非公開求人とは。企業側の意図と応募側のメリット・デメリット

0 コメント
twitter
はてな
facebook

現在働いている職場から別の職場に転職をしたいと思うならば、まず転職情報を調べることになりますよね。

そんな時に活躍してくれるのが、転職サイトです。このサイトには色んな転職に関する情報が掲載されていますが、たまに見かけるのが「非公開求人」なんですよね。

どうして求人が非公開にされているのかー。ふと疑問に思われたことはありませんか?

一体非公開求人というのは何なのでしょうか。何か目的があって非公開にしているのでしょうか。

非公開求人ってどういう求人のこと?

基本的に転職サイト(人材を紹介するサイトですね)などに載せられている仕事情報の中で、まさに8割の内容が非公開求人になっていると言えるんですよ。

「この比率はあまりにも多い。こんなに非公開にしてしまったら、誰も見られないではないか」と言う人もいるかもしれませんね。

転職サイトですから、サイトに登録をすることで非公開求人の内容を見られるようになります。

つまり、非公開求人というのは転職に登録した人にしか見られない「限定の求人」ということになるんですね。

非公開求人は転職サイトだけに限らず、他にもハローワークでも同じように取り扱いがあります。どちらにしても、その媒体に登録しないと求人情報を見られない…という点では同じですよね。

求人を非公開にするのには理由がある

では、どうして企業は求人を非公開に設定しているのかーこの行動を取る理由を知りたいですよね。

一般的な考え方からしてみてば、「求人情報はどれだけたくさんの人に見てもらえるか」ということではないかと思うのですが…それは違うのでしょうか。

実は企業側からしてみると、求人を非公開にしたい理由は意外とたくさんあるんですよ。

応募者の質をできるかぎり上げるため(数を減らす)

誰でも閲覧することができるハローワークや転職サイトに掲載するということは、分け隔てなく色んな求職者が応募してくるということでもあります。

そのような場合、大手などの人気がある企業であればかなりの人数が求人に応募してくることになるんですね(100通なんてざらだという企業もあります)。

こうなると面接をして実際に採用するために、多大な労力と時間を費やすことになるでしょう。

あらかじめそのような事にならないように、応募してくる求職者の質を上げるために企業があらかじめ、人材をふるいにかけることがあるんです。

得に転職エージェントなどの人材を紹介するサイトなら、あらかじめ人選をしておいてもらえますからね。非公開求人にすることで、そのシステムを利用する大手企業は多いんですよ。

さらに、専門のスキルなどを企業が求めている場合にも同じことが言えるでしょう。

極秘のプロジェクトを立ち上げたいから

新規のプロジェクトなどを1から立ち上げる場合には、たくさんの人材が必要になりますよね。

それが極秘の場合なら特に、求人情報を出しただけでその内容が他の企業にも知られてしまうことになるんです。

実際に事業を始めるまでは隠しておきたいものですから、そのために非公開求人を利用する企業は多いでしょう。

欠員が多いことで募集自体に多くの時間をかけられないため

いきなり何人もの社員がまとめて辞めてしまったりすると、企業からしてみれば仕事が正常に回らなくなってたちまち困ることになります。

そんな時には、ゆっくりと次の人材を時間をかけて選んでいる必要なんてないでしょう。

ですからこんな時には、誰もが見られる転職サイトなどではなく、求人や人材紹介を斡旋している転職エージェントに頼んだりすることが多いんですよ。

競合している他の企業に求人情報を知られたくないから

誰でも見られる転職サイトに求人情報を載せれば、やはり誰でも制限なく見ることができるようになります。

企業の求人内容を見ることで、その企業の在り方や貫いているスタイルなどにおいても、細かくイメージがしやすくなるといえるでしょう。

詳しい企業の求人内容を競合他社に見られないために、非公開求人にしているというわけですね。

転職する人にとっても非公開求人はメリットが多い

非公開求人は、企業からするとメリットがたくさんあることが分かりましたね。それでは、転職をする側からしてみるとどうなのでしょうか。

やはり、非公開求人を利用することによるメリットは大きいと言えるんです。具体的にどのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

管理職などの求人に出会える

いきなり管理職になれる求人など、転職する側からすると喉から手が出るほどほしい求人ではないでしょうか。

非公開求人ならば、そのように自分が求めている条件にマッチした特別な求人情報が見つかりやすいというメリットがあります。

日頃お目にかかれない大手企業の求人に出会える

上の項目でも挙げたように、人気があったり大手だったりする企業の場合はそのほとんどが非公開求人になっています。

やはり大手企業ということで、年収が他の一般的な求人に比べても格段に高かったり、働く上での待遇がかなり良いことも多いんですよね。

企業から定められた人しか見れない求人情報が見られる

非公開求人にするということは、企業が求めている求人対象に入ることができないとその求人内容を見られないということでもあります。

つまり、その求人内容を見ることができたという時点でその人は転職へと繋がる第一関門を突破することができたわけですよね。

それだけでもやはり嬉しいことですし、「よし、やるぞ!」という気持ちになれるのではないでしょうか。

あえてデメリットも挙げてみよう

これまで非公開求人に関するメリットをたくさん挙げてきましたが、逆にデメリットは全くないと言えるのでしょうか。

実は、非公開求人だからこそのデメリットも確かに存在するのです。

リストラを計画している企業からの求人かもしれない

もともと企業側が社員の中からリストラをしようとしていて、その代わりの新しい人材を探している場合もあるのです。

その場合、リストラをされる側の現社員が求人情報を知ることがないように、非公開求人にしていると考えられます。

そうすると、この求人に受かって内定できたとしても、会社内で人間関係のトラブルに巻き込まれてしまう可能性も出てきてしまいますよね。

あまり評判が良くない企業が、名前を隠して求人を出していることがある

あまり無いパターンではありますが、あまり世間からあまり良いイメージを持たれていない企業が名前を隠して求人を出していることもあるようです。

「非公開求人だから絶対得」と思い込んでしまうのは危険だといえるでしょう。

このあたりも、転職エージェントに登録することでアドバイザーの人から詳しく説明を受けることができますし、転職が成功するために最大限の手助けをしてくれることでしょう。

高い職務経験やスキルを求められる場合が多い

上2つの項目のように非公開求人を出している企業には問題はないとしても、そもそも非公開として求人を出している時点で何かしらの条件が付いていることがほとんどです。

中でも専門職や管理職などはスキルがあることが前提とされるので、そのあたりはしっかりと覚悟をして臨む必要があるでしょう。

採用人数が少ないから、すぐに締め切りになることが多い

非公開求人の場合、求人内容が厳選されていることもあり採用人数が少なく設定されていることが多いです。

だから、まさに条件が良い求人情報とは一期一会だとも言えるんですね。非公開求人との出会いは決断力とタイミングが物を言う、ということも覚えておくといいでしょう。

転職サイトと転職エージェントの違いを知り、自分に合った転職活動をしよう

これまで「転職サイト」と「転職エージェント」の2つが出てきましたが、実はこの2つには大きな違いがあるんですよ。

まず転職サイトの場合には、最初に登録をすれば非公開求人を見ることはできます。基本的に自分で考えて色々な情報を集めていくことになる、と考えておきましょう。

それに比べて転職エージェントの場合には、登録すると1人1人に担当の人が付いてくれるんです。要するに、転職が成功するまでのサポートをしっかりとしてくれるというわけですね。

自分だけで好きなように進めていくのがいいか、担当の人から手厚いサポートを受けるのがいいか。それは自分で決めていけばいいでしょう。

ただし、非公開求人数をとにかく集めたいという場合には、どちらも登録しておくということもできるかもしれません。

1つでも多くの非公開求人の情報を得ることで、自分がこれから転職するための選択肢が増えていきますからね。

ハローワークや転職サイトなどに掲載されている求人内容は、その8割もが非公開…つまり見えないように設定されている求人なのです。

これは企業からしてみても、メリットがたくさんあることが分かりましたね。

求人を見る側からのメリットとデメリットも理解しつつ、非公開求人の制度をしっかりと利用して転職に役立てていきましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 09:01 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop