派遣薬剤師は自由がきいて高時給?働き方のメリット&デメリット

0 コメント
twitter
はてな
facebook

薬剤師は、ライフスタイルに合わせて自由に働き方を選べるといった点で非常にフレキシビリティーの高い資格といえます。

とくに出産や子育てを経験する女性にとって薬剤師ほど魅力的な職業は他にないかもしれません。

ひとつは薬剤師が比較的安定した収入が得られやすいという特長にありますが、とくに派遣薬剤師は、勤務時間や仕事量を調節できますので自由度の高い働き方ができます。

自分がどんな風に働きたいか、またどんな薬剤師になりたいかをイメージしてみましょう。

薬剤師としてのあなたの働き方を考えるということは、あなたの人生を思い描くことにもつながる大事なこと。

ここでは、自由自在な働き方ができる派遣薬剤師の可能性について解説していきます。一緒に学んでいきましょう。

派遣薬剤師の時給の相場

派遣薬剤師の時給は、おおよそ2700~4000円が相場です。

その時給幅は薬剤師募集の緊急度によって変わります。

具体的に言うと、都心部では人口が多いこともあり、人員がある程度確保しやすいため時給は2700~3500円程度、逆に地方では人員が確保しにくいため3500~5000円程度となります。

また今まで管理薬剤師経験や店舗立ち上げ経験がある場合、高時給の定時も相談に乗ってくれる確率が高くなります。

仮に時給5000円で正社員と同じ週40時間の勤務をした場合、年収は

5000円/時間×40時間/週×52週/年=10,400,000円/年

となります。

年収が1000万を超える調剤薬剤師はおそらく全国的に見ても1%もいないため、お金を稼ぐには地方での派遣薬剤師はかなり良い環境であると言えます。

時給などの条件の交渉は転職エージェントのプロのアドバイザーに任せ、できるだけ良い条件で働けるように交渉してもらうと良いでしょう。

派遣薬剤師として働くことのメリットとデメリット

自由自在な働き方ができる派遣薬剤師といっても、よいことばかりではありません。

まずは派遣薬剤師として働くことのメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

派遣薬剤師として働くことのメリット

派遣薬剤師として働くことのメリットは、ざっとこんなところでしょうか。

  • 短時間で効率よく稼げる
  • 残業がほとんどない
  • 勤務時間を選べる
  • 休みが取りやすい
  • 勤務地を選べる

短時間で効率よく稼げるというのは、前述した時給の相場からあきらかですね。

また、派遣薬剤師には残業がほとんどないというのはとても大きな魅力でしょう。

さらに、派遣薬剤師が正社員と大きく違うのは、勤務時間、お休みや勤務地を自由に選べるところです。

もちろん、正社員でもドラッグストアのようにシフト制の勤務であれば、勤務する時間帯を多少融通することはできるかもしれませんが、勤務時間を短くすることは難しいです。

一方、派遣薬剤師であれば、勤務時間を自身の都合に合わせてある程度調節することができます。

勤務時間やお休みを調節することで、家族のためや自分の都合に合わせて働けるわけですから、派遣薬剤師はライフワークバランスもばっちりと言えます。

その上、派遣薬剤師であれば、勤務地も選びたいたい放題です。

家の近くや駅近など自分が出勤しやすい条件で職探しもできる上、万が一、家族が転勤になった場合も派遣薬剤師であれば、どこでも働くことができます。

もっと自由に働きたいのであれば、夏の暑い時期は避暑地で派遣薬剤師として働いたり、冬はスキーのできるところを選んだりすることだって可能です。

派遣薬剤師は、自分の都合や家族の生活にも合わせることができ、効率的に稼ぐことができる、何と恵まれた働き方かと思いますが、もちろんいいことばかりではありません。

派遣薬剤師として働くことのデメリット

次に派遣薬剤師として働くことのデメリットについて挙げてみました。

  • キャリアアップが望めない
  • 年収が上がっていかない
  • 勤務地がころころ変わる
  • 対人関係が希薄になりがち

派遣薬剤師として働くことのもっとも大きなデメリットは、キャリアが積めないところでしょう。

またキャリアが積めないということは、年収が上がっていかないということにもつながります。

そのため生涯を通じて得られるトータルの収入を考えた場合、ずっと派遣薬剤師として働くよりも正社員として働く方が、キャリアアップできるため、収入は多いでしょう。

このように、派遣薬剤師がキャリアを積めないということは、たとえ薬剤師としての経験値が上がったとしてもずっと同じ給料で働かなければならないということを意味します。そのことを肝に銘じておきましょう。

派遣薬剤師が一つの職場にいられるのは、最長で3年間です。

そのため、長くても数年おきには職場を転々としなければなりません。

職場の環境や人間関係というものは働く上でも重要なポイントになるでしょう。

けれども、派遣薬剤師の場合は、どんなに気に入った職場でも数年おきには変わらなければいけません。

そのため、仕事を通じて知り合うことのできる同僚や患者さんも含め、対人関係が希薄になってしまうというデメリットもあります。

薬剤師として働く上で、職場の同僚のみならず、患者さんとよい人間関係を築けるというのはひとつのやりがいでもありますので、派遣薬剤師では少し物足りないと感じる方もいるでしょう。

派遣薬剤師の働き方:タイプ別に分類!あなたはどのタイプ?

派遣薬剤師として働くことのメリットとデメリットを見ていきました。

それらメリットとデメリットから派遣薬剤師という働き方を選ぶのに向いているひとについて簡潔にまとめてみると、以下のような感じになるでしょう。

  • 短時間で効率的に稼ぎたい
  • キャリアアップも出世もしたくない
  • 対人関係が希薄でもよい
  • 勤務地がころころ変わってもよい
  • どんな環境でもてきぱき働ける

これらがほとんどOKという方は、正社員よりも派遣薬剤師の方が向いているかもしれません。

それでは、次に派遣薬剤師の働き方をイメージしやすくするために、タイプ別に分類してみましたので順に見ていきましょう。

収入重視型:とにかくとことん稼ぎたいというひと!

派遣薬剤師はとことん稼ぐことができます。

正社員の場合、倍の時間を働いたからといって収入が2倍になることはありません。

派遣薬剤師の場合は、まさに2倍働くことで収入を2倍にすることは可能です。

昼間は調剤薬局で夜はドラッグストアというように、いわゆるダブルワークをすることが派遣薬剤師なら可能だからです。

ただし、ダブルワークをする場合、雇用主から許可が必要なときがあります。また、同業種同士のダブルワークを禁じている職場もありますので注意しましょう。

ライフワークバランス重視型:自分の時間を大切にしたいひと!

派遣薬剤師はライフワークバランスを保つには最適な働き方といえます。

とくに子育てや親の介護に時間を要する方には派遣薬剤師はオススメです。

派遣薬剤師であれば勤務シフトを調節することもでき、子どものお迎えなどにもいけますので、家族のための時間を気兼ねなく捻出することができるでしょう。

それだけではありません。派遣薬剤師であれば、自分の趣味に合わせたライフスタイルを築くこともできます。

派遣薬剤師であれば、薬局やドラッグストアさえあればどこでも働けますので、スキーやサーフィンを思いきり楽しみたいひとはゲレンデや海の近くに移住して、そこで働くこともできます。

夏は海の近くに住んで、冬はゲレンデの近くに住むといった季節に応じた自由自在な選択も可能です。

なんだったら、1年のうち10ヵ月だけ集中的に派遣薬剤師で稼いで、残りの2ヵ月は海外でバカンスというような暮らしぶりだってできちゃいます。

好奇心旺盛型:ずっと同じところでなく、いろんな職場で働きたい!

マンネリよりもより多くの経験や刺激がほしいひとにとっては、派遣薬剤師のように数年おきに職場が変わるという働き方はオススメです。

いろいろな職場で様々な経験を積むことは、薬剤師としての経験値を上げることにもなりますので、ひとつの職場で積み上げるキャリアとは異なりますが、薬剤師としての適応能力は確実に身に付きます。

職場によっては、派遣薬剤師から正社員への登用というルートもあるかもしれません。

いきなり正社員になるリスクを避けるために、まずは派遣薬剤師として働いてみることで職場環境や雰囲気をたしかめることもできます。

勝ち組の派遣薬剤師になるために!

以上のように、派遣薬剤師のメリットとデメリットからどんな働き方ができるのかをみてきました。

最後に、勝ち組の派遣薬剤師になるためのいくつか注意点などを見ていきましょう。

派遣薬剤師の注意点

派遣薬剤師を選ぶ際に福利厚生が正社員よりも劣っている、あるいは受けられないのではないと不安に思われる方も多いでしょう。

派遣薬剤師でもしっかり派遣会社の福利厚生が受けられるますので、ご安心ください。

そのため、派遣会社を選ぶ際には福利厚生などの条件などをよく確認しておきましょう。

残業がほとんどないのが派遣薬剤師のメリットであり、勤務時間も調節ができると述べましたが、そのためには契約をきちんとしておく必要があります。

勤務時間や時間帯について、契約時にどんな取り決めをしているかもしっかりと確認しておきましょう。

若いときこそ薬剤師のキャリアを積もう!

薬剤師になるためには6年間も大学に通ってその上、国家試験に合格しなければなりません。

しかしながら、めでたく薬剤師の免許を手に入れたらゴールかというとそうではありません。

薬剤師としてのキャリアをどう築いていくのかがとても大事です。

薬学部に通うために奨学金を受けたひとも多いでしょう。はれて薬剤師になれたのだから奨学金を早く返したいと思うひとも多いと思います。

派遣薬剤師は、例えば、この記事で扱ったように、ダブルワークといった働き方をすることで正社員よりも多く稼ぐことができる可能性があります。

しかしながら、派遣薬剤師のもっとも大きなデメリットとして、キャリアを積むことができないということを必ず忘れないでください。

若いときこそキャリアを積むことは重要です。なぜなら、キャリアを積むチャンスは若いときの方がより多く開かれているからです。

そのため、派遣薬剤師として働くのは、薬剤師としての経験をいろいろと経て、少し年齢が過ぎてからの方がよいかもしれません。

多少年齢を過ぎてからでも派遣薬剤師にはなれます。

でも、正社員薬剤師として働くには若いときの方が有利でしょう。

若いときにしか経験できないことをしっかりと考えて選んだ方がよいと思います。

派遣薬剤師の良い点も悪い点も加味して、将来を考えて

薬剤師として働くということは、働き方や場所によって、収入や仕事内容にも大きな違いがあります。

自分が薬剤師という職業で何にチャレンジしたいのか、どんな人生を歩みたいかをしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月21日 02:50 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop