営業

【40代薬剤師】転職のポイント、平均年収、未経験の職場は目指せる?

40代の薬剤師が転職する際には、どのようなことに注意するべきなのでしょうか。

今回は40代薬剤師の職種ごとの年収相場や転職成功のポイント、未経験の職場に転職するときの注意点に関して詳しく見てみましょう。

40代薬剤師の職場ごとの平均的な年収

病院薬剤師の場合

比較的平均年齢が若い病院という職場においては、40代の病院薬剤師はすでにある程度ベテランの位置付けになるでしょう。年収も上がり、500〜550万円程度が一般的でしょう。

新卒から40代まで勤務し、病院の薬剤部長や副部長などの役職を任されるようになると、600万円程度の年収も望めるでしょう。

 

調剤薬局の場合

40代の調剤薬局薬剤師の年収は、500〜700万円程度でしょう。40代ともなると調剤経験が20年を超える方も多く、薬局を支える管理薬剤師やエリアマネージャーのポシションにつく人も多いです。管理薬剤師手当がついたり、エリアマネージャーやラウンダーなどで何店舗かを管轄する立場になったり、残業をしたりすることによって年収700万円を目指せるような求人もあります。

 

ドラッグストアの場合

40代のドラッグストア薬剤師の年収は、おおよそ550〜800万円程度になります。

年収の幅は勤続年数や経験年数によって上下しますが、だいたいこの範囲に収まると言えます。

店長として店全体の売り上げを管理し、売り上げ目標を達成したりすると、キャリアアップや年収アップもしやすいです。

 

企業に勤める薬剤師の場合

企業薬剤師の年収はその求人ごとに全く異なりますが、その幅は550万円〜1200万円程度でしょう。

また製薬会社のMRとなると800〜1500万円になることもあります。製薬会社の中でも、内資系は年功序列、外資系は実力主義なところがあるので、自分の性格に合わせて会社を選ぶと良いでしょう。

稀に一定期間海外駐在するような求人もあるため、そういった場合は赴任手当等も発生するでしょう。

参考記事:薬剤師の年収相場(勤務先別)と、年収を上げるための3つの方法

 

[ad#a]

 

40代薬剤師が転職を成功するためのポイント

薬剤師専門の転職サイトに登録する

40代薬剤師の転職は、受け入れ先が多く、だからこそ迷うことも多いでしょう。

40代となると経験が豊富であり、即戦力として会社の重要なポジション任される年代になります。そのため、転職時に1番高収入を提示してもらえるのも40代であることが多いです。

今までのキャリアを高く評価してもらえる職場を、転職エージェントのアドバイザーと相談しながら探していくと良いでしょう。

参考記事:薬剤師転職サイトランキングと利用する際の注意点

 

自分の強みを理解する

そもそも40代の転職というのは、医療従事者ならではのものです。

通常の業界では、40代の転職を受け入れている企業はだいぶ限られてきますし、受け入れてるとしても、その業界でかなりの実績を残した方や知識がある方に限られるでしょう。

一方で医療業界では売り手市場が続いてるため、40代の転職も可能です。しかし、自分の強みをしっかりと理解し、転職先でどう生かしていくかを考えなければ、無駄な転職を繰り返してしまうことにもなりかねません。

自分の強みは、転職アドバイザーとの面談によってアドバイザーの方が発見してくれます。無料サービスなので積極的に活用しましょう。

[ad#b]

 

40代薬剤師が未経験の職場に転職するときの注意点

本当に今までの経験を生かせる職場でなくてよいのか考える

40代での転職は、もしかしたら転職するにあたり最も勇気のいる時期になるかもしれません。今まで約20年間の経験をどう生かすか考えつつ、また家計を支えるための収入も確保しなくてはいけません。自分のやりたいこととやるべきことに乖離が起きてしまうこともあるでしょう。

そんなときには、今の自分にしかできないことを優先させるのも一つ方法だと思います。それが場合によっては未経験の職場への転職になるかもしれません。今までの経験を生かせる職場でなくてよいのか、しかし逆に今の自分にしかできないことはなにかなど、いろいろなことを考えて転職するかどうかを決めましょう。

 

選考では今までの経験を生かすように伝える

40代で未経験の職場へ転職することを考えた場合、多くの方が業界未経験というのをコンプレックスに感じてしまうかもしれません。たしかに業界経験者と未経験で、戦力という点でかなり開きがあるのは事実です。

しかし、今まで違った業界にいた人が入ってきた方が、企業としても新たな気づきが見つかるケースも多いのが事実です。

未経験の職場へ転職する際も、ぜひ前職の経験を生かしてこんなことをしていきたいというような志望動機に変えてみてください。コンプレックスを逆手にとったようなポジティブな内容の志望動機を、選考の場でお伝えしましょう。

 

まとめ

今回の記事では、40代薬剤師が転職を成功させるポイントや、年収相場、未経験の職場を目指すときはどうしたら良いのかということを記載してきました。

40代薬剤師の転職は、これまでのキャリアを存分に活かしたキャリアアップ転職をすることがおすすめです。

薬剤師専門の転職エージェントを利用することで、これまでのキャリアを踏まえた求人の紹介や、現状の悩み相談なども親身にしてもらうことができます。

キャリアアップ転職を成功させたい、現状の悩みがあり、客観的な意見をもらいたいという人は、うまく活用していくことをおすすめします。

参考記事:薬剤師転職サイト・求人サイトランキング