テレビ

病院薬剤師に転職する際の注意点、年齢制限、離職率とは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

病院は薬剤師に人気の職種の一つですが、病院に転職する際に薬剤師に年齢制限はあるのでしょうか。また病院薬剤師の離職率はどの程度なのでしょうか。

今回は、調剤薬局やMRなどから病院薬剤師に転職する際の注意点やポイントについても合わせて見ていきましょう。

病院薬剤師の離職率は高い?

ドラッグストアや調剤薬局と比べ、年齢が高い薬剤師の在籍が少ないイメージがあるのが病院です。それでは、病院の離職率はどうなっているのでしょうか。

もちろん離職率は、その病院によって大きく異なっているのが現状です。急性期か慢性期か、当直があるのかないのか、また入院・外来患者の数や在籍薬剤師の数などによっても変わってきます。

しかし一般的には、病院薬剤師の1年間の離職率は平均的に20%程度となるでしょう。つまり同期が5人いた場合、そのうち1人は1年以内に辞めてしまうような計算です。

職場でやりがいを見つけ5年10年と続けられる人もいれば、なんらかの理由によって1年以内に辞めてしまう薬剤師も一定数いるようです。

その離職率は、調剤薬局に比べると比較的高いと言われています。

 

病院薬剤師の転職に年齢制限はある?

それでは病院薬剤師への転職には、年齢制限はあるのでしょうか。

もちろん病院によってその制限はまちまちですが、多くの病院では病院薬剤師経験者でも40歳くらいまでしか採用されないことが多いということは覚えておきましょう。

また、調剤未経験の薬剤師は30歳まで、調剤薬局での経験がある薬剤師は35歳くらいまでと思っておきましょう。

年齢制限の理由としては、病院の定年が60歳と決まっていることや、カルテの読み方やチーム医療での役割など業務内容で覚えることが多いため、記憶力の面から若い人を主に採用したいと考える病院が多いからです。

いずれ病院薬剤師として働きたいと考えている人は、何歳で転職するかをあらかじめ逆算しイメージしておくとよいでしょう。

[ad#a]

 

調剤薬局薬剤師から病院薬剤師への転職を成功させるポイント

調剤薬局での働きぶりを伝える

調剤薬局から病院への転職をする場合、調剤経験があることを積極的にアピールし、今までの職場での働きぶりを伝えると良いでしょう。

病院での勤務が初めてであっても、調剤薬局での調剤経験があるかないかでは、やはり先方への印象は大きく異なってきます。

調剤薬局では何科の処方箋を1日何枚程度対応していたかなど、その仕事ぶりを具体的に伝えることで、病院でも即戦力として働けることをアピールしましょう。

 

病院でやりたいことを伝える

調剤薬局から病院へ転職する場合、その転職理由はスキルアップしたいからという理由によるものがほとんどです。

病院では調剤薬局では決して見ることのできない患者のカルテを見ることができますし、病棟業務においては、入院している患者の症状が良くなり元気に退院していく姿を見れるのは病院のみです。

調剤薬局ではやりたくてもできなかった業務が病院ではできるということを伝え、さらにその中で自分の経験が今後どのように活かされるかを理論的に伝えると、面接官も納得して採用方向で考えてくれるでしょう。

 

製薬会社のMRから病院薬剤師へ転職を成功させるポイント

MRでの働きぶりを伝える

MRの業務は直接病院業務に活かせるということは少ないかもしれません。しかし、その働きぶりをアピールすることは重要です。

特に病院では、最新の医療情報を収集することが大事になってきます。そこで、MR時代にどのように勉強し最新の情報をキャッチアップしていたかは、病院薬剤師として働く上でも大事になってきますし、面接官にとっては良い判断材料になるでしょう。

また病院では医師・看護師などの医療スタッフとコミュニケーションをとるシーンも多くありますが、それにあたり、今までMRとしてどのように周囲の人間と信頼関係を構築していたかなども選考時に見られるポイントとなるでしょう。

 

薬剤師としてやりたいことを伝える

製薬会社のMRから病院の薬剤師への転職となると、業務内容は全く違ったものになってきます。

なぜ転職するのか、薬剤師として何がやりたいのかなどは、少なくとも2.3パターン回答できる準備をしておきましょう。そうでないと「営業が辛くて辞めたのかな」「企業独特の雰囲気に馴染めなかったのかな」というように、後ろ向きな転職なのではないかと勘ぐられてしまいます。

病院薬剤師としてどんなことにチャレンジしていきたいか、前向きな理由をいくつか考えておきましょう。

[ad#b]

 

病院薬剤師への転職活動を成功させるための転職理由・志望動機のポイント

勉強したいことを述べる

病院薬剤師は病棟業務や混注業務、チーム医療の仕事など幅広い業務内容を覚える他に、常に最新の医療情報をキャッチアップしていくことが求められます。そのため勤務意欲や知識習得意欲が高い人でないと、なかなか務まる職種ではないと言えます。

そこで、病院で具体的に学びたい内容を伝えることで、主体的に働き活躍してくれそうというイメージを面接官に与え、内定に一歩近づくことができます。

もちろんその病院でどのような分野・領域が学べるかは、事前に情報収集しておきましょう。

参考記事:薬剤師の志望動機の例文と書き方のポイント。転職のプロが語る!

 

薬剤師転職サイトに登録する

ここまで病院薬剤師への転職について述べてきましたが、そうは言っても、病院は薬剤師の勤務先としてはハードルが高いというのが現状です。病院への転職を考えるときは、必ず薬剤師専門の転職サイトに登録しましょう。

病院の勤務に関しては、当直の有無や頻度、病棟業務をいつから担当させてもらえるかなどが大事になってきますが、そういった情報は求人情報として載ってない場合が多いです。

ハローワークや病院のホームページから分かる情報には限界があるため、薬剤師の転職サイトに登録し、情報収集することが大事になってきます。また転職アドバイザーは、ネットには載っていないような非公開求人の紹介もしてくれます。

自分を担当してくれる転職アドバイザーをうまく活用しながら、転職を有利に進めることを意識しましょう。

参考記事:薬剤師転職サイト・求人サイトランキング

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 14:08 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop