女性

薬剤師がストレスをためる理由と、その対処法

0 コメント
twitter
はてな
facebook

医療従事者にとって、ストレスはつきものです。では、薬剤師がストレスをためる理由としてはどのようなものがあるでしょうか。調剤薬局、病院、正社員、パートというパターン別に記載していきます。また転職などの対処法も合わせて、書いていきます。

薬剤師がストレスをためる原因

調剤薬局薬剤師の場合

調剤薬局で1番ストレスを貯めやすいのが、人間関係によるものです。

調剤薬局において、薬剤師は常時2,3名体制で対応しているところが多く、かなり狭いコミュニティの中で働いていると言えます。

また、業務がマンネリ化してきてストレスになる方も多くいます。クリニック門前の薬局では処方内容がワンパターンであり、退屈でストレスになることも多いです。

 

病院薬剤師の場合

患者からの要望によってストレスを溜める薬剤師も多いでしょう。

特に入院患者は、入院していること自体にストレスを感じているため、そのストレスを医療従事者にぶつけてくる方もいます。

また、病院薬剤師にとっても、人間関係はストレスの大きな原因となります。

特に病院では年功序列で出世していくため、「能力がないのに威張っている上司」も存在し、ストレスの元となることも多いでしょう。

 

[ad#a]

正社員薬剤師の場合

正社員薬剤師ならではの悩みは、調剤や服薬指導以外の業務も発生してくることでしょう。

医薬品の発注や月末の棚卸、店舗の売り上げ管理や従業員のマネジメント、クレーム対応など、様々な雑務も発生してきます。

これらの業務を楽しめる人は良いかもしれませんが、荷が重く感じる人もいるでしょう。

 

パート薬剤師の場合

一般的に、正社員よりもパート薬剤師が人間関係で悩みやすいです。勤務しているときとそうでないときがあるので、他の薬剤師から影口を言われやすいのです。

また勤務時間が少ないのでどうしても業務を覚えるのが遅く、正社員薬剤師から嫌味を言われることもあります。

さらに、子育ての関係で昼までしか働けないパートに至っては「どんなに忙しくても昼には帰る無責任な人」と捉えられることもあります。

 

[ad#b]

 

薬剤師がストレスをためたときの対処法

相談する

ストレスで悩んだときには、まず管理薬剤師やエリアマネージャー、人事などに相談することが大切です。会社としても社員がストレスを溜めて退職してしまうのは損益になるため、なるべくそうならないような対処をしてくれるはずです。

また、社外の人(家族や友人・恋人など)にも相談し、悩みやストレスに感じていることを打ち明けるとよいでしょう。

 

転職する

それでも悩みが解決しない場合には、転職を考えるのもありでしょう。幸いにも、薬剤師は一昔前ほどではないものの売り手市場であるため、ストレスフリーな職場へ転職することもいいかもしれません。しかし、その際には注意が必要です。

自分の今の年齢、職歴、スキル、転職の市場感などから考えて、本当に今のタイミングで転職するべきかどうかは、第三者の目も必要でしょう。

まずは転職アドバイザーに、転職するべきかどうか含めて相談に乗ってもらうと良いでしょう。もちろん個人情報は保護されるので、現職へ漏洩することもありません。お気軽に相談してみましょう。

参考記事:薬剤師転職サイト・求人サイトランキング

 

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 14:36 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop