病院でも比較的年齢層が若い方の募集をしており、「経験者は40代まで採るが未経験者は30代まで」という病院も多いのです。

転職市場では若さが価値となるので、30代の転職は今後の人生を決める大事なイベントであると言えます。

ちなみに、求人票に年齢制限を儲けることは法律で禁止されているため、企業求人の多くが30代前半までの採用しかしていないことに気付かない求職者は多いのです。自分の興味ある求人の年齢制限をしっかりと把握するためにも、転職エージェントは利用する方が良いでしょう。

 

今までのプライドは捨てる

30代で未経験の職場に転職した時、場合によっては今までの経験が生かされないこともあるでしょう。

もちろん社会人としての考え方やビジネスマナーの基本などについては、今までの経験を生かせるところもあると思います。しかし実際のスキル面で言うと、全く生かせないことも多く、まずは新入社員のように研修を受けてからのスタートとなります。

この際に、例えば自分を指導してくれるのが20代の社員ということも考えられます。社会人としては自分の方が先輩なのに、歳下の社員に敬語を使いながらいろいろ教わる、というケースも出てくるでしょう。

しかし、未経験の職場に飛び込むということはそういうことです。不要なプライドは捨て、新入社員になった気持ちでひたむきに取り組むことができるかどうかによって、今後の活躍も変わってくるでしょう。

30代で未経験の分野への転職するときには、この覚悟と意志を持ち合わせて挑みましょう。

 

まとめ

今回の記事では、30代の薬剤師の年収や転職成功のポイントについて記載してきました。30代での転職は、20代以上に長期的にキャリアを考えたうえで行う必要があると言えます。

薬剤師専門の転職サイトを活用することで、キャリアのアドバイスや自分に合った職場の求人紹介など、手厚いサポートを受けることができます。

30代での転職が後悔するものにならないようにするためにも、うまく活用していくことをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:47 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop